思う壺

長女は小学校1年生。まだちょうちょ結びができなかったのだが、叔母からひも付きの靴をプレゼントされた。
「これを学校に履いて行く」と長女が言ったのを聞いて、「でもまだ、ちょうちょ結びできないよね?」と声が出かけたママだが、不意に思い直して「どうぞ」とだけ答えた。靴には横にチャックがついているので、ひもを解かなくても一応履ける。ただ、ひもが解けたときは結び直さなくてはならないが……。

「靴ひもが解けちゃったよ~!」
案の定、数週間後に大騒ぎをして長女が学校から帰ってきた。解けたひもをどうにかしようと頑張ったらしいのだが、どうにもできなくてほどけたまま帰宅。
「ちょうちょ結び教えて!」
凄い集中力でママの手先を見つめ、どうにかこうにかちょうちょ結びをマスター。その間、たったの10分。
半年前にママが教えようと努力した際は、面倒がって全然覚えてくれなかったのに、要は本人のやる気次第なんだね。
今回のことに関しては、ママの思う壺(笑)。
ひも付きの靴をプレゼントしてくれたおばちゃんに感謝だね!

スポンサーサイト

芋づる式に

前回、長女(7才)がちょうちょ結びをできるようになった記事を書いたので、今回はその続きです。

長女が帰宅後、その足元を見た次女(5才)が、「もしかして、ちょうちょ結びできないの、私だけなの!?」と騒ぎ出しました。え~っと、そうねえ…。負けず嫌いの次女の気持ちを慮ってママが言いよどんでいると、次女がリビングに駆けこんで叫んだ。
「あれ取って!あれ!」
ああ、あれね。「あれ」とは、ママが半年前にちょうちょ結びの練習用に作ったもの。ダンボールに色違いの太いひもをいくつか通したものだ。次女にそれを手渡すと、「こうしてどうするの?」「分からない、教えて!」などと言いながら、これまたあっという間に覚えてしまった。その間、10分ほどだろうか。長女の時と同じで、ものすごい集中力だった。
こうして、長女がちょうちょ結びを覚えた数日後、次女も芋づる式にちょうちょ結びを覚えました。
負けず嫌い、あっぱれ!

ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示