お出掛けが少し楽に(たまさん4歳、たまちゃん2歳)

ちょっと近所へ買い物へ行ったり、子供を病院へ連れて行くとき、たまさんママはベビーカーを押して子供たちを連れて行く。
先日は図書館へ本を返しに行く際、行きは長女たまさんがベビーカーに乗った。押すのはママと、次女たまちゃん。4歳の子がベビーカーに乗って、2歳の子がママと一緒にベビーカーを押しながら歩いているのだから、ちょっと見たら変だろうなと思う。でもたいてい次女はベビーカーに乗りたがらないのだ。

もう下の子が2歳なのだから、ベビーカーなしで歩いて行けばいいという意見もあるだろうが、ベビーカーは荷物も置けるし、子供が疲れて「抱っこ~!」と言い出したときのために、あると何かと便利なのだ。少なくとも子供2人のうち1人が固定されて動かないというのもありがたい(ウロチョロされると危険という意味)。

帰りは2歳の次女がベビーカーに乗って、長女がベビーカーをママと一緒に押してくれた。次女がベビーカーに素直に乗ってくれるとスムーズに帰れる。

思い返してみると、以前は次女を抱っこひもで抱っこして、長女が乗ったベビーカーを押していたのだから、その頃に比べたら少し外出が楽になった。子供が育つとだんだん楽になるのがありがたい。

ふと、子供が3人だったらどうしていたのかなと思う。きっともっとずっと大変だろうなあ。
スポンサーサイト

『とこちゃんはどこ』

第88回は『とこちゃんはどこ(こどものとも絵本)』(松岡享子さく、加古里子え、福音館書店)。



とこちゃんは元気な男の子。おばあちゃんに貰ったお気に入りの赤い帽子を、どこへ行くときも被っています。
とこちゃんは大人がちょっと目を離すと、すぐにとことこ駆け出して、どこかへ行ってしまいます。市場や動物園、海やお祭りで、とことこ一人で駆けだすとこちゃん。さあ、こまった。とこちゃんはどこにいるのでしょう?
大人や子供、仕事中の人、または動物など、たくさん描かれた見開きのページの中から、赤い帽子を被ったとこちゃんを探します。これが結構大変なのですが、たまさんは面白がって探していました。「あ、ここだ!」と見つけると嬉しそうです。
3歳のたまさんは、とこちゃんと同じようにすぐに外出先で一人で走り出してしまうので、「とこちゃんみたいにママから離れて、いなくなったらダメだよ」と言い聞かせながら一緒に読みました(^^)。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
ありがとうございました。

チョコレートケーキちゃん(たまさん4歳)

カラーの小麦粘土で遊んでいたたま姉妹。いつの間にか全部の色を混ぜてしまって、黒一色の粘土になってしまった。
あらら、ちょっと残念だったね。そう思っていたら、その粘土を綺麗にケーキの形にしておままごと用のお皿に載せ、おもちゃ箱の中にあるビーズなどを使って綺麗にデコレーションして、「チョコレートケーキですよ~」とたまさん。家にあるもので工夫していろいろ作るもんだなあと感心してしまう。

「たまさん、上手だね~」と呼びかけたら、「たまさんじゃないよ、チョコレートケーキちゃんって呼んで」と言われて笑ってしまった。
結局、そのおままごとの最中はずっと「チョコレートケーキちゃん」になりきっていた(アニメ「アンパンマン」の影響かなあ)。

そういえば、自宅でワッフルを作っているときは「ワッフルちゃんって呼んで」とたまさんに言われたのを思い出した。
美味しいお菓子を食べたり、美味しいデザートを作って遊んでいるときは、そのお菓子の名前で自分のことを呼んでほしいらしい。
面白いなあ、4歳児。

全部オウム返し(たまちゃん2歳)

次女たまちゃん2歳。姉のたまさんに比べて随分言葉を覚えるのが早い。家族で話していると内容が分かるらしく、「散歩に行くの?」「ごはん食べるの?」と自分から質問してくる。長女が2歳の頃は2単語続けて出てくることが稀だったので、たまちゃんの流暢な言葉に驚きを隠せないパパとママ。

なんでこんなに話すのが早いかな?と気にかけて次女を観察していると、あることに気付いた。たまちゃんはお姉ちゃんが喋ると、隣りで全部オウム返ししているのだ。例えば長女「カレー食べたい!」→次女「カレー食べたい!」。長女「お散歩行きたい!」→次女「行きたい行きたい!」……とこんな具合だ。
すぐ隣りで自分のセリフをいつも繰り返されるので、「真似しないでよ~」と時々長女が笑っている。でも次女にとっては、お姉ちゃんの言葉を繰り返していればお姉ちゃんと同じ要求が通るわけで、いいこと尽くしなのに違いない。
……これは言葉を覚えるのも早いわけだ。
最近、次女のお喋りが面白くて仕方がないパパとママです。


アンパンマンを作ろう(たまさん4歳、たまちゃん2歳)

お料理大好きで、アンパンマンも大好きなたまさん。そんなたまさんに、パパがある約束をしてくれた。
「今度のお休みに一緒にアンパンマンを作ろうね!」
たまさんパパはもともと料理が大好き。そんなパパが、今度はついにパン作りに挑戦だ。

休日、パンをこね始めるたまさんパパ。ジャムおじさんなら「おいしくな~れ。おいしくな~れ」と言うところだね。うちではうどんやラーメンなどもパパが麺から作ることがあるが、子供って、こねる作業が大好きだ。
発酵させる度にパンが大きく膨らむのも面白い。焼き上がったパンに赤と黒のチョコレートペンで顔を描く。アンパンマンの顔って丸いから、初心者でも上手に作れるね~。
大喜びでアンパンマンの顔にかぶりつくたま姉妹でした。
ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示