たまちゃんの食事風景(生後9ヵ月)

生後9ヵ月のたまちゃんがニコッと笑うと、上下2本ずつ歯が見えて可愛らしい。と思っていたら、先日5本目の歯が生え始めているのを発見してびっくり。次女は長女に比べて随分歯が生えるのが早い。
 さて、5本の歯を持つたまちゃん。食欲も旺盛になり、ちょっと目を離すとお姉ちゃんの食べ物を奪い取りに行く。食べ物に対する意欲が凄いので、時には信じられないパワーを出すたまちゃん。取り押さえるのは大変だ。
 たまちゃんは一人だけテーブルつきの子供椅子に座らせて食事をさせているのだが、自分のテーブルにはない皆の食卓のおかずが気になるらしく、しばしば椅子の上に立ち上がって脱走しようとする。一度は落ちそうになってヒヤリとした。たまちゃんはその気になれば、多少痛い目にあっても気にせず子供椅子から脱走するので、なかなか落ち着いて皆で食事をするのは難しい。 
 最近はスプーンや箸に興味を示し、手を伸ばしてつかみ取ろうとするので、食べさせるこちらは一苦労だ。試しに持たせてみたら、見よう見真似である程度使い方は分かるらしい。しかしまだ全然上手に使えないので、たまちゃんの椅子やテーブルは毎回食事の度に米粒やおかずの残骸で無残なことになる。
 しかしまあ、長女も同様に散らかしながら食べ方を学んだのだし、上手に食べられるようになるまで、一時的に食事の後片付けが大変になるのは仕方がない。練習しないと、上達しないものね。ということで割り切って、最近はたまちゃんに手づかみ食べをさせたり、スプーンを持たせたり、コップから水を飲ませたり、いろいろやっている。
 もちろん、後片付けはとっても大変!そしてたまちゃんは、とっても楽しそうだ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

トマトを育てる(2歳7ヵ月)

 おばあちゃん家には畑があるので、訪問したとき畑の野菜を収穫したり、外で遊ばせてもらっているたまさん。集合住宅に住むたまさんにとっては貴重な体験だ。
 この日はたくさんの野菜に加えて植木鉢をもらった。見ると、緑のトマトがひとつ生っている。たまさんはミニトマトが大好きなので、それを知っているおばあちゃんがたまさんに持たせてくれたのだ。
 ベランダに置いた植木鉢のトマトに水をかけるのはたまさんの役目だ。雨の日を除いて毎日、たまさんは欠かさず水をかける。お気に入りの赤いゾウさんのじょうろを持って、大真面目な顔をして植木鉢に水をかけるたまさん。ちゃんと育つといいね。
 緑のミニトマトは既に大きいが、一向に色づく気配はない。それとは別に葉や茎はどんどん背を伸ばし、もらったときは30センチにも満たなかったものが、今では2倍以上の背丈になった。はてさて、それでもトマトの実は緑のまま。
 そうして一ヶ月も経った頃、突然トマトの実が赤くなり始めた。おお~。たまさんをベランダに呼んで一緒に観察。「トマト赤いね」、「あかいね~」と喜び合う母娘。その二日後、パパとママが見守る中でたまさんに収穫してもらった。プチン、と採れたミニトマトにパパママ拍手。ちょっとはにかむたまさん。嬉しそうにトマトを見つめる。しばらく眺めた後一口食べて、ママにどうぞと一口食べさせてくれた。いつもはあっという間に食べてしまうのに、一ヶ月かけて自分で育てたミニトマトは特別なのか、ちょっとずつ時間をかけて食べるたまさん。甘酸っぱくて美味しいね。
 おばあちゃん、貴重な体験をありがとうございました。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

ミックス♪ミックス♪(2歳6ヵ月)

 最近お料理に目覚めたたまさん。以前からタマネギの皮をむいてもらったり、ゆで卵の殻をむいてもらったりと簡単な作業はやってもらっていたが、最近は何でも混ぜるのが大好きだ。
 例えば卵焼きやホットケーキ。ボールに卵や牛乳、小麦粉などを入れて泡立て器を渡すと、嬉々として混ぜ始めるたまさん。「ミックス♪ミックス♪」とか「ま~ぜまぜ♪」などと言いながらノリノリで手を動かす。フライパンで焼き始めると出来上がるのが待ちきれない様子で抱っこをねだり、ママに抱っこされて焼き加減を確認しようとする。たまさんはちょっと甘めの卵焼きが大好きだ。

 そんなたまさんに手伝ってもらいながら、今日はロールキャベツを作ってみた。ハンバーグの材料をボールに入れて、たまさんに手で混ぜてもらおうとしたのだが、ミンチがヌルヌルするのが苦手なのか、一度突っ込んだ手をすぐに引っ込め、手を拭きたがったために一旦中断。仕方がないのでしゃもじを渡してみたら、やっと混ぜてくれた。今度は嬉しそうだ。「ハンバーグ!キャベツ!」と確認しながら作業を進めるたまさん。卵を追加したがるたまさんを何とか押しとどめ、今度はキャベツで具材を包む難作業に挑む。たまさん、巻き巻きできるかな?最初にたまさんが巻いて、たまさんママがそれを整えて鍋に移す。達成感にたまさんの顔が輝く。おお、すごいね~。上手だね。たまさん、得意げだ。
 出来上がったロールキャベツを2つも食べたたまさん。やっぱり自分で作った料理の味は格別なのかな?


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

たまさんのお食事タイム(2歳1ヵ月)

 以前から箸に興味があるたまさん。パパとママの席に準備してある箸を手に取り、遊び出すので困っている。これを使ってごはんを食べるということは分かっているから、お皿の上のものを引っ掻き回したり、突き刺したり、ママがキッチンとテーブルを行き来する間に悪戯三昧だ。
 しかしそろそろ、たまさんに箸の持ち方を練習させた方がいいのかもしれない。箸をコップの中に挿し、ストローのように牛乳を吸い出そうと頑張っているたまさん。何やってるの。ぼちぼち、たまさんがその気になったときに練習させてみますか。
 たまさんは刺身用の醤油小皿を気に入っていて、キッチンの食器棚からせっせと居間のテーブルに運んできて遊ぶことがある。一度に二枚ずつしか運べないたまさん。何往復もして8皿全部持ってくる。テーブルの上に小皿を一列に綺麗に並べ、別のプレートに入れてあったクッキーやマルボロを一個ずつ小皿に分けて入れていく。鼻歌交じりにその作業を続けるたまさんは実に楽しそうだが、それを眺めながらたまさんママは内心、その小皿を全部洗う手間を思って溜息をついている。他にもしじみ汁を作った際、しじみの貝殻を一枚ずつ並べるたまさん。何でも並べるのが好きみたいだ。
 そして今度たまさんが気に入ったのはトング。たまさんママがサラダを皿に取り分けているのを見て興味津々でトングに手を伸ばすたまさん。最初は大丈夫かな、散らかさないかなと思ったが、持たせてみると、一生懸命サラダをトングで挟んで取ろうと頑張っている。しばらくすると立派にトングの使い方をマスターしたたまさん。上手、上手。この調子で少しずつ食事の仕方を覚えて行こうね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

芋掘り(2歳0ヵ月)

 11月中旬、芋掘りのイベントに誘ってもらった。たまさんママは妊娠9ヵ月で無理が出来ないので、たまさんとパパだけの参加となった。芋掘りなんて初めてだね。たまさんは楽しんでくれるかな?
 帰宅したパパにたまさんの様子を聞いてみたら、大体泥遊びになってしまったらしい。途中で長靴を放り投げて靴下で駆け回り始めたそうで、ズボンと靴下が泥だらけになっていた。大きくて立派なサツマイモがたくさん!何やらご機嫌で喋り続けるたまさんの様子を見て、きっと楽しかったのだろうなあと想像する。たまさんは「こんなことがあった、あんなことがあった」とママに報告しているつもりなのかもしれないが、残念ながらさっぱり何を言っているのか分からない。
 半日たまさんと一緒にいて、パパは2歳児と一緒に過ごす大変さがよく解かったらしい。たまさんの面倒を見るのに精一杯で、「他には何にも出来ないね」と言っていた。駆け回るたまさんを追いかけたり、抱っこをねだられて抱き上げたりしているうちにあっという間に時間が過ぎてしまったそうだ。やっぱり赤ちゃんから育って自由に動き回り始めたら、外出先では少しも目が離せないよね。
 サツマイモは洗って、たまさんパパがスイートポテトと大学芋を作ってくれた。ニコニコしながらスイートポテトを頬張るたまさん。「ほらこれ、たまさんが掘ったイモだよ、イモ!」と教えると、食べながら「イモ!」と答えるたまさん。美味しいものはすぐに名前を覚えるね。
 さて、夕食はたまさんママの作ったハンバーグだ。今日はたまさんの好きな物ばかりだったね。日中いっぱい活動してお疲れのたまさん、この日は早めにぐっすり就寝。今日も楽しかったね!


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

バナナジュース(1歳11ヵ月)

 「バナナジュース」。
 たまさんは一日に1回は必ずこの言葉を口にする。バナナ大好きたまさん。だから大抵うちにはバナナが常備してあるのだが、この日はバナナを切らしてしまっていた。
 「バナナジュース」。お昼頃この言葉がたまさんの口から飛び出して、「あ、しまった」と思ったたまさんママ。雨だし、これからバナナを買いに行くのも大変だなあ。そう思ってこの日は他のおやつで誤魔化した。
 翌日、やはり「バナナジュース」と呟くたまさん。キッチンからミキサーのケースを持ち出し、ママのところに持ってくる。う~ん。今日も雨だし、パパに頼むのも忘れちゃったなあ。困った。そして、この日も何とか別のお菓子で誤魔化した。
 3日目。「バナナジュース」と呟くたまさん。この発音、ママ以外には分かりにくく、パパなどよく聞き取れないらしいのだが、ママは敏感に察知する。思わずビクッとするたまさんママ。振り返ると、小型ミキサーをキッチンから居間に持ち出して、自分でコンセントを入れようとするたまさんの姿が。待て待て待て!
 ついに根負けしたたまさんママ。遠くのスーパーまでは行けないので、たまさんを連れて一番近いコンビニへ。確かここにはバナナを売っていたはず……あった!嬉々としてレジへバナナを運ぶたまさん。そんなに好きか、バナナジュースが。
 しかし、毎日毎日バナナジュースって……。きっと自分で皮を剥いてミキサーに入れたりする、その過程が楽しいのだろうけど。
 さて、自分で作ったできたてのバナナジュース。たまさんは必ず、2杯は飲まないと満足しません。

↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

皮をむいてみる?(1歳9ヵ月)

 たまさんママは最近、あることに気づいた。みかんやりんごなど、綺麗に剥いて食べやすい大きさに切ってお皿に並べた物より、たまさんの見ている前で一緒に剥いたり切ったりした物の方が、たまさんがよく食べるということに。
 例えばみかん。キッチンで剥いたものを持ってくると、あまり興味を持たない様子だったのに、テーブルの上にドンと丸ごとのみかんを置き、剥き始めると、ママから横取りをして自分で剥き始める。鮮やかな実が現れると、嬉々としてパクパク食べるたまさん。驚くほどよく食べる。
 りんごも、綺麗にスライスしたものを持ってきても「何だこれ?」という薄いリアクションだが、目の前でくるくる皮を剥いてあげると面白がって大喜び。サクッと切ってあげるとまた大喜び。たまさん、君がそんなにりんごを食べるなんて意外だよ。
 先日はゆで卵の殻をたまさんに剥かせてみた。ほんの少し手伝ってあげて、できるところは全部たまさんにやってもらう。つるりと綺麗に剥けたゆで卵をひとつ、ほとんど全部食べてしまったたまさん。たまさんママもびっくりだ。
 バナナジュースも、たまさんに手伝ってもらって作る。バナナの皮を剥いて、ミキサーに入れるのはたまさんの役目だ。牛乳を見て「にゅうにゅう!」と瞳を輝かせるたまさん。ミキサーのスイッチを入れると足をバタバタ踏み鳴らして待てない様子。そして、バナナジュースを手に「おいしい!」とご満悦。自分で作った実感が更に美味しく感じさせるのかな?
 食べるまでの過程も重要なのだと実感したたまさんママ。畑や果樹園で実っているところを収穫できたら、きっともっと大喜びで食べてくれるんだろうな。食べ物に対する興味を上手に引き出してあげる機会を作ってあげたいものだ。
  

↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示