おもちゃを片付ける(長女5歳 次女3歳)

うちには4~5段式のおもちゃ入れボックスがある。当初はこれで足りていたのだが、徐々におもちゃが増え、現在は2つほどおもちゃ入れの箱が追加された。
分類はレゴ、ブロック、おままごと類、その他のおもちゃ、小さいぬいぐるみ、大きいぬいぐるみといったところで、おおまかに分けて収納するようにしている。
ところが、うちの5歳児と3歳児は、「お片づけの時間だよ~」と言うと、乱雑に空いている箱に次々と放り込むものだから、中身が滅茶苦茶に入ったケースが6~7個になる。すると、「あのおもちゃはどこ?」「見つからないよ~」ということが頻繁に起きて、結局、これだけたくさんのもちゃがあるのに、見つけ出せなくて遊べない、使っていないということに……。
だから、月に1回は中身を全部出して分類し直すことになる。今回は、姉妹が自宅にいるときに一緒に片付け直した。すると、しばらく行方不明になって遊んでいなかったおもちゃが続々と発見され、大喜びのたま姉妹。
普段からもっと分類を意識して片付けて欲しいなあ。子供にも分かりやすいように、箱にラベル貼ったり、色つきシールでも貼ってみようかしら。
スポンサーサイト

バスを間違える

娘2人を連れて、病院から交通機関を使って帰ることになった。
予定ではバスで駅まで行き、電車に乗って帰るはずだったのだが……。
乗るバスを間違えてあらぬ方向へ。気付いた時には全然違うところに来ていて、3人で「あれ~!?」
「もう、ママ!間違ったじゃない~!」「ママ~!!」
5歳と3歳の娘に何度も大声で責められることに。ごめんなさい!
運転手さんが心配して、次の乗り換えバスを調べてれた。ありがとうございます。うっかり者でごめんなさい。

結局バス①→バス②→バス③→電車→徒歩1キロということになり、2人の子連れで荷物を抱えて3時間の旅になってしまった。
帰りに「ごめんなさいタコヤキ」を買って娘たちの機嫌を取ったが、本人たちは「面白かったね~」と元気なものだった。バスや電車に乗るのが楽しかったらしい。
「またバス間違ったら、ごめんなさいタコヤキ買ってね!」と長女。
そんなこと期待しないでほしいわあ。

こだわり(次女3歳)

たま姉妹は5歳と3歳。
長女は服にこだわりがなく、ママが準備した服を何も言わずに着てくれる。ところが次女は準備された服を見て、「これ、可愛くない」と首を横に振る。
例えば「フリフリのスカートがいい」「靴下はピンクでハートがついているのがいい」などなど、服へのこだわりがとても強い。自分が納得したコーディネートでないと、嫌がって外出しようとしない。だいたい朝の忙しい時間帯なので困ったものだ。同じ服を着たがって、洗濯して濡れていると泣き出すこともある。
これでも、以前に比べたら随分ましになったのだが……。
次女が「いやだ~!」と言って長女の服を奪って着始めると、「じゃあ私コレでいいや」と次女の服を着る長女。ちょっとサイズが小さ過ぎやしないかい?
対照的な性格の姉妹です。

ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示