チューリップ(長女5歳)

春休み中、長女たまさんは幼稚園からチューリップの鉢植えを持ち帰っていた。
暖かな陽射しを浴びてチューリップはぐんぐん背を伸ばし、蕾をつけ、その蕾が色づき始めた。それを見て、「2、3日中には咲きそうだね、たまさん。もうすぐだよ」とママが知らせたのだが……。
その日、洗濯物を干して振り返ると、なにやらたまさんのチューリップがおかしな様子で開いているではないか。まるで、無理やり手で蕾をこじ開けたような……。たまさん、たまさん!

――まさか、手で無理やり蕾を開いた?
事実、そうでした。そんなことをしたら、花が痛んで、咲かなくなっちゃうよ?びっくりしたママは思わず強い口調になってしまいましたが、本人には悪いことをした自覚もない様子。そっかあ。中身を見たくなっちゃったのかな。それにしても、残念なことをしちゃったね。ごめんなさい、とたまさん。悪いことだと自覚してくれたかしら。
翌日、翌々日、ちょっと不格好ながらも、何とか頑張ってたまさんのチューリップは咲いていました。
スポンサーサイト
ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示