たまちゃんの寝返り(4ヵ月)

 たまちゃんは生後5ヵ月目に入ってすぐに初の寝返りを経験。それから時々親の目を盗んで転がっていたが、2週間もすると簡単にうつ伏せにひっくり返るようになった。
 軽々と頭を持ち上げ、ご機嫌な様子でこちらを見るたまちゃん。寝返りのし始めは顔を床に突っ伏して呼吸困難になるからと心配していたが、意外に平気な様子で目に余裕がある。

 これまで滅多に寝返りしなかったのに、この日は朝から頻繁に寝返りするたまちゃん。最初はすぐに仰向けに戻してあげていたが、あまりにも度々寝返るし、案外平気そうなのでしばらく様子を見ることにした。流石に長時間は耐えられないらしく、顔を突っ伏してうんうん言い出したので仰向けに戻してあげる。それを傍で見ていた姉たまさん。「ほら、たまちゃんがまたゴロンしてるよ」とのママの言葉に反応。たまちゃんのところに駆け寄って、なんとたまちゃんを仰向けによいしょと転がすではないか。大丈夫かと見ていたが、腕の位置も痛くないように上手に転がしていたのでそのままお任せすることにした。仰向けの体勢に戻り、楽になったのか笑顔で姉たまさんを見上げる妹たまちゃん。たまさんもウフフと笑みを返し、嬉しそうだ。
 それからたまさんは妹がゴロンとうつ伏せになると、キャハハと笑って駆け寄り、楽しそうに妹を仰向けにひっくり返すようになった。まるで楽しい遊びを見つけたように喜んでいるので、見ていて面白い。
 もちろん、たまちゃんが痛くないようにママが隣で見守っています。
 それにしても、たまちゃんは結構重いのに、力持ちだね、たまさん。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

ごめんなさい(2歳6ヵ月)

 たまさんは気難しい2歳児。自分の思い通りにならないことがあると癇癪を起こすこともしばしばだ。

 この日、たまさんは癇癪を起こして筆箱をポンと投げ捨てた。その筆箱が近くで寝ていた生後4ヵ月の妹たまちゃんの顔に当たってしまった。幸い筆箱は布製だったが、痛いものは痛い。わ~んと泣き出すたまちゃん。するとどうだろう。癇癪を起こしていたたまさんが急に大人しくなり、うつむいて「ごめんなさい」と一言。
 これは叱らなければと口を開きかけていたたまさんママだが、たまさんが先に謝罪の言葉を口にしたので叱る理由がなくなってしまった。うん。たまちゃんが痛いから、もう投げたら駄目だよ。危ないでしょ。ショックを受けたように萎縮しているたまさんを抱きしめて、頭をよしよしするたまさんママ。たまさんは最近、悪いことをしたらそれが理解できるようになったらしい。少し前まで「ごめんなさい」という言葉は知っていても、その意味を理解しているようには思えない行動を取っていたが、この頃はきちんと分かって言葉を使っている。
 素直に謝ることができて、偉いと思う。これからも姉妹でトラブルがあったとき、上の子を一方的に叱ることはしないように気を付けたいと思っているたまさんママだが、うまくできるかな。
 申し訳ないが後回しになってしまった妹たまちゃんを抱っこして泣き止ませ、「ごめんね、痛かったね」と言っている頃には、既にたまさんは立ち直って他の遊びに没頭している。
 2歳児って、繊細だけどたくましいね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。 

たまさんの歌色々(2歳6ヵ月)

 たまさんは歌やダンスが大好きで、毎日歌わない日はない。最近は発音も随分はっきりしてきて、歌詞も聞き取れるようになってきた。
 今日も縄跳びをマイク代わりに「きゃりーぱみゅぱみゅ」を熱唱していたたまさん。妹たまちゃんがお昼寝中でもその大音量は変わらない。ベランダでノリノリで歌うこともしばしばで、「つーけまつーげまつ毛まつ毛」と歌われると、ちょっと部屋の中に入れようかと困ってしまう。
 最近はたまさんが歌う歌にも随分変化が見られるようになった。例えばアンパンマンのメロディで勝手な替え歌を歌っていたり(ひたすら自分の名前を連呼する謎の歌)、裏声(かすれた高音の苦しそうな声)で歌って一人で笑い出したり、遊び感覚で自由なものだ。
 よくたまさんがするのは、ママのもとに駆け寄ってきて縄跳びマイクを差し出すこと。ママの口元に持ってくるので、「歌って」ということらしい。民謡や最近流行の曲など、たまさんが好きそうな歌を選んで歌うと、今度は自分の口元に縄跳びマイクを近づけて同じ曲を歌うたまさん。これを5回も6回も繰り返すものだから、たまさんママは次に何を歌おうかと頭を悩ませることになる。
 そして今日も、お風呂の中で何やらご機嫌で熱唱するたまさん。君は本当に歌うのが好きだね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

協調性の問題(2歳児&4ヵ月児)

 姉たまさんと妹たまちゃんの利害は対立することが多い。性格もまったく異なるこの姉妹。姉たまさんは繊細でちょっと気難しい学者タイプ。妹たまちゃんはおっとりのんびり、物事に動じない大物タイプ。
 利害とは、つまり、ママの奪い合いである。
 常にママに傍にいて遊んでもらいたい姉たまさん。ママが妹たまちゃんを寝かしつけようと隣の部屋で授乳を始めると、テーブルの横で「ママ、座って!」を連呼し始める。次第に大きくなるたまさんの声。ここで根負けしてたまさんの元に行くことが多いが、もし構わないでいるとクレヨンを投げ捨てたり、椅子を倒したりし始めるので要注意。寝そべって授乳していると、それを邪魔しようと上にのしかかって来ることもある。たまちゃんが押しつぶされないかと冷や冷やものである。または近くにあるガーゼやタオルなどを投げつけてきたり、全く、散々だ。

 そんなこんなで授乳を邪魔され、眠いのに大声で騒ぐ姉のためになかなか眠れない妹たまちゃん。一度眠りに落ちると姉がどんなに大騒ぎしても全く起きない。深い眠りを貪ることになる。そういえば、たまちゃんが生まれた当初は、少しの泣き声でも夜中に目を覚まして不機嫌だった姉たまさん。最近は妹が大きな声を出しても夜中に起きなくなった。夜、妹をママが寝かしつけるときも、不承不承ながら待っていてくれることが多い(待ちきれずに邪魔しに来ることもあるが)。少しずつ、少しずつではあるが、妹に譲歩することができるようになっている。これまで独り占めだったママを妹に譲る気持ちはどんなものなのか。
 一方の妹たまちゃん。ママを姉に奪われるのはいつものことなので、文句も言わずにこちらを見ている。ただ、じっとこちらを見つめるその視線が熱い。姉がわあわあ言っているのをどう思っているのか、それを面白がってケタケタ笑っていることもある。  
 姉の威厳は台無しだね?


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

姉たまさん(2歳6ヵ月)

 前回姉たまさんが甘えん坊なことばかり書いたので、今回はたまさんの名誉のために補足記事を書いておきます。
 もちろん、たまさんはまだまだ甘えたい年頃の2歳児。自立心も出てきて気難しい年頃でもあります。内心お姉ちゃんであることの自覚と、ママの愛情を独り占めしたい気持ちとの間で激しい葛藤があるのが分かります。たまさんママはそれを分かっているので、たまさんが妹より自分を優先するように強いても基本的に怒りません。妹たまちゃんが泣き続けているのにたまさんを構っていると、最終的には「たまちゃん、どうしたの?」とママを妹のところに導いてくれるたまさんです。妹との共同生活が始まり、この生活を半年、1年と続けていくうちにバランスの取れた家族関係、姉妹関係が築けると信じています。
 たまさんは妹の存在を「自分より多く助けを必要とする者」と理解しているようです。自分は一人で歩けるし、一人で服も着れるけれど、妹は歩けない。服も着せてもらっている。手伝ってあげなくちゃいけない。そう思うから、ママにオムツを持ってきてくれたり、ガーゼを手渡したりしてくれます。時には妹のよだれを拭いてくれたりもします。着替えのときに手伝おうとしてくれたり、授乳中に妹の下にクッションを入れてくれたりします。基本的にお世話が好きで、自分が役に立っていると思うと嬉しい様子です。
 妹はまだ生後4ヵ月でたまさんの遊び相手は勤まりませんが、たまさんは笑う妹に笑い返したり、妹の手に何かおもちゃを持たせようとしたり、カラフルなボールを持ってきて傍に置いたり、妹の反応を楽しんでいる様子です。妹が大きくなって、早く二人で遊べるようになるといいね、と心から思います。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

左利き決定(2歳6ヵ月)

 以前から物を左手で持つことが多かったたまさん。左利きだと生活で不自由することが多いかもと心配して、わざと右手に持たせて様子を窺ったりあれこれ試してきた。しかし、たまさんパパもママも無理に矯正するつもりはなかったので、たまさんが右手から左手に持ち替えたらそのまま見守った。
 さて、その後どうなったか。最近では右手にスプーンやフォークを持たせてもさっと左手に持ち替えて食べ始める。お絵かきするときもクレヨンは必ず左手に持っていて、右手に持たせようとすると嫌がる。公園でボールを蹴る足も左足。遊びで握手するときも伸ばすのは左手。う~ん。これはもう、完全に手も足も左利きで決定だな、と観念するパパとママ。
 実際に我が子が左利きになるとあれこれ不都合が発生することになる。ママは右利きだから、たまさんに平仮名を書いてと頼まれたときに使うのはもちろん右手だ。ところが、右利きのママが左利きのたまさんに文字の書き方を教えるのは存外難しい。たまさんが頑張って書いてみると鏡文字のようになっていたりしてはっとする。
 以前からデジカメが大好きなたまさん。最近被写体を画面に捉えてシャッターを押すことができるようになったと思ったら、デジカメを上下逆さまに構えて左手でシャッターボタンを押している。つまり、下から上にボタンを押すようにしているのだが、とても使いにくそうだ。そうまでしても右手より左手でシャッターボタンを押したいのかと思うと不便だなあと思う。
 今後も左利き故に不便な思いをすることがありそうだけれど、その他の左利きの人と同じように不便を乗り越えて行こうね、たまさん。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

『しりとり』

第60回は『しりとり (はじめてのぼうけん)』(まつおか たつひで作・絵 ポプラ社)

しりとり

 「しりとり」絵本です。「わに」→「にわとり」→「りす」というように「しりとり」は分かりやすく続いていくのですが、絵が面白いです。「わに」が「にわとり」を食べようとしているかと思えば、その「にわとり」は何かの尻尾をくちばしでくわえている。ページをめくるとその尻尾が「りす」のものであることが分かります。そんな風に連なりながらどんどん「しりとり」は続いていく仕掛けです。
 2歳半になって平仮名を覚えたたまさんが、一字一字文字を読み上げてとても楽しそうにしていたので、この本を紹介しようと思いました。短い単語が並んでいるので読みやすかったらしいです。平仮名に興味を持ち、覚え始めた頃のお子さんに丁度良い幼児絵本だと思います。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。


「ママ、座って」(2歳7ヵ月)

 最近たまさんが連発する言葉が「ママ、座って」だ。
 座って一緒にブロック遊びをしよう。座って一緒におままごと遊びをしよう。座って一緒にお絵かきしよう。座って一緒に絵本を読もう。などなど……。
 ママが掃除をしていても、料理をしていても、洗濯物を干していても関係なく「ママ、座って」を連発するたまさん。3、4回言ってもママが座らないと床に寝転がって駄々をこね出す。ああ~。今は無理。ちょっと待って。ちょっとだけ待って!そんなママの気持ちはなかなか通じないので大変だ。しまいには立っているママの足に抱きついて引っ張り出すたまさん。
 パパが在宅中に「パパ、座って」とは言わないから不思議だ。それでも「ママは忙しいからパパのところに行って」と言うと、なんだかんだでパパと遊び始めるので助かっている。
 「ママ、座って」。この言葉、忙しいときに連発されると流石に疲れてしまうたまさんママ。パパにたまさんを任せて、ちょっと休憩したい気分になることも正直ある。そんな話を娘達が寝静まった後にパパとしていたら、寝言で「ママ、座って」とたまさん。思わず夫婦で笑ってしまった。
 うん、参りました。参りましたよ、たまさん。夢にまで見てるんだね。
 これは観念してたまさんに付き合ってあげるしかないね。
 子供がママに付きまとうのも、ほんの幼い時期だけのことだから。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

ブロック遊び(2歳7ヵ月)

 「ママ、座って」とたまさんに言われて始めたブロック遊び。
 まず円形のテーブルを作って置くと「机!」と喜ぶたまさん。そこに小さな椅子をまたブロックで作るたまさんママ。手近にあった小さな熊のぬいぐるみをブロックの椅子に座らせ、テーブルの傍に置くとたまさん大喜び。何を思ったか隣の部屋に駆けていく。あれえ?パパがUFOキャッチャーでゲットしたアンパンマンのぬいぐるみを持ってきた。「アンパンマンの椅子!」。また椅子を作れって?今度はアンパンマンのサイズに合わせて一回り大きい椅子を作るたまさんママ。次はバイキンマン。次はウサギのぬいぐるみ……。
 いつの間にかテーブルを囲んで4体のぬいぐるみが座っている。ブロックのテーブルにブロックの椅子。テーブルの上にはおままごとセットのケーキにフォークが並ぶ。わあ、美味しそうだね~。もう、たまさんはニコニコだ。
 「いただきまーす」「もぐもぐ、おいしい!」「ごちそうさまでした~」。バイキンマンがイチゴを食べたり、アンパンマンがケーキを食べたり、敵味方なく仲良くテーブルを囲むぬいぐる達。たまさんはそれぞれのぬいぐるみにあれこれ食べさせていく。
 そこにパパが帰ってきたので、「見て見て!」と報告しに行くたまさん。余程楽しかったらしい。パパに自慢して嬉しそうだ。
 こうして今日もたまさんの一日は過ぎていく。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

エルモのダンス(2歳7ヵ月)

 夕食後、手持ち無沙汰な様子のたまさん。エルモを抱いてただぼんやりとパパが観ているテレビを眺めている。食器も洗い終わったし、遊んでやるか。そっと近づくたまさんママ。ふと思いついて、たまさんの腕からエルモを取り上げた。ん?と振り返るたまさん。
 さてどうするか。エルモのぶらぶらしている足を片方つかみ、リズム良く左右に揺らして歩かせてみた。「テ、テ、テ♪」。爆笑するたまさん。歩くエルモが面白いのか、たまさんママの変なリズム音が面白いのか、とにかく笑いのツボにはまったらしい。
 以前教育番組の何かで「アルデンテの歌」というのがあったが、思いつきで今度はそれを踊ってみた。もちろん、エルモを使って。また大受けだ。調子に乗ってエルモを宙返りさせるたまさんママ。ほら、ぴょーん。ぴょーん。きゃはははは!もはや笑いが止まらなくなって苦しそうなたまさん。子供って、こんなたわいない事で爆笑するよね~。
 エルモをつかみ、自分で「テ、テ、テ♪」とやり始めるたまさん。歌う途中で噴き出して笑いが止まらない。
 まさかこんなに喜んでくれるとは。たまさんママもびっくりだ。
 なんだか自分まで子供に戻ったような気分。

↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

妹たまちゃんの人見知り(生後5ヵ月)

 つい最近まで、誰が抱っこしてもニコニコしていた妹たまちゃん。それが生後5ヵ月にもなると色々判断できるようになるのか、じいじ・ばあばの訪問時に思いがけず泣き出したりするようになった。
 もともと何か理由がなければ滅多に泣かないたまちゃんなのだが、人見知りのときの泣き方は明らかにこれまで聴いたことがないような種類の泣き方なのだ。まるで、「不安だよー、不安だよー」という声が聞こえてきそうな甘えた声で「あ~ん、あ~ん」と泣く。もしくは不満げに「ばぶーばぶー、ばぶー、ばぶー」とマンガみたいな変な声を発するものだから、なんだか面白くてもっと聞きたい、なんて思ってしまうたまさんママ。これはたまさんパパも同じだったらしく、2人でたまちゃんを覗き込んであはは!なんてやるものだから、たまちゃんの信頼を失ってしまいそうだ。

 思い返せば2年前、姉たまさんの人見知りも生後5ヵ月頃に始まったのだが、たまさんの人見知りは妹の比ではなかった。まさに号泣。誘拐犯に攫われたかと人が振り返るような激烈な泣き方だった。それに比べれば妹たまちゃんの泣き方は可愛いものだ。
 じいじ・ばあば宅を訪問したときは珍しく泣き続けたたまちゃんだったが、しばらくすると落ち着き、きょとんとした顔でじいじに抱かれていた。君はやっぱり肝が据わってるね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

たまちゃんゴロゴロ(生後5ヵ月)

 生後4ヵ月で初めて寝返りをしたたまちゃん。生後5ヵ月になると左右どちらからでも寝返りできるようになり、うつ伏せの状態から仰向けの状態に自力で戻ることができるようになった。つまり、どんどん移動する。
 姉たまさんが遊びで「ゴロゴロ~」とお布団の上を転がることがあるが、それを妹たまちゃんはスローでじわじわ転がっていく。家族団欒をしていてふと振り返ると、たまちゃんがかなりの距離を移動していてびっくりする。まるで「だるまさんがころんだ」をやっているようだね?
 うつ伏せの状態で足を大きく突っ張って、思いがけずお尻が大きく持ち上がることがある。そんなときは盛大に転がって、体の向きが90度変わっていたりする。そんな風にして自在に転がっていき、お布団から畳みの上にゴロンと転がり落ちたり、遠くのラックに頭をぶつけたり、落ちているおもちゃを拾ったりするようになった。
 最近は少し離れた位置に何か気になるものがあると、自力で移動して手に取ってしまう。何でもすぐに口に入れてしまうので注意が必要だ。
 子供が一人っ子のときは一人に集中していれば良かったのだが、二人だと赤ちゃんの安全対策が難しいことを実感する。なぜなら、妹たまちゃんがゴロゴロする横で、姉たまさんがおもちゃを散らかして回るからだ。2人一緒に遊ぶときは随分注意して見ていないといけない。
 これからたまちゃんがハイハイするようになったら、ますます安全対策に気を配らなくてはね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示