絵がいっぱい(次女3歳)

次女はお絵描きが大好き。そんな次女に付き合って、ママも隣りで絵を描くことがある。太い眉の雪だるまを描いたら、「もっと可愛いのがいい」と次女。雪だるま君の横に、可愛いリボンを付けた女の子雪だるまちゃんを描く。「そうそう!」と嬉しそうな次女。絵を見て、「2人は結婚しているんだね」と言うので、それならと女の子雪だるまの手にお花を一輪持たせた。「あ、お花だー」「結婚してくださいって申し込んだんだよ」と、どんどん描きながら話が広がっていく。

最近の次女はパパやママの絵を、細部にまで気を配って描くようになった。顔に胴体や手足はもちろんあるし、洋服をカラフルに色付けしたり、パパにメガネをかけたり、ママの髪を「これくらいの長さかな?」と言いながら黒く塗ったり……。背景に山を緑で描いたり、お花やハートを描いたり……。
そんな絵の数々がどんどん増えて、部屋の壁にぐるっと貼ってある。10~20枚くらいだろうか。貼る場所がなくなってきたので時々貼り換えたりするのだが、それでも追いつけないほどどんどん増える。それを眺めると、日々次女の絵が上達していくのがよく分かる。
もったいなくて捨てられないんだよね。
そのうちまとめて保存しようかな。
スポンサーサイト

学習机×2(姉6歳 妹4歳)

我が家に学習机が2つ届いた。
なぜ2つ?
本当は、小学校入学を控えた長女の分だけ買う予定だったのだが、一つだと姉妹でケンカするに違いないということで、急遽2つ購入に踏み切ったのだ。
大喜びのたま姉妹。
引越し後、子供部屋に絨毯が敷かれ、学習机が2つ届き、暖房器具が追加され、壁には「あいうえお表」や世界地図……。この状況にテンションが上がらない子供はいないだろう。自分達の部屋、自分の机!
早速、机の引き出しに筆記用具やお絵かき帳、友達からもらったお手紙など入れ始める2人。なんだかすごく楽しそうだ。
これからは、自分たちの物は自分たちで管理するようになるんだね。
新年を迎え、我が家の子供部屋がようやく完成しました。


家族で胃腸炎

独身の頃はほとんどかかったことがない胃腸炎。しかし、子供ができてからは毎年のように家族でかかるようになってしまった。
今年も流行しているのは知っていたから、どうかなあと思っていたら、まずパパがもらってきた。次の日の夜中の12時、次女が突然嘔吐。シーツやパジャマが嘔吐の被害を受けて一気に目が覚める。その後午前3時、午前5時、午前7時と嘔吐が続く。

家族で胃腸炎にかかるのも3回目か4回目なので、あまり慌てることがないパパとママ。パパが嘔吐まみれになった次女の服を脱がせてシーツを洗っている間に、ママが着替えを準備して新しいシーツに交換。買っておいた経口補水液(OS-1)を次女に一口飲ませてすぐに寝かせる。少し前に病院から貰って余っていた吐き気止めを使ってみたが、あまり効果は見られなかった。
まだ4歳になったばかりの次女は、洗面器などに上手に嘔吐することができない。洗濯物が山のようにできて困ったので、パパが明け方にコインランドリーへ。その日がパパの休日で助かった。

その日の午後、ついに長女までもが嘔吐。こちらも2、3時間おきに吐くので見ていてつらいが、6歳の長女は上手に吐くことができたので洗濯物は増えなかった。その日の夜は2人とも薬が効いたのか、嘔吐することなく朝を迎える。
今年も胃腸炎の嵐を何とかやり過ごすことができそうです……。
皆さんも、脱水症にはお気をつけて。


ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示