ひとりでうんち できるかな

第48回目は『ひとりでうんちできるかな (あかちゃんのあそびえほん (4))』(きむら ゆういち)

ひとりでうんち

(食事中の方は申し訳ありません)

 トイレトレーニング中のお子さんに楽しく読んであげましょう。
 ニャンニャンやワンワン、女の子がおまるやトイレに座って頑張る様子が描かれます。
不思議なんですが、どうして小さい子はあんなに「ウンチ」が大好きなんでしょう?この本を読んであげると、たまさんも「ウンチ!」と言って大喜びです。とっても楽しそうにウフフと笑います。
 上手におトイレできるようになるといいね!


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

何でも自分で!(1歳11ヵ月)

 最近のたまさんは何でも自分でやりたがる。自分でやるつもりだったことをママが先にしてしまうと、途端に機嫌が悪くなる。例えば着替え。Tシャツを頭から被せたら猛然と首を振って拒否された。一旦脱ぎ、それからもう一度自分で被り直すたまさん。前後が逆でも訂正を嫌がるので、在宅の予定なら敢えてそのままにして「できたね」と褒めることにしている。
 次に洗濯物干し。こちらが何も言わないのに、たまさんは洗濯物を干す手伝いをするのが自分の役目だと自負しているらしい。たまさんが遊んでいるうちにさっさと干し終わったら、それに気付いたたまさんに猛然と怒られた。なんでだ。腑に落ちないたまさんママ。折角干した洗濯物を数枚カゴに戻し、たまさんに改めて取ってもらうと漸く機嫌が直った。洗濯カゴを洗面所に戻すのもたまさんの役目。これもたまさんママが自分で戻すと怒られることが多いので用心だ。
 パズルを手渡されたのではめて欲しいのかと思ってはめたら、自分でもう一度外してやり直すたまさん。自分でやりたいのか、やりたくないのか?コップに氷を入れて手渡したら、コップに手を突っ込んで一旦氷を取り出し、再び投入するたまさん。やめてくれ。
 先日、犬のおもちゃの乾電池が何かの拍子に外れたので、拾ってはめ直したら不本意にも号泣された。自分ではめたかったの?仕方がないのでもう一度外して乾電池を手渡したが機嫌が直らない。自分ではめようにもたまさんには難しい様子。しかし、ママが手伝おうとするとたまさんは完全拒否。おもちゃと乾電池を物凄い力で握り締めて離さない。困った子だね~。納得するまで一人で頑張ってみなさい。たまさんの行動は矛盾していて、わんわん泣きながらおもちゃをママのところに持ってくるものの、ママが受け取ろうとすると奪い取るようにして渡さない。それでも自分で乾電池ははめられないので、それを繰り返すのだが、顔は涙と鼻水でぐちゃぐちゃだ。
 ついに諦めたのかママに抱きついてきたので、抱っこして歌っていたらすぐに寝入ってしまった。ひっくひっくとすすり泣く声。布団に下ろすと電池が二つ、たまさんの手から転がり落ちた。子供だねえ。自立心の芽生えには苦労させられるけれど、やっぱり子供の寝顔は可愛いね。 


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

健康第一(妊娠8ヵ月)

 残り2ヵ月ほどで出産予定日を迎えるたまさんママ。いろんな人のブログを巡回して、妊娠や出産、母乳育児に関する記事を見つけるとついつい読んでしまう。本人の体験談なのでとても興味深い。たくさんのママさんの日々の努力や苦労を見聞きして、たまさんママも頑張る勇気を貰っている。
 妊娠・出産・授乳期間を通してたまさんママの健康管理に対する意識は随分変わった。多くの母親が経験し、意識することは、自分の身体の健康管理が直接お腹の中の胎児、または授乳中の赤ちゃんに影響するということだ。妊娠中や授乳中にアルコールをたくさん飲んだり、煙草を吸ったりすれば赤ちゃんに悪影響が出る。食事もバランスを考えなくてはいけないし、食べ過ぎてママが太り過ぎると母体にいろんなトラブルが起きる。元気な赤ちゃんを産むためにも体力作りは欠かせない。ママが元気でないと母乳も出なくなってしまう。
 独身時代は夜更かしすることもあったし、好きなものばかり食べたりしていたたまさんママ。運動も苦手で、仕事以外では家猫のような生活をしていたものだ。風邪も頻繁にひいていた。しかし妊娠したと分かってから、たまさんママは変わった。
 鉄分不足を補うために食事メニューを夫とともに考え、食事の内容が充実した。安定期に入ってからは体力作りのために一日30分~1時間はお散歩するようになり、かえって健康的になった。自分のためにはやる気にならなくても、赤ちゃんのためなら頑張れる。自分を大切にすることイコール家族を大切にすることだと気付かせてくれた赤ちゃんに感謝だ。今思えば、生活する上での意識が劇的に変わった瞬間だった。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

パパ、おかえり♪(1歳11ヵ月)

 たまさんパパは仕事が終わるといつも、たまさんママに電話で帰宅を知らせてくれる。たまさんはこの「今から帰るよ」コールを心得ていて、ママの携帯が鳴ると我先に携帯を取りに行く。「ちょうだい」と言えばすぐに手渡してくれることが多いが、時々渡してくれないこともある。そういう時はとりあえず通話ボタンだけ押して、たまさんに握らせておく。たまさんパパもそういう場合があることを承知しているので、「たまさん?パパだよ。今から帰るよ~」なんてのんきな声が聞こえてくる。嬉しそうに笑うたまさん。携帯を耳に押し付けて何やら喋っているが意味不明。納得すると「バイバイ!」と言って携帯をママに返してくれる。
 たまさんパパは自転車通勤。ベランダにいれば帰ってくるパパをいち早く見つけることができる。窓を開けているとシャーッという自転車の通る音が分かるので、「ほら、パパ帰ってきたよ」と言うとベランダに駆け出していくたまさん。自分で網戸を開けて出て行くが、大抵間に合わない。運良くベランダに出ていてパパを発見すると飛び跳ねて手を振り、とっても嬉しそうだ。
 玄関のドアがガチャリを開くと、勢いよく走って行ってパパを出迎えるたまさん。膝を何度も屈伸させ、パパを見上げて「おかえり!」と嬉しそう。仕事が終わって帰って、こんな風に娘に迎えられたら可愛くて仕方がないよね。ニコニコのたまさんパパ。お疲れ様! 
 ところで先日、パパの帰宅時間に合わせて玄関の鍵を開けようとしたら、鍵が開いていた。あれ?閉め忘れたっけ?そんなことあるかな。翌日、「パパが帰ってくるよ」とたまさんに告げたら、てくてく玄関に歩いていくたまさん。ん?後ろから見ていると、裸足で玄関に下り、背伸びをしてドアノブに手を伸ばすたまさん。カチャリ。あ~!犯人はたまさんか。これはドアチェーンをかけないと、そのうち勝手に出て行きそうで怖いな。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

変な格好(1歳11ヵ月)

 たまさんママはもうすぐ妊娠9ヵ月。身体が重くてたまさん連れの外出が大変なので、最近は家で過ごす時間が長くなってきた。公園で走り回るたまさんを追いかけたり、買い物中に抱っこをねだるたまさんを抱えて歩き回るのはもう苦しい。体調管理のための散歩やパパと3人での外出は大丈夫なのだけれど、たまさんと二人だけだとどうしても無理をしてしまう。
 そういうことで、家で楽しめる遊びを探すのだが、最近たまさんが気に入っているのは新聞紙。新聞紙を折りたたんで冠を作り、たまさんの頭に被せる。これだけでも喜ぶが、この日はセロテープを使ってマントも作り、腰巻も作った。姿見の前に立ち、面白そうに唇を曲げて自分の姿をしげしげと眺めるたまさん。気に入ったらしい。「お、カッコイイね~、たまさん」。ママのその言葉にご機嫌な様子。新聞紙を全身に纏って得意げに部屋の中を練り歩く。途中で掃除中のママの箒を奪って跨った姿は小人の魔法使いのようだ。
 たまさんは自分ひとりでも勝手に変な格好をして遊んでいることがある。部屋の一角にあるおもちゃコーナーで箱をひっくり返して遊ぶたまさん。何やらゴソゴソ探している。たまさんは靴が好きなので、汚れていない靴が何足かたまさんコーナーに置いてある。たまさんはその中から気の向くまま、靴を選んで履く。この日出来上がったたまさんのスタイルは、左足にピンクの長靴、右足にグリーンのサンダル。右手には小さなウサギのぬいぐるみ。これにはストラップがついていて、たまさんは手首にストラップを通してブラブラさせていた。そして左手には長方形に組み立てたブロックだ。まるでそれを携帯電話のように耳に押し当て、お喋りを始めるたまさん。何だその格好?笑い転げるパパとママをよそに、たまさんはルンルン気分で歌いながらベランダへ。本当に面白いね、君は。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

たまさん、2歳になりました

 たまさん、2歳になりました。2年というと結構長い時間のはずなのですが、たまさんママはつい先日たまさんを産んだような気がします。もうすぐ二人目が生まれるというのに、嘘みたいですね。
 最近のたまさんはポツポツ言葉も出始め、状況を理解した上で的確な言葉を自発的に言うことも増えてきました。数か月前までは親子の会話が一方通行で、たまさんはいっぱい喋るけれど全くの宇宙語、こちらはこちらで話しかけるけれど返ってくる言葉はちんぷんかんぷんという状態。今少しずつ親子の会話中の焦れったさが解消されつつあります。相手に言葉が通じるっていいですね~。たまさんも、分かってもらえなくて癇癪を起こす回数が減ってきました。
 2歳を直前にたまさんパパがたまさんに教えたのは、「たまさんは何歳ですか?」の質問に指を2本立てて「2!」と答えること。人差し指と中指の2本指で表すピースの形がたまさんには難しかったらしく、親指と人差し指を立てて「2!」と元気良く答えます。簡単に覚えてくれました。
 誕生日は夫の実家ですき焼きとバースデーケーキ。アンパンマンが描かれたケーキを見てたまさんは大喜び。「わあ、おいしそう~」と歓声を上げてケーキに指を突っ込んでいました。その日は少し風邪気味だったんですが、食事が美味しかったんでしょう。嘘みたいに大量に食べたので後で吐くんじゃないかと心配したほどです。
 食後はばあばの足の上に乗せてもらったり、でんぐり返りを教えてもらったりして終始ご機嫌のたまさんでした。場所を選ばず前転するようになったので、注意していないとテーブルにぶつかりそうになったりします。
 帰りは「バイバイ!ありがとう!」と元気良く手を振るたまさん。楽しいお誕生日、良かったね!


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

赤ちゃんが大きい(妊娠8ヵ月)

 あと一週間で妊娠9ヵ月目に入るたまさんママ。妊婦健診に行ってきました。前日にたまさんの誕生祝いでご馳走をたくさん食べてしまった効果覿面、今回は体重増加に関して厳重注意を受ける結果に。「これからクリスマスもありますし、お正月もありますよ」という看護師さんのお言葉が耳に痛いです。ハイ、大変申し訳ありません。
 エコー検査でドンと突き出したお腹に我ながら貫禄を感じるたまさんママ。最近おへその穴まで突き出してなくなってしまいました。赤ちゃんは推定1800gに届きそうになっていて、標準範囲内ではあるものの、この時期としては結構大きめだそうです。「赤ちゃんが大きいからもうママの体重は横ばいでいいかもしれませんね」と、これまた先生から痛いお言葉。一人目出産の際、妊娠後期がどれだけ太りやすいか実感しているだけに、内心「そんな殺生な」と思うのです。「ご馳走は食べないで、外食も控えて」と言われて落ち込んでしまいます。でも確かに、帰宅後たまさんの母子手帳を取り出して比較してみると、同じ時期で350gは今度の赤ちゃんの方が重い。たまさんの時は逆に「赤ちゃんが小さい」と頻繁に言われて心配していたのに不思議です。一人目と二人目で随分赤ちゃんの育ち方に差がありますね。それだけ母体の状態が変わったということなんでしょう。ママの体重は既にたまさんを出産した時を超えています。
 そしてとうとう、血液検査で貧血を指摘されてしまいました。今回は大丈夫かと思っていたのですが、妊娠後期に来て鉄剤のお薬を貰うことになりました。妊婦さんの10人に3人は貧血になるそうです。出産まであと残り2ヵ月、頑張ります。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

めの まど あけろ

第49回目は『めのまどあけろ (福音館の幼児絵本)』(谷川俊太郎ぶん 長 新太え)

めのまどあけろ

 リズムの良い言葉が並ぶ、言葉遊びの絵本です。ストーリー性はありません。何度も読んで、スラスラ読めるようになると楽しくなってきます。雰囲気は「じゅげむじゅげむ……」に似ているかもしれません。
 読むのが楽しくなってくるので、聴く方もそのリズムが楽しくなってくるはず。歌うような感じで読んであげたい絵本です。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

着替えが上手に(2歳0ヵ月)

 お風呂上りのたまさんに服を準備して、「ほら、パンツ履いて」などと誘っても素直に着てくれることは少ない。無理に着せると嫌がるので、室内がそれほど寒くないときはしばらく様子を見るようにしている。たまさんがすぐ分かるところにパンツやズボン、シャツを並べて「ここ置いておくから着てね?」と言っておく。すると自分から進んで着始めるから不思議だ。
 ママがキッチンから戻ってくると、パンツとズボンは既に自分できちんと履いていた。だが上のシャツが気に入らなかったのか、自分でタンスのところへ行って別のシャツを引っ張り出している。猫の絵が胸に刺繍された赤い服だ。「ここ?ここ?(頭を入れる場所はココでいいのか?の意味)」と言いながら服を頭から被り、上手に腕を通してお着替え終了。と思ったら、更にズボンを引っ張り出して重ね着しようとする。いやいや、もう履いてるし、と思ったが、やめさせると癇癪を起こすので好きにさせることにする。今度はジャージを引っ張り出して「ちょっと暑くないか?」と心配になるほど着膨れていくたまさん。しかし、本人は満足げな様子。まあ、暑かったら自分で脱ぐよね?
 先日はあるテレビ番組で靴下を作る工場の様子が流れ、それを見たたまさんはタンスから靴下を持ってきて履いたり脱いだり忙しかった。また別の日のこと、児童館へ行って帰宅し、しばらくしてたまさんが靴下を履いていないことに気付いた。いつも自分で靴と靴下を脱ぐたまさん。靴下は玄関に落ちていることが多いので探したのだが見つからない。まさか児童館で脱いだ?忘れてきたのかな。困ったなあとパパと話していたが、たまさんをお風呂に入れる際にタンスを開けたら、たまさんの汚れた靴下がきちんと仕舞い込まれていて笑ってしまった。どうやらたまさんは、玄関で脱いだ靴下を元の場所に「ナイナイ」したらしい。靴下が見つかって良かったね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

たまさんの風邪(2歳0ヵ月)

 たまさんはもう一週間くらい風邪を引いている。授乳中はほとんど風邪を引かなかったたまさんだが、授乳をやめたら時々風邪を引くようになった。季節の変わり目に油断して寝冷えしたのが原因らしい。熱もなく鼻水だけなのだが、流石に長引くのでそろそろ病院へ行った方がいいだろうか。今は体力が落ちているだろうから、逆に病院で他の病気をもらってしまうのではないかと、それも気がかりだ。
 寝苦しいのか「ママ、ちょうだい」などと寝言を言うたまさん。鼻が詰まって息苦しくなると目を覚ましてしまうので、寝付いてすぐに綿棒やティッシュなどでたまさんの鼻を掃除する。起きているときも鼻水が出るので拭き取ろうとするのだが、たまさんは嫌がって逃げ回るので大変だ。どこで覚えたのか「コワイコワイ~」と言いながらテーブルの下に潜り込んだりする。怖い?意味分かってるのかな。言葉の響きはまさに怖くて嫌がっている様子なのが可笑しい。外出先でも鼻を拭こうとすると「コワイコワイ」と連発するので、まるで鬼親みたいではないかと苦笑してしまう。
 幸いたまさんの風邪は少しずつ良くなりつつあるようで、今日も元気いっぱい部屋の中を駆け回っている。しかしちょっと油断するとぶり返す様子なので、しばらくは無理をしないように見守ろうと思う。
 早く元気になって、外でいっぱい遊べるようになるといいね、たまさん。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

たまさんの困った仕草(2歳0ヵ月)

 たまさんと一緒にお散歩がてら衣料品店に買物に行った。家から歩いて1kmほどの距離だが、妊娠9ヵ月のたまさんママはすぐにくたびれてしまうので、まずはキッズコーナーに行って座り、元気に遊ぶたまさんを眺めることにする。小さな滑り台やおもちゃの車などがあって、たまさんは大喜びだ。店内にこういうスペースがあるのはとても有り難い。他にも3~5歳ほどの男の子女の子がたくさんいて、たまさんはそれも嬉しかったらしい。後ろから勢いよく滑ってきた男の子をびっくりして見つめ、何か面白かったのだろう、クスクス笑って駆け回っていた。小さい子供同士だと馴染むのが早いなあと感心する。普段たまさんは大人の中に一人で過ごすことが多いので、こんな風に年の近い子と遊ぶ時間は貴重だ。お腹の子が生まれたら、遊び相手ができるのでそれが嬉しい。
 たまさんは大人の男性は苦手なことが多いが、ちょっと年上の女の子やママ世代の女性は大好きだ。衣料品コーナーで一人で服を選んでいる女性を見つけては足元に駆け寄り、じっと見上げてニコ~ッと笑いかけるので、相手の女性も思わずウフフと笑ってたまさんを見下ろす。ママ世代の女性3人に次々と近づいて笑いかけるたまさん。どうもお邪魔してスミマセン。
 子供服売り場で10歳くらいの女の子を見つけて、同じように下からじっと見上げ、ニコ~ッと笑いかけるたまさん。戸惑う女の子。女の子はススス~ッと場所を移動し、たまさんの視線から逃れようとする。それを追い掛け回すたまさん。こらこらこら。結構な速さで二人が移動するので、なかなか追いつけないたまさんママ。何だこの状況は?やっとたまさんを捕まえて抱き上げ、謝るたまさんママ。ごめんね。そんなにあのお姉ちゃんが好きなの?女の子は困った顔で、でも少し面白そうな顔をして去っていった。女性に懐いて笑いかけるのは、買物の際のたまさんの、ちょっと困った仕草だ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

腰痛と足の付け根の痛み(妊娠9ヵ月)

 妊娠8ヵ月も後期になってから、突然左足の太ももの付け根がズキンと痛んで、歩くのが困難になった。寝た姿勢から胡坐をかいたり横座りしたりするにも痛みが走るのでとても困る。しばらく大人しく横になっていると痛みは改善するが、治ったからと歩き回ると急に痛みが復活してドキリとする。
 この症状は妊娠後期にはよくあることらしく、出産に向けて母体の骨盤が開いて、更に赤ちゃんの重さが負担になって起きるらしい。たまさんを妊娠中には起きなかったことなので正直戸惑うが、出産を終えるまでは腰痛と足の付け根の痛みとは付き合っていくしかないらしい。産後は自然に治ることが多いと聞いて少し安心する。
 仕方がないので数日お散歩をやめて自宅待機。無理に歩き回らなければ痛みは徐々に治まっていく。毎日日課にしていたお散歩をやめると何だか気持ちが落ち着かない。体重が増えてしまわないように注意しなければ。
 可哀相なのはたまさんだ。最近だんだん外出が減ってきて、きっと外で遊びたいだろうなあと思うにつけ申し訳ない気持ちでいっぱいだ。この頃は数日安静にして短時間、短距離外出、また数日安静という感じ。
 だから、たまさんパパが帰宅後ちょっとビデオショップに出掛けるようなときは、たまさんを一緒に連れて行ってもらう。「お散歩!」と嬉々として出掛けて行くたまさん。店内をうろちょろ駆け回るのでパパはなかなかDVDを選べなくて大変らしいが、娘の気分転換のためにここは頑張ってもらおう。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

たまさん、ねんね!(2歳0ヵ月)

 お昼寝をいっぱいした日は、当然たまさんは夜なかなか寝付かない。パパとママはもう眠たくなっているのに、電気を消した寝室で超ハイテンションのたまさん。一日のうちでこの時間帯が一番元気なんじゃなかろうか?
 右へ左へ、横になっているパパとママの身体を何度も乗り越え、掛け布団にダイブしてキャアキャア大声で騒ぐたまさん。襖に足をドン!とぶつけたり、前転してベビーベッドに頭をぶつけて「あいて!」と叫んだり、全く忙しい。敷布団の下に潜って布団越しにママを蹴って押しやったり、パパの背中やお腹に乗って「1!2!3!」と飛び跳ねたり、いったい何の騒ぎだと言いたい。
 しかし、この寝る前の1時間ほどがたまさんにとっては一日のうちでもベストに入る楽しい時間らしく、エネルギーを完全に使い切るまでは眠ろうとしないのだ。たまさん、ねんね!と言っても土台無理な話。仕方がないので暗闇の中で歌ったり、たまさんをくすぐって遊んだりするたまさんママ。たまさんパパもたまさんを宙に持ち上げたり、あちこち転がしたりして遊ぶ。キャアキャア大喜びで動き回り、しまいにはハアハア息切れし始めるたまさん。笑い過ぎて苦しいらしい。とっても嬉しくて楽しくなったたまさん、流れるように喋り続けるが、パパとママにはさっぱり何を言っているのか分からない。それでもたまさんは喋り続ける。
 今日も満足したたまさんは、ママの腕を片方抱き締め、あれだけ大騒ぎしていたのが嘘みたいにすうっと夢の中へ。やっと寝たね。今日もお疲れ様。お互いの苦労をねぎらうパパとママなのでした。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

たまさんとベランダ(2歳0ヵ月)

 たまさんにとって、ベランダは格好な遊び場だ。天気の良い日は洗濯物やお布団がズラリと並ぶベランダ。そこでキリンの三輪車に乗り、おもちゃを片手にご機嫌のたまさん。枕やクッションが干してあろうものならすぐに引きずり落として上に乗って遊ぶので汚れてしまう。ママが部屋の中とベランダを往復する度に足元のサンダルを手に取るたまさん。邪魔だなあ。何をしているのかと思ったら、ママにサンダルを履かせてあげようと頑張っているらしい。向きが逆だったり左右が違っていたりで履きにくいことこの上ないが、履かせてもらって「ありがとう」と言うととっても嬉しそうだ。でもなかなかお布団が干し終わらないなあ。
 雨の日は嬉々として傘を持ち出し、「雨~♪」とご機嫌なたまさん。雨垂れを手に受けて喜び、ベランダに足跡をつけて遊ぶのが大好きだが、寒い季節なので今はやめさせている。
 部屋の中にいて飛行機が通る音がすると慌ててベランダに飛び出すたまさん。飛行機を指差してママを振り返り、「え~こ!え~こ!」と言っている。たまさんは表現する言葉が思いつかないとき、なぜか「え~こ!」と言うのだが、「あれ何?」くらいの意味だろうか。「ひこーき」と教えてあげると何度もその言葉を繰り返していた。 
 通行人や車が通ると「バイバイ!」と声をかけるたまさん。最近はまた別に挨拶をする相手が増えた。それはお月様だ。『おつきさま こんばんは』という絵本がお気に入りで、何度も読み聞かせしていたからだろう。お空に浮かぶお月様を見て「こん~は(こんばんは)」と膝を曲げ、挨拶をするたまさん。最近ではお空にお月様を見つけるのが楽しみのひとつになっている。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

ビロードのうさぎ

第50回目は『ビロードのうさぎ』(マージェリィ・W・ビアンコ原作、酒井駒子絵・抄訳)

ビロードのうさぎ

 クリスマスのプレゼントとして男の子に贈られたビロードのうさぎ。男の子はこのビロードのうさぎを毎日連れ歩き、遊び相手として大切にしています。眠るときもずっと一緒です。
 年長者の馬のおもちゃは言います。「長い間に子供の本当の友達になったおもちゃは本物になれる」。ビロードのうさぎはこの言葉を心から信じています。さて、ビロードのうさぎの運命は?
 たまさんもぬいぐるみが大好きで、よく大きな猫のぬいぐるみを持ち歩いています。子供の頃大好きだったおもちゃを、ずっと覚えていてくれるかな?


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示