幼稚園のこと(たまさん5歳)

幼稚園に通い出したたまさん。親の心配をよそにすぐに慣れ、毎日元気いっぱいだ。
最近のママの楽しみは、幼稚園であった出来事をたまさんが話してくれること。
夜一緒にお布団に入ると、自然と今日の出来事を話し出すたまさん。
「今日は給食を全部食べて、先生に褒められたんだよ」「〇〇ちゃんと一緒にブランコに乗って遊んだよ」「お帰りのときは~♪~♪って歌うんだよ」などなど……。
話したいことを全部喋ると、嘘みたいに素早く寝入ってしまうたまさん。さっきまで話していたと思ったら、もう寝ている。幼稚園に通い出す前は、なかなか眠らずに騒いでいたのが嘘みたいだ。
毎日、楽しそうだね~。
日々運動量も増え、食べる量も驚くほど増えていく。とっても健康的だ。
たまさんの寝顔を眺めながら、嬉しくてニコニコしてしまうママでした。
スポンサーサイト

お姉ちゃんを迎えに(たまちゃん2歳)

姉のたまさんが幼稚園に通い出してから、ママと2人で留守番することになった次女たまちゃん。いつも一緒に遊んでいた姉がいないので、日中は静かなものだ。
「私もお姉ちゃんと一緒に幼稚園に行く!」と言って大騒ぎするのではないかと心配していたが、意外なことにそこはすんなり割り切っている様子。毎朝お姉ちゃんに向かって「いってらっしゃーい!転んじゃうから、気を付けてね~」と元気に手を振っている。
ママは家事があるので、一人遊びが多くなったたまちゃん。それにしても静かだなあ。……ああそうか。姉妹喧嘩の声が聞こえなくなったからだ。仲は良くても、喧嘩は毎日のことだったから。
さて、幼稚園が終わる時間になると、ママは次女を連れて長女を迎えに行く。お姉ちゃんを迎えに行くのが嬉しくて仕方がないたまちゃん。「どこに行くの?」「幼稚園だよ」「えー!本当?姉ちゃんを迎えに行くの?」「そうだよ」というやり取りを、歩きながら3、4回は繰り返すだろうか。何度でも確認したくなるらしい。幼稚園でお姉ちゃんを発見すると「姉ちゃんだ!」とニコニコしている。お姉ちゃんのことが大好きなんだね~。
こうして、長女の幼稚園生活も、次女の一人っ子生活も順調なスタートを切りました。

次女との散歩(たまちゃん2歳)

長女が幼稚園に通い始めて、次女と2人きりの時間が増えた。
いつも娘2人と一緒にいたので、次女だけだと何だか変な気分。次女も、お姉ちゃんがいない生活はおかしな気分だろう。

これまでは次女をベビーカーに乗せて片手で押し、もう一方の手で長女の手を握って出掛けていた。最近は次女だけなので、ベビーカーは使わず、次女と2人で手を繋いで出かけることが増えた。
もうすぐ3歳のたまちゃんだが、1、2キロは歩けることが分かった。花を見かけるとしゃがみこんだり上を見上げたりして立ち止まる。お地蔵さんを見かけると立ち止まって手を合わせて挨拶。落ち葉や木の実を拾ったり、石ころを拾ったり……。なかなか目的地までたどり着かない。……まあ急ぐこともないので、のんびりたまちゃんのペースで歩く。
面白いのが時々立ち止まって膝をつき、「顔が汚れて力が出ない…」と呟くこと。ママが「アンパンマン、新しい顔よ、それ!」とやると、パッと立ち上がり、走り出す。これに付き合ってあげないと彼女は歩きださないので、毎回律儀にやってあげている。

歩いてみると、いろんなものに好奇心いっぱいなのがよく分かる。
今だけの、次女との2人だけの時間を楽しんでいます。
ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示