姉妹の関係に変化(たまさん4歳、たまちゃん2歳)

2歳差の我が家の姉妹。日々喧嘩が絶えない。

思えば次女のたまちゃんが赤ちゃんを卒業して歩き始めた頃、3歳の長女は次女に自分のおもちゃを取られることを嫌がって怒ってばかりいた。妹を叩けば怒られる、おもちゃを渡さなければ妹が泣き叫ぶ。「ほら、妹に譲ってあげて」と言われることが度重なったせいか、いつの間にか長女は何でも妹に譲るようになった。妹におもちゃが欲しいと言われればすぐに譲り、喧嘩で妹が怒るとすぐに謝る。はたで見ていて妹が悪い場合でもお姉ちゃんが「ごめんなさい」と言っているので、これはおかしいと気付いたパパとママ。

「自分が悪くないときは、謝る必要はないんだよ」「なんでも我慢する必要はないんだよ」と長女たまさんに言って聞かせた。
一方、次女たまちゃんはたまちゃんで、日々成長している。何でも「イヤ!ダメ!」と激しい自己主張を繰り返していたものが、言葉の理解も進み、お姉ちゃんの言い分も多少は解るようになってきた。

そして最近は、一方的な喧嘩ではなく、双方が激しく自分の要求を言い合う喧嘩が多発している。お姉ちゃんが自分を抑え込むことなく発言し始めたことに「よしよし、それでいい」とうなずき合うパパとママ。
それでも半分は、妹に譲ってあげる優しいお姉ちゃんです。
スポンサーサイト

インフルエンザ予防接種(たまさん4歳、たまちゃん2歳)

インフルエンザの予防接種を受けに病院へ。たま姉妹は2回目の予防接種だ。2週間前に一回目を受けたので、まだ記憶が新しいらしく、注射だと聞いて大騒ぎをする長女たまさん。「いやだ~!わたし行かないよ~!」と大騒ぎ。何とか病院へ連れて行ったものの、今度は車から降りたがらずに大騒ぎ。これは大変だ……。と思いきや、院内へ入るとキッズコーナーへ飛んで行って遊び始めるたまさん。あれ?もう大丈夫なのかな。
それでも様子を見ていると、他の人の名前が呼ばれるたびにパッと振り返り、ドキドキしている様子。もしかしたら現実逃避して、今は遊ぶことに専念しようとしているのかな。
さて、名前を呼ばれると、やっぱり嫌だとは言ったものの、パパとママの有無を言わさぬ様子に観念したたまさん。注射されるときに「じゅげむじゅげむ、ごこうのすりきれ~」と早口で唱えて頑張った。
帰るときにはケロリとしたもので、「じゅげむじゅげむって言っていたら注射終わったね~」とご機嫌になっていた。

ちなみに2歳のたまちゃんは注射されるまで前回のことを思い出さなかったらしく、連れて行く親の立場としては楽なものでした。

「寿限無」最強!

たまちゃんの寝言(2歳)

次女たまちゃん2歳。長女に比べて随分はっきりとした寝言を言う。
例えば昨日の夜。
「ジャムおじさんはどこ行った~?」(深夜1時)
「眠たいんだよ~」(夜中の3時)
……といった感じ。

前者の寝言には「ジャムおじさん?」と思わず夫婦でリアクションしてしまった。
後者の寝言にも「寝てる時にその寝言は何!?」と笑ってしまう。

赤ちゃんの頃は夜中に何度も起きるのが当たり前だったが、5歳の長女はもう、一度寝たら朝まで起きることはない。次女たまちゃんの寝言も、あと1、2年もしたら聞けなくなるのかな。
ちょっと残念。
ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示