卒乳はまだ…(1歳9ヵ月)

 たまさん、1歳9ヵ月。まだ卒乳していない。以前は1歳過ぎたら卒乳するものだとか、色々言われていたらしいが、最近はそんな厳しいことを言う人は随分減ってきたようだ。1歳6ヵ月健診でまだ授乳中ですと保健師さんに言っても、特に驚かれることはなかった。要するにそれぞれのママと赤ちゃんのペースで進めればいいとたまさんママは思っている。ママの事情で早く断乳することもあるだろう。
 たまさんママの事情といえば、次の子を妊娠したということで、本当はそろそろ卒乳したいところ。しかし、まだまだおっぱい大好きなたまさんを見ていると、何だか可哀相でなかなか踏ん切りがつかないたまさんママなのだ。
 煮え切らないたまさんママを見兼ねて、先日たまさんパパが断乳を決行した。パパが休みの日の前日に、寝かし付けの際の授乳をやめようとしたのだ。覚悟ができていなかったたまさんママ。とりあえずしばらく頑張ってみようと言い聞かされ様子を見ていたが、たまさんは一向に泣き止まない。1時間も泣き続けただろうか。随分長く感じた。泣き疲れ、少し休憩してはまた泣き始め、その声に次第に追い詰められたのはたまさんママだった。
 ママ「もう無理!」→パパ「もう少し頑張ろうよ」→ママ「私が耐えられない!」→パパ「え~!?」。
 こうして一回目の断乳チャレンジは失敗に終わったのでした。正直、泣き叫ぶたまさんが可哀相で、ママの心が折れそうでした。複雑な表情で眺めるたまさんパパを尻目に、漸く手に入れたママのおっぱいに満足してあっという間に寝付くたまさん。これは本当にママが覚悟を決めないと断乳は達成できないと思い知った。
 最近は「もうすぐおっぱいバイバイなんだよ」とたまさんに言い聞かせているが、理解できているのだろうか?今度断乳にチャレンジするのはいつになるだろう?次の子が生まれたときだったりして?


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

Shall we ダンス?(1歳10ヵ月)

 たまさんは昔から踊ったり歌ったりするのが大好きだ。最近はNHK教育でワンワンが踊り始めると、大きな声でママを呼んで一緒に踊れと意思表示する。踊らないと不満げな声で訴えるので、何をやっていても途中で止めて一緒に踊る羽目になる。
 たまさんはリズム感のある音楽が大好きで、特に女性が複数でダンスしながら歌う曲が大好きだ。最近たまさんが夢中になっているのはパフューム(女性三人組のテクノポップユニット)。初めて見たときのリアクションがとても良かったので、録画して時々流していたら、必ず踊るようになった。「ストレイト♪ ~する♪ 」「~ビーム♪ 」と歌詞の所々を覚えて歌う声が可愛らしい。両手を広げてクルクル回ったり、腰を屈めて独特の格好をする(どう見てもお相撲さんが四股を踏んでいるようにしか見えない)。
 時々パフュームの曲を流して、踊るたまさんを眺めるのは楽しい日課だ。実際のパフュームのダンスとは全然違うし、雰囲気で好きなように踊っているたまさんの仕草がとても可愛らしい。でも時々画面を確認して突然振り付けを一部取り入れたりもするから、もしかしたらだんだん実際のダンスに近づいていくかもしれない。
 たまさんママが楽しく眺めて拍手していると、隣にいたたまさんパパが「覚えようかな」と突然踊り出した。面食らうたまさんママ。おじさんがコレを踊るの?ダンスの難易度が高いよ。たまさんパパ、娘と一緒に踊れたら楽しいだろうと思ったらしい。パパとたまさんが二人でパフュームのダンスを覚えて踊ったら、きっと面白いだろうな。でも、ママは妊婦だから参加は遠慮しておくよ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。


Eテレキッズ(1歳10ヵ月)

 朝のEテレにはとてもお世話になっている。赤ちゃんが生まれる前はほとんど見たこともなかったのだが、気付けば毎日この番組を見るのがたまさんの日課になっている。たまさんママも一緒に見て、時々歌ったり踊ったりしていたからだろう。最近はいくつかの歌が始まると一緒に歌って踊るように頼まれるようになった。主にワンワンが登場する歌、おにぎりの歌、ともだち8人の歌などだ。
 おにぎりの歌が始まると、ニコニコしながらママの手を握りに来るたまさん。歌に合わせて手をぎゅ~っと握り、「できた!」「おいしい!」と毎回やっている。ともだち8人の歌が始まると、やはり手を繋ぎに来て、歌が終わるまでずっと握ったまま手をぶらぶらやっている。とっても可愛らしいので、毎回たまさんの小さな手を握って幸せ気分のたまさんママ。癒されるわあ。
 「にほんごであそぼ」の文字がテレビ画面の中でカードをめくる様に表示されるとき、たまさんは必ずテレビに近づいて画面に触り、自分でカードをめくろうと頑張っている。おかげでテレビ画面の下半分にたまさんの小さな手形たくさん付いてしまい、拭いても拭いてもなかなか取れない。
 小さな子が歯磨きするシーンが映し出されると、とりあえず手近にあるリモコンやブロックなどを手に取り、口に突っ込むたまさん。やめなさい。最近はたまさんママも慣れてきたので、近くに歯ブラシを置いておいてすぐに手渡すようになった。
 これからもしばらくお世話になります、Eテレキッズさん。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

朝から変顔(1歳10ヵ月)

 ふと気付くと、出勤前のパパがたまさんと見つめ合ってもの凄く変な顔をしている。眉は八の字、目も八の字。しょぼしょぼの目の下にすぼめた口を突き出している。まるでゲゲゲの鬼太郎に登場する子泣き爺だ。初めはびっくりした顔でパパをじっと見ていたたまさん。次第にその眉が下がり始め、目も細めて唇を突き出したではないか。パパと同じ顔だ!あまりにもパパそっくりの顔を真似して見せたので、爆笑するたまさんママ。パパもたまさんの顔を見て噴き出した。可愛い顔が台無しだ。
 パパとママが笑ったので機嫌を良くしたたまさん。調子に乗ってパパの変顔を次々と真似し出した。とても器用に顔の筋肉を使っているのが分かる。たまさん、器用になったね~。少し前まで絶対できなかったことなので、笑いながら感心してしまった。それにしても笑い過ぎてお腹が痛い。お腹の中の赤ちゃんも何事かと驚いていることだろう。

 身近にいるパパとママから次々と言葉を覚えていくたまさん。きっとパパやママの笑った顔、怒った顔、悲しんでいる顔、いろんな顔を見ながら、その表情も覚えていくのだろう。だとしたら、できるだけニコニコ笑っていたいものだ。家族三人で(いずれは四人で)いつもニコニコしていたいね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

「散歩」と「アイス」(1歳10ヵ月)

 たまさんには、不用意にはかけてはいけない言葉がある。それは「散歩」と「アイス」だ。
 「散歩」と言ったら最後、絶対に外出しなければならなくなる。先日ばあばと電話で「昨日散歩に行って~だった」と話していたら、会話の中の「散歩」に過剰に反応したたまさん。玄関から赤い靴を持ってきて「ん!ん!」とママに押し付けるではないか。「今日は雨が降ってるから出掛けないよ」と言ったら靴を投げつけられた。なんて乱暴な子だ(笑)。
 これまたじいじ・ばあばが遊びに来ているとき、会話の中に「散歩」という言葉を聞き取ったたまさん。じいじが持参したバッグをじいじに持たせ、玄関からじいじの靴を持ってきてじいじに押し付ける。さっさと準備して出掛けるぞアピールが凄い。その日はすぐに散歩に出掛けることになった。たまさんは満足だ。
 二つ目は「アイス」。アイスクリームが大好きなたまさん。この言葉は簡単に覚えた。時々冷蔵庫の前で「アイス!アイス!」と叫んでいることがある。中にアイスが入っていようが入っていまいが関係ない。
 でも時にはこの「アイス」という言葉が便利に使えるときがある。散歩に行って帰ろうとしても、なかなか自宅へ続く階段を上りたがらないときだ。「たまさん、アイス!帰ってアイスを食べよう!」と言えば、ぐずぐず遊びたがっていた気分をコロッと変え、嬉々として階段を上り始める。もちろん、この方法が使えるのは家の冷蔵庫にアイスが入っているときだけだ。もしアイスがないのに、この方法を使ったら?
 ……考えるだけでも恐ろしい。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking
いつもありがとうございます。

母乳育児

第44回目は『桶谷式 母乳育児気がかりQ&A相談室』(主婦の友社)

母乳育児Q&A

 今回は母乳育児に関する本を紹介してみたいと思います。
 これから出産を迎える方で母乳育児を希望される方の中には、思ったように授乳ができず苦労される方もおられると思います。たまさんママも苦労したママの一人です。完全母乳を希望しながら、赤ちゃんの1ヶ月健診で母乳不足を指摘され、泣く泣くミルクとの混合を選びました。
 思い返せば自分に母乳育児に対する知識が少なく、的確にアドバイスしてくれる人にも出会えなかったことが挫折した大きな要因ではなかったかと反省しています。実際、産んで経験してみないと分からないこともたくさんありました。
 今回二人目を出産することになり、前回の経験を生かして「こんな時にはどうすれば良かったのだろう?」という多くの疑問を解決してくれる本を見つけました。母乳育児に苦労されている方の参考になれば幸いです。他に『桶谷式 母乳で育てる本』(主婦の友社)などもあります。本などを参考にしつつ、悩んだときに身近に相談できる専門家の人がいるのがベストだと思います。出産時入院する病院に、気軽に相談できる人がいたら助かりますね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking
いつもありがとうございます。

赤ちゃんの名前いろいろ(妊娠6ヵ月)

 前回の妊婦健診でお腹の赤ちゃんがおそらく女の子と判明した。それまで「こんな名前どう?」「これもいいねー」と漠然としていた赤ちゃんの名前決めも、本格的な段階に入ることになる。やっぱり性別が判った方がイメージが抱きやすい。
 夜、たまさんが寝静まった頃、パパとママの二人でお腹に手を当て、思いつくままに好きな名前をどんどん挙げていく。たまさんパパは意外に古風な名前が好きなようだ。アニメの人気キャラクターもいいね。この名前は発音は同じで別の漢字に置き換えてみるのもいいね。
 実は既にお腹の赤ちゃんに呼びかける愛称があるのだが、実際その音の名前をつけるかどうかは分からない。だんだん言い慣れてきているので、変更するなら早めに変更したいものだが、考えれば考えるほどいろんな名前の候補が出てきてしまうのだ。
 気に入っているけれど、有名女優と同じ名前だったり、最近の人気名前ランキングの上位にあったりして、どうかなあと思うものもある。図書館から女の子の赤ちゃん名前事典を借りてきて、パラパラめくりながらイメージを膨らませるのも楽しい作業だ。たまさんの時には音と漢字一字が早い段階で決まっていたので決めやすかったが、次女の名前は今のところ七変化している。
 まだ出産まで時間があるので、あれこれパパと楽しみながら、生まれてくる赤ちゃんにとって良い名前を選びたいものだ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

たまさん、断乳に成功(1歳10ヵ月)

 1回目の断乳に失敗した10日ほど後、再び断乳に再チャレンジすることにした。たまさんママの体調が優れず、これ以上断乳を先延ばしにするとお腹の子に影響しそうな危惧を抱いたからだ。
 今回は前もって計画し、毎日しているお昼寝をやめてみた。夕食後7時半にもなると、眠気が我慢できなくなってきたたまさん。いつも通りおっぱいをねだって泣き始めた。わんわん泣いておっぱいを探すが、たまさんママ、そこはグッと我慢。抱き締めたり、頭を撫でたりしているうちに、余程眠かったのだろう、たまさんは泣き疲れて眠ってしまった。その後一度起きたが、もうおっぱいが貰えないと理解したのだろう。たまさんが途中で諦めたのが解かった。少し切ないような気持ちになったが、やがて眠りに落ちていく悲しそうなたまさんの顔を見つめながら、心の中で応援する。
 朝6時半、泣き出してママを探し始めたたまさん。襖の前で行き倒れるようにしてうつ伏せのまま寝入ってしまったのには笑ってしまった。二日目はおっぱいを意識させないように外で思いっきり走り回って遊んだ。体力を使い果たしたたまさん。その夜は初日ほど泣き喚くこともなく、ママの胸を少し触ってすぐに眠ってしまった。何度か夜中に目を覚ましたが、抱き寄せれば安心して眠ってくれる。
 そして断乳3日目。眠くて大泣きしたが、ママのお腹の上に乗せるとすうっと寝てしまう。本当はお腹の上にたまさんを乗せたくないのだが、この三日間の経験でママのお腹の上が一番早く寝付くことに気付いた。完全に寝入ったところで横に転がせばOK。夜中に起きても、ママの腕を抱き締めれば大丈夫。
 一回目の断乳ではあれほど苦労したのが嘘のようだ。今回のチャレンジは無事成功しましたので、皆さんにご報告いたします。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

たまさん、寝潰れる(1歳10ヵ月)

 断乳を実行するに当たって、たまさんのお昼寝をやめた。それまでは時間帯はバラバラだったが、お昼から夕方にかけて2時間ほど眠るのがたまさんの習慣になっていたのだ。夜なかなか寝付いてくれなかったのはお昼寝が原因だったらしい。お昼寝をしないと夜7~8時頃には眠ってしまう。断乳後1週間近くになるが、以前に比べて早寝早起きになり、たまさんにとっても健康的な生活スタイルに切り替わったようだ。
 外で思いっきり遊んだ日は、夕食を待たずに寝潰れてしまうことがある。3時のおやつを食べていると思ったらおやつの袋を取り落とし、気付けば椅子に反り返って不自然な格好で眠っている。床に散らばるせんべい。胸の上にも食べかけのせんべいが一枚。だらんと伸びた両腕。面白いので写真を一枚撮ってお布団に運ぶ。熟睡しているのでごろんと転がしてもまず目覚めない。以前は寝つきが悪い方だと思っていたが、そんなことは全然なかった。遊んで体力を使い切れば、電池が切れたようにどこででも簡単に寝てしまう。
 先日は夕方パパと自転車で出掛けたたまさん。移動中に眠気に負けてしまったらしい。自転車に乗りながら爆睡。顔に何か硬いものが当たっていたのだろう。帰宅したときには目の下に何かの跡が赤く残っていた。ベビーカーや抱っこで移動中でも、それが夕方なら眠ってしまうことが多い。夕食の途中で船を漕ぐことも増えた。お腹は空いているので結構な速さでパクパク食べながら、それでも目はとろんとして焦点が定まっていない。食欲と眠気が戦っている。パパとママはそれを笑って眺めている。
 夜の寝かしつけが随分楽になった。断乳してから、夜中に起きる回数も減ってきて、ママはとっても助かっている。たまさん、卒乳してくれてありがとう。またひとつ成長して、お姉ちゃんになったね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

お手伝い(1歳10ヵ月)

 以前からママのお手伝いを自ら進んでやってくれていたたまさんだが、最近はますます色々手伝ってくれるようになってきた。
 まず洗濯物。干すときにカゴから「はいどうぞ~」と手渡してくれる。ママが干すのに時間がかかってなかなか受け取りに来ないと「ん!んん!」と急かされるのでちょっと大変だが、お腹の重たい妊婦ママとしては中腰になる回数が減るので助かっている。そして今度は取り入れたタオルなどを畳む作業。一緒に畳んで「できた!」と大喜び。得意げに「はいどうぞ」と手渡されたタオルを「ありがとう」と受け取るのが最近の習慣だ。
 次に料理。玉葱の皮を剥いてもらったり、ゆで卵の殻を剥いてもらったり、ミキサーのスイッチを押してもらったりして一緒に楽しんでいる。手伝ってもらうと余計に時間はかかるが、たまさんが楽しそうに次々覚えていくので、なるべく手伝ってもらうことにしている。本人は遊び感覚だ。
 そしてお片づけ。部屋中に散らかしたおもちゃを「ナイナイ!」と言って片付ける。本人が散らかしたものなので、なるべく本人に片付けてもらうように意識している。これも習慣づけたいことのひとつだ。他にはゴミを「ポイしてきて」と頼んでいたら、お菓子の袋など、空になると自分で捨てる習慣がついた。
 最近新しく覚えたお手伝いは、食後に居間からキッチンへ食器を運ぶこと。これはママやパパが片付けるのを見ていたたまさんが、自分から進んでやり始めたことだ。教えもしないのに食器を持ってきてくれたときにはちょっと感動してしまった。ママやパパの「ありがとう」という言葉に、笑顔になってせっせと運ぶたまさん。二歳を前に、その成長に感心するばかりだ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

イヤイヤ期到来?(1歳10ヵ月)

 卒乳してお姉さんになったのも束の間、今度は本格的なイヤイヤ期の到来かもしれない。
 ますます自己主張が激しくなるたまさん。お散歩は一日2回が彼女の理想らしい。昼間に一回、夕方に一回出掛けたがる。ところがたまさんママもそう頻繁にお散歩には出掛けられない。家事や用事に手を取られることもあるし、体調のこともある。玄関から靴を持ってきてワアワア言うたまさん。ふう~。大きな溜息とともに根負けして出掛けることが多いが、これまた納得するまで遊ばせるのが難しい。たまさんは体力の塊、たまさんママは身重の妊婦だ。
 外出先で遊びを中断されることもたまさんは嫌う。砂遊びをしていて、ちょっと通行人の邪魔になりそうだからと抱きかかえたら大泣きされる。スーパーでアイスクリームを手に取り、すぐに食べたいと騒ぎ出すたまさん。レジで買うまで宥めるのが大変だ。パパと出掛けるときは自転車でないと納得しない。
 ママとしては、たまさんが騒ぎ出す度に別の遊びで気を逸らしたり、誤魔化すのがだんだん上手くなるようだ。「(子供は)思い通りにいかないもの」と言っていたじいじの言葉を思い出す。どうしても納得しないたまさんに大泣きされるときは、自分が子供の頃兄弟喧嘩をしたときのことを思い出す。あれも思い通りにいかなかった記憶だからだろうか。
 たまさんはママに対して一番わがままで甘えん坊だ。じいじ・ばあばと外出するときはいい子にしているし、パパが怒ると言うことを聞くが、ママだと泣き続けるのは何故だい?ママは泣けば言うことを聞いてくれると思っているね?
 今後のことも考えて、たまさんへの接し方をあれこれ悩み始めた今日この頃。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

かお かお どんなかお

第45回目は『かお かお どんなかお』(柳原良平 作・絵)

かおかおどんなかお

 たまさんパパが変な顔をしてたまさんを笑わせている時期に丁度出合った絵本です。1ページごとに「たのしい顔」「おこった顔」「困った顔」と様々な表情の顔が出てきます。一緒に絵本の表情を真似っこすると大喜び。たまさんも一緒に真似をして大笑い。次々とページをめくって楽しそうでした。
 たまさんはもうすぐ2歳になりますが、人の表情に興味が出てきたんだなあと感心します。楽しい絵本です。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

カーテンの裏(1歳10ヵ月)

 最近、たまさんはカーテンの裏に隠れるのが日課になっている。あれ?部屋にいないな、と思うと嬉しそうな顔をしてカーテンの影から顔を出し、えへへと笑う。気付いていても「あれ?たまさんどこかな?どこかな~?」と言ってあげると大喜びだ。得意そうな顔をひょっこりと出して見せ、また隠れ、また顔を出し、何度でも飽きずに繰り返す。そして、実に楽しそうにうふふと笑う。
 余程その場所が気に入ったのか、それとも気分が落ち着くのか、時々カーテンの裏に座って、一人で黙々と遊んでいることがある。お絵かきセットを自分で持ち込んでずっと遊んでいることもあるし、ぬいぐるみ(最近のお気に入りはエルモ)を引きずって行って、ぬいぐるみを腕に抱き、何となく外を眺めていることもある。パンやお菓子などなど、手で持ち歩ける食べ物を貰うと、いつの間にかテーブルから移動してカーテンの裏に隠れて食べている。ポロポロ食べかすを下に落とすので、たまさんママとしてはあまり嬉しくない。たまさん、テーブルで食べようよ!
 この2、3ヵ月家ではおむつなしで過ごしているたまさん。時々漏らしてしまうのだが、最近はカーテンの裏に隠れて、ママに内緒でこっそりオシッコをしたりする。隠れてするなんて、悪いことをしている自覚があるんだね。でもママとしては前もって教えて欲しいなあ。
 カーテンの裏。現在のたまさんのお気に入りスポットです。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。 

体重増加が…(妊娠7ヵ月)

 たまさんママ、妊娠7ヵ月目に入りました。お腹もますます大きくなって、重い体重を支えるので腰が痛くなったり、眠っていたら夜中に足がつったり、あれこれ妊婦らしい症状が増えてきました。気をつけないとどんどん体重が増えていくので冷や汗ものです。健診のとき産院の助産師さんに怒られてしまうわ~。
 実はたまさんママ、現在妊娠7ヵ月目にしてたまさんを出産したときの体重を既に超えています。本来はやせ型だったのですが、たまさんを妊娠してから13.5㎏増。出産しても3㎏ほどしか減らず、その後も母乳があまり出なかったためか体重が元に戻らないままでした。妊娠前に持っていたスレンダーな服が全滅。一着も入らない!そのまま1年半経過。結局体重は数kgしか減らず、二人目妊娠。つわりが終わった後は鰻登りに体重が増えるという……恐ろしい経過を辿っているのです。
 前回に比べてスタート時の体重が重くて体内に蓄えがたくさんあるのか、今回は今のところ貧血を注意されることもなく、赤ちゃんの成長が遅いと言われることもなく済んでいます。前回は妊娠前から貧血だったので、鉄剤や胃薬を処方してもらっていました。しかしこの鉄剤、服用すると吐き気がするんですよね。だから胃薬も一緒に処方されるんでしょうが、飲まなくて済むなら飲まないで済んだ方がずっと楽です。もっと貧血が酷くなると注射で鉄分を補うことになるらしく、注射嫌いのたまさんママとしては戦々恐々としたものです。太ったおかげで貧血が治ったのなら有り難いことではあるのですが、このまま体重が増加して今回も出産後体重が元に戻らなかったらと思うと本当に怖いです。
 二人目出産後は本気でダイエットを頑張ろうと心に誓うたまさんママなのでした。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 
 

たまさんと赤ちゃん(妊娠7ヵ月)

 たまさんはママのお腹に手を当てて「あーちゃん(赤ちゃん)」と言うことが増えてきた。ママがぽっこりお腹を見せると、何だか嬉しそうに近づいてきてお腹を撫で撫で、「あーちゃん」と呼びかける。たまさんに自分のお腹を触らせると「おへそ!」と言うので、ママと自分のお腹の違いは理解しているらしい。たまさんの赤ちゃんに対する理解がどの程度のものかは謎だが。
 妊娠7ヵ月頃になると、お腹の赤ちゃんはママやパパの声を聞き分けられるようになるらしい。妊娠8ヵ月にもなれば、ある程度声音に感情を読み取るようになるというから感心する。だから夫婦喧嘩はやめましょう、なんて書いてある本もある。お腹の赤ちゃんが聞いていますよ、というわけだ。
 たまさんママは現在妊娠7ヵ月だから、お腹の赤ちゃんはそろそろパパやママの声、たまさんの声を聞き分けられるようになってきているのだろう。お姉ちゃんが「あーちゃん」と呼びかけている声も聞こえているに違いない。赤ちゃんはパパやママ、たまさんの日常の会話を毎日聞いて、自分の生まれてくる環境を理解して生まれてくることになる。一方のたまさんにとって、生まれてくる赤ちゃんは全くの初対面だ。赤ちゃんに馴染むまで時間がかかると思っていた方がいいだろう。突然の家庭環境の変化に戸惑ったり、赤ちゃんにママの愛情を取られた気がして、すねたりすることもあるかもしれない。そんな時、たまさんに対するフォローが大切になってくる。
 たまさんも大事なんだよ、というママの気持ちをしっかり伝わるようにしてあげたい。しばらくは実家に帰る予定なので、じいじ・ばあばにもいっぱい遊んでもらおう。そしてしばらくしたら、仲良し姉妹になって欲しいな。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示