それは私の!(2歳児&5ヵ月児)

 妹たまちゃんは生後5ヵ月。おもちゃを見せると手を伸ばしてつかむようになった。何だこれ?という顔をしてガラガラをつかみ、ぬいぐるみをつかみ、絵本をつかみ、とりあえず全部口に持っていく。
 現在家にあるおもちゃはほぼ姉たまさんのもの。妹たまちゃんにプレゼントされた物も中にはあるが、きっとそれも、たまさんは自分のものだと思っているのだろう。妹が何かのおもちゃを手につかんでいると、「こら、ダメでしょ」と言って奪い返している。
 ずっと以前にたまさんがお気に入りだったおもちゃ「元気くん」を妹たまたちゃんに渡したら、たまさんがぱっと奪い返して投げ捨てたのには思わず笑ってしまった。やっぱりそれはたまさんのものなんだね。ごめん、ごめん。
 これもたまさんが妹たまちゃんと同じくらいのときに使っていたおもちゃマットを取り出してきて、たまちゃんを寝かせてみた。するとそれを見つけたたまさんが駆け寄ってきて「ダメ!たまさんの!(私の!)」と怒られてしまった。仕方がなくしばらくたまさんに遊ばせることにする……。
 満足したたまさんに「たまちゃんを遊ばせていい?」と尋ねてみると「どうぞ」との返事。その後、バタバタ手足を動かして遊ぶ妹たまちゃんを見て嬉しそうなたまさん。うん、ちゃんとたまさんに使っていいかどうか承諾を得れば大丈夫なんだな。今度からそうしよう。 


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

たまちゃんの行動力(5ヵ月児)

 第一子と第二子の子育ては随分違う。第一子たまさんのときは、育児に関しても分からないことだらけで不安だった。子供は一人だけだから、たまさんにだけ意識を集中して育児する。だから赤ちゃんのほんの少しの変化にもすぐ気付くし、赤ちゃんのわずかな発達にもすぐに気付いて一喜一憂する毎日。
 ところが第二子の場合、よく言えばおおらか、悪く言えば大雑把。あれ?と思ったときには寝返りしているし、おもちゃで遊んでいる。この間まで手が不器用で上手く物をつかめなかったのに、今ではガラガラをしっかり握り、振り続ける妹たまちゃん。自分で音を鳴らしているくせに、音が鳴ることにびっくりした顔をして手足をバタバタさせる。そしてまたガラガラの音にびっくりする。それを延々と繰り返し、音から逃れられなくなって泣き出すたまちゃん。その音は自分で鳴らしているんだよ?たまちゃんにはその因果関係が分かっていないらしい。 
 寝返りしてうつ伏せの状態になり、何か気になるものを目に捉えると、どうにかしてそちらに向かおうとするたまちゃん。ゴロゴロ転がったり、膝で床を蹴ったりして、概ね目的の場所へ達することができるようになった。たまちゃんが気になる物とは、姉たまさんの赤いワンピースだったり、本棚のカラフルな漫画本だったり。そういえばお姉ちゃんもカラフルな物が大好きだったなあ。
 最近はパパの眼鏡をつかんで奪い取ったり、ママの髪の毛をつかんだりする。一度つかんだらなかなか手放さないので大変だ。今日も姉たまさんが、妹たまちゃんに髪をつかまれて泣いてしまった。お姉ちゃんは怒っているが、残念。たまちゃんにはまだ通じないんだよ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

『だってだってのおばあさん』

第61回は『だってだってのおばあさん』(佐野洋子 さく・え フレーベル館)

だってだってのおばあさん

 98歳のおばあちゃんと猫が登場します。猫は魚釣りが得意で、おばあちゃんも一緒に魚釣りをしようと誘います。でもおばあちゃんは「だって、私は98だもの」と年齢を理由に毎回断っていました。おばあちゃんの99歳のお誕生日、猫はろうそくを99本買ってくるように頼まれますが、猫が持ち帰ったろうそくはたったの5本。5歳になったおばあちゃんは猫に誘われて魚釣りへと出かけます。
 5歳になったおばあちゃんが花を摘んだり、川を飛び越えたり、川に入って魚を捕まえたり、その軽やかさが子供のようで、微笑ましくなります。年齢を理由に家を離れたがらなかった以前のおばあちゃんが嘘のようです。年齢だけでなく、いろんな言い訳をして一歩踏み出せないでいる多くの人へ、勇気を与えてくれる絵本だと思います。たまさんママも、もっといろんなことに挑戦しようという気持ちになれました。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

七夕(2歳8ヵ月)

 実家から葉竹をもらって、七夕にむけて笹飾りを作ることにした。
 赤や青、オレンジやピンクのカラフルな折り紙を切ったりのり付けしたりして、遊びながらどんどん作る。ママがハサミで切った小さな正方形の折り紙を、不器用ながら頑張ってのり付けし、長く繋げて行くたまさん。だんだんのり付けが上手になっていく。輪を作って繋げるとキャアキャア喜ぶたまさん。
 たまさんはまだ片手でハサミを使えない。たまさんママが折り紙を持つと、両手でハサミを持ったたまさんがチョキチョキと切れ目を入れる。ママが折り紙を三角に折って、またそれを三角に折って、たまさんに切れ目を入れてもらう。折り紙を広げると面白いデザインが浮かび上がる。たまさんの感嘆の声。
 何しろたまさんが作るのだから、普通のものは全くできない。何やらやっているうちにタコのようなものが出来たり、短冊のつもりがのり付けされてしまったり、七夕飾りとしては変なものばかりだ。でも、たまさんが作るのを楽しめればそれでいい。出来上がったものから葉竹に飾っていくと、どんどん賑やかになっていく。
 「綺麗ね!」と言って眺めるたまさん。それはいいのだが、飾った笹飾りを思いのままに引きちぎって持ち歩くたまさんには困ったものだ。最初は止めていたが、なぜ駄目なのか言葉が上手く通じないので、途中で説明をあきらめてしまった。まあ、本人が楽しそうだからいいか。来年は説明を理解してくれるようになるかな? 
 たまさんには短冊に絵を描いてもらって(アンパンマンらしきものが描かれていた)、パパとママも短冊に願い事を書く。たまさんとたまちゃんがすくすく育ちますように。次女たまちゃんは、風に揺れる笹飾りを見上げてニコニコ笑っていた。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

トマトを育てる(2歳7ヵ月)

 おばあちゃん家には畑があるので、訪問したとき畑の野菜を収穫したり、外で遊ばせてもらっているたまさん。集合住宅に住むたまさんにとっては貴重な体験だ。
 この日はたくさんの野菜に加えて植木鉢をもらった。見ると、緑のトマトがひとつ生っている。たまさんはミニトマトが大好きなので、それを知っているおばあちゃんがたまさんに持たせてくれたのだ。
 ベランダに置いた植木鉢のトマトに水をかけるのはたまさんの役目だ。雨の日を除いて毎日、たまさんは欠かさず水をかける。お気に入りの赤いゾウさんのじょうろを持って、大真面目な顔をして植木鉢に水をかけるたまさん。ちゃんと育つといいね。
 緑のミニトマトは既に大きいが、一向に色づく気配はない。それとは別に葉や茎はどんどん背を伸ばし、もらったときは30センチにも満たなかったものが、今では2倍以上の背丈になった。はてさて、それでもトマトの実は緑のまま。
 そうして一ヶ月も経った頃、突然トマトの実が赤くなり始めた。おお~。たまさんをベランダに呼んで一緒に観察。「トマト赤いね」、「あかいね~」と喜び合う母娘。その二日後、パパとママが見守る中でたまさんに収穫してもらった。プチン、と採れたミニトマトにパパママ拍手。ちょっとはにかむたまさん。嬉しそうにトマトを見つめる。しばらく眺めた後一口食べて、ママにどうぞと一口食べさせてくれた。いつもはあっという間に食べてしまうのに、一ヶ月かけて自分で育てたミニトマトは特別なのか、ちょっとずつ時間をかけて食べるたまさん。甘酸っぱくて美味しいね。
 おばあちゃん、貴重な体験をありがとうございました。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

ママ、可愛いの!(2歳7ヵ月)

 この日は珍しくピンクの花柄のタンクトップを着たたまさんママ。姿見の前に立つと、たまさんが横に来てズボンをつかみ、「ママ、可愛いの」と言う。ママを見上げたたまさんの顔が嬉しそうに輝いている。ん?何のことかと思ったら、たまさんママが着たタンクトップが可愛いと言っているらしい。
 たまさんからそんなことを言われたことは滅多にないたまさんママ。思い返してみると、たまさんママは暗い色を着ることが多い。珍しく明るいピンク色を着たから、たまさんはそれを見て嬉しくなったらしい。そう言えば以前、これもまた明るい色のふわりとしたスカートをママが履いたら、たまさんが同じように喜んでいたのを思い出した。
 あまりオシャレしないたまさんママとは対照的に、たまさんはオシャレ大好き女の子。赤いワンピースが大好きで、ピンク色が大好き。お花の髪留めをつけてあげると鼻歌交じりに鏡を覗き込み、ニコニコしている。実際、たまさんママは自分の姿格好よりたまさんの可愛らしさを重視しているのは否めない。
 でも、たまさんはママにもオシャレをしてほしいらしい……。
 出産や育児で、ますますオシャレから遠ざかっている自分を自覚するたまさんママ。きっとたまさんがもう少し大きくなったら、綺麗なママでいてほしいとか言い出すんだろうなあ。
 そんなことを考えて、ふと、たまさんのためなら努力して綺麗になろうかな、なんて思うのだった。
 あれえ?たまさんパパのためじゃないのかい。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示