『モチモチの木』

第87回は『モチモチの木 (創作絵本6)』(斎藤隆介・作、滝平二郎・絵、岩崎書店)。



豆太は峠の漁師小屋に祖父と二人暮らし。怖がりの豆太はもう5歳にもなるのに、夜中に一人でおしっこにも行けない。小屋のすぐ前に立っているモチモチの木が夜中はお化けみたいに見えて、怖くてたまらないからだ。そんなある日、祖父が夜中に倒れた。お医者様を呼ばなくっちゃ!豆太はふもとの村へ、お医者様を呼びに一人で駆けだした。

切り絵が何とも印象的で、素敵な絵本です。切り絵ですが、豆太の微妙な気持ちが表情からちゃんと伝わってきます。大きなモチモチの木の伸び茂った枝が、これは夜中に見たら不気味で怖いだろうなあと納得させられる迫力です。
本当の勇気とは何か、考えさせられる絵本です。読むと、優しさがじんわり伝わってきます。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示