何してるの?(2歳7ヵ月)

「何してるの?」
 これは、この頃のたまさんが毎日何十回もママに向かって口にする耳タコの言葉だ。
 食器を洗っていると「ママ、何してるの?」、洗濯物を干していると「ママ、何してるの?」、新聞を読んでいると「ママ、何してるの?」。何してるの?何してるの?……。
 ええい。正直、答えるのが面倒になるときもある。特に何もしていない時に訊かれると返答に窮するたまさんママ。しかし、あるとき気付いた。たまさんが「何してるの?」のセリフに続けて「お皿洗ってる」と呟いたことに。ん?それで気付いたのだが、「何してるの?」に対するママの返答を、たまさんはそのまま次々と丸暗記しているではないか。いつの間にか「洗濯物干してる」「新聞読んでる」という言葉も覚えて、ママがそれをやっていると口に出して言うようになった。
 つまり、たまさんの「何してるの?」は言葉を覚えるための反復練習だったのだ。なるほど。だから毎回同じことを繰り返し尋ねるのか。ならば、これは面倒がらずに律儀に答えねばなるまい。
 こうしてもたまさんとたまさんママの問答は日々続く。「何してるの?」→「絵を描いてるの」、「ごはん作ってるの」、「掃除してるの」。
 たまさんパパにも、たまさんの質問に律儀に答えるように言っておこう。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 
 
  

スポンサーサイト

たまちゃんと歩行器(生後6ヵ月)

 購入するか迷っていたのだが、とうとう妹たまちゃんに歩行器を買った。
 妹たまちゃんは姉たまさんと違って、これまでほとんどおもちゃを買い与えられることがなかった。なぜなら、姉たまさんのおもちゃがたくさんあるからだ。パパとママは現在あるおもちゃを姉妹共有のものだと思っていても、姉たまさんから見ればおもちゃは全部自分のもの。だから妹が勝手に自分のおもちゃで遊んでいると怒ったりする。ということで、今回購入した歩行器は珍しく妹たまちゃん固有のおもちゃと言えるだろう。

 歩行器の前方にいろんな音やメロディが鳴るボタンが並んでいて、乗せると大喜びで手足をバタバタさせる妹たまちゃん。すぐに姉のたまさんもやってきて、妹に負けじと次々とボタンを押していく。妹は偶然押しているが、姉は明らかに意識してボタンを選んでいるのが分かる。妹が乗った歩行器を後ろから勢いよく押したりして、一緒になってエンジョイする姉たまさん。残念ながら体格制限にひっかかるので、姉たまさん自体は歩行器に乗れない。
 こんなに賑やかなおもちゃで遊んだ経験があまりなかった妹たまちゃん。ずっと笑って興奮していたので、すぐに疲れてしまった。妹を降ろして寝かしつけようとしていると、こっそり歩行器に乗ろうとするたまさんを発見。あ、と言ったら、まるでイタズラが見つかったような顔をしてそそくさと逃げて行った。この歩行器は妹の物と理解しているのかな。
 ところが翌日、なぜか猿のぬいぐるみが歩行器に座っていた。……。たまさん、一体何のつもりだい?


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

たまちゃん、離乳食開始(生後5ヵ月)

 牛乳アレルギーが判明している妹たまちゃん。生後5ヵ月になり、ぼちぼち離乳食を始めたたまさんママだが、姉たまさんの時と違ってアレルギーを持つ妹たまちゃんの離乳食には神経質にならざるを得ない。
 牛乳だけ避ければよいというわけではなく、アレルギーが判明しているのが牛乳だけということで、他にも何らかのアレルギーがあるかもしれず、例えば卵や小麦などに対しても慎重になってしまう。

 離乳食を始めて2週間ほどは、スプーンに慣れずうまく飲み込めなかったたまちゃん。少しずつ飲み込めるようになり、3週間後くらいにはスプーンを見てぱくっと食いつくなど、旺盛な食欲を見せ始めた。アレルギーが心配なので、様子を見ながら慎重に一品ずつ食べ物の種類を増やしていく。現在食べさせているのは果汁、野菜スープ、おかゆ、魚くらいだ。乳製品や卵、小麦は与えていない。
 しかし、これからもっと食べさせる食品も増えるだろうし、問題ないなら姉たまさんと同じものを食べさせたい。不必要な食事制限はしたくないので、たまさんママとしては何が駄目で、何が大丈夫なのかはっきりさせたいところ。
 以前かかりつけの小児科で、アレルギーの血液検査について尋ねたことがある。検査で異常値が出ても食べて問題ない場合もあるので、はっきりしないことが多いと聞いた。しかし、たとえ確実性には欠けていても、何らかの目安が欲しいと感じる今日この頃。
 次回、たまちゃんの予防接種の際にでも小児科の先生に相談しようと思う。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

『どうぶつ いろいろ かくれんぼ』

第62回は『どうぶついろいろかくれんぼ (これなあに?かたぬきえほん)』(いしかわこうじ ポプラ社)。

どうぶついろいろかくれんぼ

「かたぬき絵本」です。最初は何の絵か分からないけれど、かたぬきのページをめくると隠れていた動物が次々と現れます。ライオンや鯨、亀などがパッと現れるとたまさんは大喜びでした。その変化が楽しいんでしょうね。
 イラストが分かりやすく、色彩が鮮やかなのも小さな子に分かりやすくて適していると思います。お子さんと一緒に何が出てくるのか楽しみながらページをめくってみましょう。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

「ママ」って呼んだ(生後6ヵ月)

 次女たまちゃん、生後6ヵ月。大泣きしたとき、「ママー!」と呼ぶようになった。
 えっ?もうママって呼ぶの?早くないか。願望による幻聴かもしれないからと、数日疑っていたが、どうやら本当に呼んでいる。お腹がすいた時や眠たい時など度々呼ぶので、これは間違いないと確信した。

 姉のたまさんは言葉が出るのが随分遅くて、しかも「ママ」より「パパ」を先に覚えた(悲)。認めたくないが事実である。思うに妹たまちゃんは姉が傍にいて、ひっきりなしに「ママー!ママー!」と呼んでいるから、それを見て聞いて覚えたのだろう。「ママー!」と呼べばママが来てくれる。たまちゃんにとっては生活する上で一番大事なことかもしれない。たまちゃんは姉を見て何でも学んでいるんだね。よく姉たまさんをじっと見つめて、ニコニコしている妹たまちゃん。
 ということは、姉のたまさんの時は、ママが頻繁に「パパ」を呼んでいたということなのだろう。「ママ」より先に「パパ」を覚えたってことはね。
 前回のことがあったので、今回は絶対先に「ママ」と呼んでもらうぞ、と思っていたたまさんママ。願いがかなって満足です。
 皆さんのお子さんは「パパ」と「ママ」、どちらを先に覚えましたか?


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

「かわいい洋服♪」(2歳8ヵ月)

 ばあばがたまさんを散歩に連れ出してくれることになった。散歩だと分かると白いシャツを着た自分の胸元を引っ張り、着替えると主張するたまさん。その服も十分可愛いと思うのだけれど、別の服がいいの?自分で引出しを開け、あれでもない、これでもないと服を選ぶたまさん。水色の花柄のシャツを取り出し、「こっちかな?」と服の前後を確認、自分で着替えた。
 この頃はお風呂上りに一式服を準備して置いておいても、気に入らないと自分でタンスを開け、自分好みの服を取り出して勝手に来てしまう。着なかった服はまたタンスに適当に入れてしまうので、タンスの中はグチャグチャだ。
 外出着と部屋着の区別ができていて、「散歩」だと言わなくても可愛い服を着ると外出だと気付く様子。もし外出しないと、10分くらいでふて腐れて服を脱ぎ始める。家では楽な格好が好きなのだ。
 今日も玄関に行き、自分で靴を履いたたまさん。水色のシャツを手で触って目で確認。「かわいい洋服♪」とご機嫌だ。しっかり自分の好みを主張するようになったね。
 またひとつ、たまさんの成長を感じました。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

たまちゃんハイハイ開始(生後6ヵ月)

 いつの間にやらお座りができるようになった次女たまちゃん、生後6ヵ月。寝返りは左右楽々できるようになり、うつ伏せの状態で意欲的に前に進もうとする様子が見られるようになった。両手を突っ張り、床からお腹を持ち上げる姿を何度も目撃。その度に「おお!たまちゃんが!」とパパとママが大騒ぎするものだから、姉のたまさんは何だ何だと振り返り、きょとんとしている。
 ちょっと見ていない内に前に進んだように見えることが度重なったので、確認しようとたまちゃんの大好きなおもちゃを目の前に置いてみた。たまちゃんからは1mの距離だ。さて、どうか。すると、パパとママが見ている前で床に肘をつき、足で床を蹴ってズルズル前進するではないか。おお~!ゆっくりと、だが着実に前進するたまさん。とうとうおもちゃを手につかんだ。水害に遭い、うちに避難してきていたじいじとばあばもそれを目撃し、びっくりして大喜びだ。大変な時期だったけれど、孫の成長の瞬間を見てもらえたことは嬉しい。
 ところでたまちゃんは、お座りの状態にしてあげると、自力でハイハイの格好になれない。ハイハイして近くのおもちゃを取りに行きたいのに、どうしたらいいのか分からない。困った!という顔でブーブー文句を言って不満顔だ。そしてついに我慢しきれなくなり、どんどん前のめりに倒れて、ゴンと額を打つ。両手両足をバタバタさせて顔をがばと上げ、赤い鼻をして照れ笑いをするたまちゃん。その顔が可愛くて好きだけど、ちょっと危なっかしいから対策を考えなきゃ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

たまさんの興味の対象(2歳8ヵ月)

 デジカメ大好きたまさん。最近では写真を撮るコツを覚え、いろんなものをパシャパシャ撮りまくっている。
 たまさんが満足するまで使ったデジカメを返してもらい、再生ボタンを押して被写体を確認するたまさんママ。最近たまさんが熱中して覚えている国旗カードのアップ写真が6枚に世界地図の写真が2枚。自分で作ったブロックの写真、自分の足のアップ写真、エルモのぬいぐるみの顔のアップなどなど……。面白かったのは、等身大の姿見に向かってカメラを構えたたまさんの写真だ。鏡にたまさんの姿がそのまま映っている。自分の姿が写るのが余程面白かったのか、同じような写真が6枚もあった。
 こうやって見ていくと、たまさんが何に興味を持っているのかが分かって面白い。パパやママの写真もたくさんあった。
 ただ、残念なのは、たまさんがカメラを意識するようになったので、たまさんの自然な笑顔が撮れなくなってしまったこと。ママにカメラを渡して自分を撮ってと頼むたまさん。ピースをして笑顔を作ったり、上目遣いでこちらを見上げたりするので、自然な笑顔には程遠い。親としてはとっても残念だが、これも成長なのだと諦めるしかない。笑顔は不意打ちで撮るしかなさそうだ。
 さて、たまさんが何十枚も撮った写真の中で一番多かった被写体は何でしょう?
 妹のたまちゃんでした。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

たま姉妹と小児科(姉2歳、妹0歳)

 赤ちゃんは予防接種を頻繁に受けなければならないので、現在、たまちゃんは毎月のように小児科に通っている。生後2~3ヵ月の頃は何が何だか分からない内に終わっていた注射だが、生後6ヵ月にもなると診察室に入って先生の顔を見ただけで泣き出すようになる。
 この日はじいじも一緒に小児科に来ていた。予防接種が終わってわんわん泣いていたところ、じいじがたまちゃんに向かっていないいないばあ!たまちゃんは痛くて泣きたいのとおかしくて笑いたいのとが同時に来たらしく、泣き笑いの表情だ。その後も泣きそうになるたまちゃんを何度もじいじが笑わせていた。いいおじいちゃんだなあと有難く思う。

 また別の日。この日はアレルギー検査のために家族四人で小児科に来ていた。姉のたまさんは病院嫌いなので、名前を呼ばれたのに診察室に行きたくないと泣き出し、大変だった。さっさと診てもらい、すぐに診察室を逃げ出すたまさん。追いかけるたまさんパパ。ところが診察中に妹たまちゃんが泣き出したのを聞いて、すごい勢いで姉たまさんが戻ってきた。診察室の入り口に仁王立ちになり、真剣な目でこちらを見上げるたまさん。どうやら、妹のことが心配で駆け付けたらしい。先生も看護師さんもびっくりだ。
 先生のことが怖いのに、妹思いだなあと感心した出来事でした。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

パパとママの呼び方(2歳8ヵ月)

 ある時、突然たまさんがママを名前で呼んだ。家ではお互いを「パパ」「ママ」と呼び合っているたまさんママとたまさんパパ。じいじやばあばとの会話を聞いてママの名前を覚えたのだろうか。なんだか娘に自分の名前を呼び捨てにされるとくすぐったい気分だ。
 面白いのでパパの名前も教えてみた。ちょっと発音しにくい名前なので、最初はうまく言えなかったたまさん。その舌足らずな話し方も可愛らしい。
「ママはお母さん、〇〇(ママの名前)」。
 ママやパパにいろんな別の呼び方があるのを理解したたまさん。そのことが面白いらしく、「たまさんはお姉ちゃん」「パパは〇〇(名前)、お父さん」と何度も確認するように言っている。ところで、妹のたまちゃんの別名は「赤ちゃん」なんだそうだ。
 この頃は呼び方も多様になり、ママに向かって「〇〇ちゃん」と名前で呼んだり、「ママちゃん」「パパちゃん」なんてものまで登場。こんな風に呼ばれたら思わず吹き出してしまう。
 皆さんのお子さんはパパやママのことをなんて呼びますか?


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

『ややこしや 寿限無 寿限無』

第63回は『ややこしや 寿限無 寿限無』(子ども版声に出して読みたい日本語5 齋藤孝/編 田中靖夫/絵)。
ややこしや寿限無

 テレビで「寿限無寿限無」を聴いて覚え始めたたまさんが喜ぶのではないかと思って選んだ本です。たまさんはもちろん大喜びでしたが、何度も何度も頼まれて読み聞かせしているうちに、たまさんママまで爽快な気分になりました。「寿限無は心を上機嫌にする呪文だ」と齋藤孝さんもあとがきで言っていますが、なるほどと思います。
 「蛙ぴょこぴょこ…」「いろはに こんぺいとう」その他、いろいろな言葉遊びが載っているので、子供と一緒に大きな声を出して読んでみましょう。親も子供と一緒に爽快な気分になれること間違いなしです(^^)。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

たまさん言葉(2歳9ヵ月)

 どんどん言葉を覚え、的確に使いこなせるようになっていくたまさん。先日紹介した『ややこしや 寿限無寿限無』に収録されている尻取りことば「いろはに こんぺいとう こんぺいとうは あまい~」を完璧に覚え、楽しそうに歌う。「寿限無 寿限無」の完成度は半分というところか。会話のやり取りも遥かに上達し、1年前は何をしたいのかママに伝えられなくて頻繁に起こしていた癇癪が随分減った。自分の気持ちを言葉で正しく伝えられるって大事だと本当に思う。
 しかしまだまだ可愛らしい言い間違いはたくさんある。面白いのでパパやママはたまさんのそんな言葉を歓迎している。お気に入りのクリスマスの絵本を「クリクリしてます」と呼んだり、フライパンのことを「フリーパン」と呼んだり、いろいろだ。発音しづらいのか、何度訂正してもそう呼んでしまう。

 子供ならではだと感心したのは、お絵かきをしていて橙色のことをママが「だいだい、オレンジだよ」と言ったら、赤色のクレヨンを手に取ったたまさんが「アップル!」と言ったこと。なるほど橙色がオレンジなら、赤色はアップルだね。子供の発想に驚き、納得した出来事。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

たまちゃんのハイハイとお姉ちゃん(妹生後7ヵ月、姉2歳)

 この1ヶ月で急速に成長した妹たまちゃん、生後7ヵ月。一ヶ月前はハイハイの姿勢でほんのわずかしか前進できなかったのに、今ではぐいぐい進んで、キッチンまでママを追いかけてくる。
 さて、妹たまちゃんのこの変化を、姉たまさんはどう思っているのだろう。これまでは少し離れた場所にいればおもちゃを奪われることはなかったのに、今では思いのままに部屋中を這って回る妹に、姉たまさんは戦々恐々としている。言ってみればこれまでは姉たまさんの天下。部屋中におもちゃを散らかして遊んでも、誰にも取られる心配はなかった。だからたまさんは絵本を開いて、クレヨンとお絵かき帳を出し、ひらがなやカタカナのかるたを絨毯の上にいっぱいに広げて、今度はブロックの入った箱をひっくり返すという風だったのだ。
 では現在は?絵本をそのままにお絵かきしていると、たまちゃんが絵本に手を伸ばしてかじり始める。かるたを散らかしたままにしていると、たまちゃんがやってきてくしゃくしゃに曲げてしまう。「たまちゃん来るよ!」「ダメでしょ!」とは姉たまさんの言葉。妹がおもちゃを目指して前進し始めると、さっと先回りしておもちゃを遠ざけたり、箱に仕舞ったりと大忙しだ。居間にたまさんの大好きな世界地図が貼ってあるのだが、こればかりは移動できない。妹が世界地図に近づいてくると、大騒ぎしてママを呼びに来るたまさん。「たまちゃん、ばいばいきーん!(アニメ「アンパンマン」に出てくるセリフ)して」だそうだ。
 こんな風に日々大変な思いをしているたまさんだが、この頃妹にハイハイで追いかけられてキャアキャア言って喜んだり、自分からおもちゃを妹に「いいよ」と手渡したり、心境にも変化が表れている。これからますます、姉妹の関係が面白くなりそうだ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

バタバタの誕生日

 今年のママの誕生日は日曜日だった。
 前日からたまさんパパがケーキを焼いてくれたり、ラザニアの下準備をしたりしてくれて、楽しみな誕生日。
 ところが夕方、次女たまちゃんの様子がおかしいことにたまさんママが気付く。なんだか元気がないなあ、と思って触ったら熱い!38.5℃の熱だ。土曜の夕方で、既に病院は閉まっている。その日は様子を見ることにして明け方までたまちゃんの看病。熱は39.5℃まで上がり、明け方座薬を使ったらようやく眠ってくれた。夜中汗をかいたまちゃんの体を拭いたり、着替えさせたり、なかなか眠らないたまちゃんの看病でぐったりなたまさんママ。朝、たまちゃんの熱が下がったのでやっと安心して眠れた。
 ところが昼過ぎになるとまたしても高熱を出したたまちゃん。日曜日だが心配だからと救急医療センターへ連れて行った。熱は高いが、今のところ心配するような症状は出ていないということで、今晩も座薬を使って様子を見るように言われた。ひとまず不安は薄らいだが、翌日も熱が下がらないようならかかりつけ医へ行くようにとのことだった。
 心配で、自分の誕生日どころではない。でもせっかくパパが料理とケーキを作ってくれたから、お祝いして食べよう。ろうそくに火をつけ、長女たまさんがハッピーバースデイの歌をママに歌ってくれる。ママの名前をちゃん付けで歌うたまさん。何ともくすぐったい気分だ。でも、若返るような気持ちにもなる。1歳年を取ったのに不思議だね。
 パパ、美味しい料理をありがとう。
 明日はたまちゃんの熱が下がりますように!


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示