お姉ちゃんのがいい!(たまちゃん2歳)

最近のたまちゃん(次女)は、何でもお姉ちゃんのものを欲しがる。
お風呂上りに2人のパジャマを準備して置いておくと、パッとお姉ちゃんのパジャマを手に取る次女。明らかにサイズが大きくてぶかぶかなのに、お姉ちゃんの服がいいと言う。あれ~。困ったな。泣き出しそうな勢いなので、仕方なくお姉ちゃんに別のパジャマを出して、次女にお姉ちゃんの服を着せる。ずり下がるズボンを手で押さえながら、ご機嫌な次女。「姉ちゃんの♪」とご満悦だ。

さて、先日お姉ちゃんに新しい長靴を買った。次女にはお姉ちゃんのお下がりがあるから買わなかったのだが、やっぱりお姉ちゃんの長靴を履きたがる次女。ぶかぶかで何度も転ぶが、本当にお気に入りなのだろう。脱ぎたがらない。困ったな~。

お出掛けの際に帽子を2人分出すと、やっぱりお姉ちゃんの帽子を頭にかぶる次女たまちゃん。ぶかぶかで前が見えなくなってるよ!
お姉ちゃんは毎回、「なんでだよ~」とブツブツ言いながら、それでも優しく妹に譲ってくれるのでした。
いつもありがとう。お姉ちゃんも大変だね、たまさん。
スポンサーサイト

赤ちゃんが生まれること(たまさん 4歳)

夜寝ようとして、家族で布団に入ったところ、たまさんがこんなことを言い出した。
「じいじは、ばあばと結婚したの?」
そうだよ、と答えると、「じゃあ、誰が生まれたの?」とたまさん。ママだよ、と答えると「えー!」と驚いたような反応。
「それに、〇〇おじさんと〇〇さんも生まれたんだよ」と言うと、「えー!そんなにたくさん!?」とびっくりした様子。それからしばらく間があって、今度はこう尋ねるたまさん。「じゃあ、パパはママと結婚して……、それから~…」と考えている様子なので、黙って続きを待つママ。すると納得したように「だから、私とたまちゃんが生まれたんだね」とたまさん。おお~。なんだかひとつ理解したんだね。こんなことを言い出したのは、この間お腹が大きい女の人を見たとき、たまさんにいろいろ説明したからかな。
それにしても、自分が4歳の頃はこんなこと、適当にしか理解していなかったというか、考えもしていなかったというか……。次女を産んだとき、2歳のたまさんには全然理解できなかったことを、4歳のたまさんは理解している。
ちょっと感慨深い気持ちになりました。

赤ちゃんが気になる(たまさん 4歳)

最近赤ちゃんが気になるのか、しきりにその話をするたまさん。
「ねえ、なんで私の名前は〇〇なの?」と聞くので、「パパとママが〇〇ちゃんにしようって決めたんだよ」と答えるママ。
すると、「じゃあ、なんで〇〇ちゃん(次女)は〇〇にしたの?」と聞くので、やっぱり同じ返事をする。
今度は何を思ったか、「じゃあ、次の赤ちゃんはなんて名前にするの?」とたまさん。
思わずに呆気にとられて返事ができなかった。もう産む予定はないからなあ……。
「そうだねー。今度はたまさんが大人になって、赤ちゃんを産んだら、自分の好きな名前をつけるといいよ」と答えると、なんだか不思議そうな顔をしていた。
まだ大分先の話だよね。たまさんも赤ちゃんを産むのかな。

それにしても、なんでそんなに赤ちゃんが気になるのか謎だ。
赤ちゃんのお人形は、ずっとずっと、たま姉妹のお気に入りになっている。
ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示