初めての電車(たまさん4歳、たまちゃん2歳)

パパがお休みの日、家族4人で電車に乗ってみることにした。初めて乗るタイプの電車だったので、姉妹二人とも大喜び。「明日は電車に乗るんだ」と前日から興奮気味の二人。
当日切符を買って乗り込むと、窓から外を眺めてワクワクした様子。あれ、こんな日に限ってカメラを忘れちゃったね。残念。

パパに抱っこされて運転手さんを見に行ったり、どんどん流れていく外の眺めを楽しんだり、とても嬉しそうだ。
帰りの電車から降りて、駅を出る前に電車を振り返り、まじまじと電車を見つめるたまさん。やっぱり電車好きなんだね。
そういえば長女も次女も、バスや電車に乗るのが大好きだ。子供って、いろいろな乗り物に乗るのが本当に好きなんだね。

「電車、面白かった~」と満足の2人でした。また機会があったら乗ろうね。
スポンサーサイト

『となりのせきのますだくん』

第90回は『となりのせきの ますだくん (えほんとなかよし)』(武田美穂 作、ポプラ社、1991年)。

となりのせきのますだくん

4歳のたまさんのお気に入りの本です。
学校へ行くと、隣の席の「ますだくん」が意地悪をする。だから学校へ行きたくない女の子のお話です。
女の子に意地悪をする「ますだくん」を怪獣として描く発想が面白いです。意地悪する男の子はまさに怪獣!コミックのような仕上がりなので、本を読むのが苦手なお子さんでも楽しく読めます。

「ますだくんって呼ぶよ!」(たまさん4歳、たまちゃん2歳)

たまさん4歳。たまちゃん2歳。毎日喧嘩しながらも仲良く暮らしている姉妹。
2歳のたまちゃんは困ったもので、お姉ちゃんにイタズラやちょっとした意地悪をするのが大好き。お姉ちゃんが遊んでいるおもちゃを奪い取って、走り回って逃げる。おもちゃが欲しいというより、お姉ちゃんが怒って追いかけてくるのが楽しい様子なのだ。
さて、怒った姉たまさん。「こら!」と言って追い掛け回した後、「もう!返さないとたまちゃんのこと『ますだくん』って呼ぶよ!」と一言。ますだくん……!?
ああ、なるほど。あの絵本(前回紹介)の「ますだくん」だと納得するママ。小学生の女の子の隣の席の男の子。いつも意地悪する「ますだくん」だ。
すると、妹たまちゃん「違うよ!ますだくんじゃなくて、たまちゃん!→姉たまさん「じゃあ、返して」→妹「わかったよ~」と仲直り。おかしなやり取りに笑ってしまう。
仲直りできて良かった。でも、世の中の「ますだくん」がみんな悪者ではないって、言って聞かせよう。
ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示