バルーンアートショー

幼稚園のイベントでバルーンアートショーがあった。様々な色の風船を膨らませて組合わせ、キリンや犬を作ったり、アニメのキャラクターを作ったりするもので、もちろん園児達は大喜びだ。
お帰りの時間になって、それぞれ園児たちは貰った風船を手にご機嫌で帰宅……というわけにはいかなかった。
あちこちでバン!バーン!という破裂音が響き、それに続いて園児たちの「わ~ん!!」「あ~~!!」という絶叫が響き渡る。例によってうちの次女も組み合わせた風船の一つが割れ、大ショック!息を吸い込んで泣こうとした途端、隣りの男の子の風船の一番大きなパーツが割れ、「ああーー!!(絶叫)」と男の子。
次女はその子の大声にびっくりしてピタリと涙が止まった。男の子は「もう一度貰ってくる!」と言って幼稚園に逆戻り。それをその子のお母さんが走って追う。でも貰えるかなあ?
「ママが風船を買って、作ってあげるから、帰ろう、ね?」
我に返って再び泣きそうになっている次女を促し、何とか帰途についた。
帰宅後、100均で風船を購入し、何とか次女の風船を修復したママ。ふう…。元通りになった風船を手にご機嫌の次女だった。
きっと今日は、たくさんのママ達が同じ苦労をしたんだろうな。


スポンサーサイト

スッキリするんだよ(1年生)

 長女は小学校1年生。次女は幼稚園児。姉妹でケンカになると、お姉ちゃんが次女に譲ることが多い。
「お姉ちゃんはいつも優しいね~」とパパ。するとそれに対して長女がこんなことを言った。
「私、学校でもみんなに優しくしてるよ。妹にだけじゃないよ」
「そうなの?」
「優しくすると、気持ちがスッキリするんだよ」
――へええ。いいこと言うなあ。
「じゃあ意地悪すると?」
「全然スッキリしないよ」
なるほど。
先生や親に言われたから人に優しくするのではなく、人に優しくすると気持ちがいいから、優しくする。長女が言っているのはそういうことだ。
なんだか、親の私が目を開かれた気分だ。


ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示