『ちいさな もみのき』

第85回は『ちいさなもみのき (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)』(マーガレット・ワイズ・ブラウンさく、バーバラ・クーニーえ、かみじょう ゆみこ やく、福音館書店、1993年)。

ちいさなもみのき

クリスマスにちなんだ絵本をご紹介したいと思います。
森の外れに育った小さなもみの木が、クリスマスのお祝いに足の悪い男の子の部屋に運ばれます。
たくさんの飾りつけをされて、クリスマスツリーになったもみの木。冬が終わるとまた森の外れに返され、また翌年のクリスマスも男の子の部屋へ運ばれ、そこで冬を越します。
バーバラ・クーニーの絵が美しく印象的です。森の動物たち、クリスマスツリーの鮮やかさが心に残ります。特に緑と赤の色が対照的で綺麗です。
 クリスマスの心温まる物語です。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
ありがとうございました。

スポンサーサイト

姉の口調そのまま(たまさん4歳 たまちゃん1歳10ヵ月)

 朝、姉より早起きしたたまちゃん。「なんだと~!なんだと~!」と可愛らしい元気な声で繰り返しながらテーブルの周りをぐるぐる回っている。本人はご機嫌でニコニコしているが……。???
 どうやら言葉に意味はないらしい。その後、起きてきた姉たまさんがたまちゃんを追いかける。たまちゃんは追いつめられるとママの後ろに隠れるが、ママ越しに「なんだと~!ん~!」と怒っているたまさんを目撃。なるほど、これか。たまちゃんは、姉の言葉をオウムのように丸暗記していたのだ。意味は後からついてくる。

 そういえばたまちゃんは、「痛いよ~」「ちょうだいよ~」「まってよ~」と、語尾によく「よ」をつけて話すが、それは姉の口調そのままだ。言葉の覚え始めの頃、長女たまさんはママの口調を主に覚え、次女たまちゃんは姉の口調を主に覚えているらしい。一番身近な存在で、年も近く、共感も得やすいのだろう。
 ということは、姉のたまさんに綺麗な言葉遣いを覚えさせれば、妹のたまちゃんも綺麗な言葉遣いになるということか?そんな風に思い至って面白がるたまさんママ。
 しかし、一方のたまさんはどこ吹く風。アニメや外出先からいろんな面白い言葉、悪い言葉もせっせと仕入れてくる。
 まあせめて、ママ自身は言葉遣いに気を付けようと自戒するのでした(笑)。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
ありがとうございました。

クリスマスツリーとリース(たまさん4歳 たまちゃん1歳)

 12月上旬。寒いと子供たちを連れて外出する機会も少なくなる。
 そんな日はおもむろに折り紙やらのりやらを取り出して、工作を始めるママとたま姉妹。クリスマスの時期だから、クリスマスっぽいものを作ろうか。ということで、クリスマスツリーとクリスマスリースを作ることにした。
 使用済みの大きなカレンダーをツリーの形に切って、そこに手でちぎった緑の折り紙をペタペタと貼っていく。たまさんが糊付けしている間にママは黄色い星や赤いリンゴ、人形クッキーや雪などをチョキチョキ作る。ツリーに貼るのはたまさんの役目だ。
 クリスマスリースってどんな感じだったっけ?よく思い出せないのでネットで調べる。ああ、こんな感じか。パパが広告用紙で作った棒があったので(パパはよく怪獣になって、棒を持ったたま姉妹にやっつけられている)、それを利用して輪を作り、折り紙を使ってカラフルに飾ってゆく。
 何か利用できるものはないかとラッピング用の物を詰めた箱を開けたら、去年のクリスマスケーキについてきた飾りが見つかったので、それを使って即席のリースを別に作る。真っ赤なリボンに鈴がついていて、たまさんはこれを偉く気に入って手から離さない。欲しがる妹たまちゃんから逃げ回るたまさん。こらこら、喧嘩しないよ~。
 そんなこんなで、寒い日は自宅でのんびり過ごすのでした。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
ありがとうございました。

お絵描きに熱中(たまさん4歳 たまちゃん1歳)

 お絵描きが大好きなたま姉妹。特にたまさんは熱中するとずっと絵を描いている。
 たまさんは少し前までアンパンマンの絵ばかり描いていたのだが、近頃急にバイキンマンの絵を描き始め、何枚も何枚もバイキンマンばかり描いていた。その後急に描くキャラクターが増え、バタコさん、チーズ、ジャムおじさんと賑やかになっていく。
 先日は読書中のママの顔をじっと見つめ、せっせとママを何枚も描いていたたまさん。耳を描いたり、まつげを描いたり、どんどん絵が上達していくのが分かる。あんまりママの絵ばかり描くから、「今度はパパの絵を描いて」と言ったら、隣にいたパパを見ながら描き出した。何だか目がギョロギョロしていて、歯がイーッとなっていて怖いなあ。何枚描いても、パパの絵はいつも怖い顔だ。なんでかな?多分、怪獣になって子供たちをよく追い掛け回しているからなのだろう(笑)。

 子育てをしていると、子供が急に成長するように感じることが時々ある。たまさんの絵は本当に急に上達した。見ながら描くということができるようになったから、これからはきっといろんなものを描いてくれるだろう。
 お姉ちゃんの隣で1歳のたまちゃんは、次々とクレヨンを手に取って、色取り取りの丸を描いて行く。何だか姉妹でも描き方が全然違うので、これからのたまちゃんの成長も楽しみだ。
 それにしても、子供が描く絵って面白い。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
ありがとうございました。

ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示