ちいさな あなたへ

第27回目は『ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)』(ぶん アリスン・マギー、え ピーター・レイノルズ、やく なかがわ ちひろ)

ちいさなあなたへ

 大人向けの絵本です。娘を持つ母親の気持ちを余すところなく表現しています。娘の誕生からその成長をいとおしむ気持ち、娘の未来に思いを馳せ、いずれは親元から巣立つであろう娘を見送る母親の気持ちを描きます。
 母親は、娘の一生を遥かに夢見ます。時の流れ、その移り変わりを感じて、寂しいような、でも清々しい気持ちになります。この絵本を読んで、子供の未来が幸福なものであることを祈りたくなりました。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

甘えっ子たまさん(1歳5ヵ月)

 普段、家にはたまさんとママの二人だけなので、当然たまさんはママを遊び相手と認識している。ママが掃除機をかけていると掃除機の本体の上に乗り、隙あらば奪い取ろうと周辺をうろうろする。もう掃除機の音に驚いて泣くことはなくなったが、これでは掃除が進まない。
 キッチンに立って食器を洗っていると、たまさんが両手を差し伸べて「はい!」と必死の表情。「抱っこして」のポーズだ。んんー。もうちょっとで終わるから待っててね。一応そう言ってみるが、たまさんは待てない。「はい!はい!はい!」。訴えかける声がどんどん大きくなり、仕舞いにはたまさんママの膝にタックルしてくる。まず、流し台とママの足の間に無理やり入り込み、ママがひょいっと身をかわすと不平不満の声を上げながら両膝に抱きつく。丁度ママの股下の背丈のたまさん。一生懸命頑張っている内にスポンとママの股の間を潜り抜けてしまう。なんで~?今度は後ろから抱きつき、ママの太ももをバシバシ叩くたまさん。やっぱり股下を潜り抜けて向こう側へ。一体君は何をやってるんだい?
 たまさんママが座椅子に座って新聞を読んでいると、一人遊びに飽きたたまさんがやってきて、黙って新聞の上に乗る。君は猫かなんかか。構ってあげないといじけるのでしばらく一緒に遊ぶ。ふと気付くとたまさんがママの背中に隠れて、座椅子の背もたれによりかかって寛いでいる。ママが振り向くと笑うので、首をねじって右から振り返り、左から振り返りして遊ぶ。たまさん、どうやら自分では立派に隠れているつもりらしい。あれ?あれ?たまさんはどこだ?キャッキャッと笑うたまさん。やっぱりママの背中をバシバシ叩く。痛いな。
 こうして毎日、たまさんとたまさんママはべったりくっついているのでした。


↓ランキングに参加中。ワンクリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ育児ブログ・ランキング

散髪(1歳5ヵ月)

 たまさんの髪の毛が随分伸びた。女の子なので伸ばして結べばいいよね?切るの大変だし。ということで、これまでは前髪だけカットして後ろ髪は伸ばしたままだったのだ。
 実際、結べるようにはなった。これまで下ろしていた髪を上げると、流石女の子、それだけで随分イメチェンになる。イチゴのついたピンクの髪留めを使い、たまさんパパとたまさんママ「可愛いわあ~」と娘を打ち眺める。親バカ全開。
 しかし、生まれて1年5ヵ月の間全く髪を切らないと、細くて柔らかい赤ちゃんの髪の毛が絡まって、櫛がなかなか通らない。毛先だけでもカットすることにしよう。
 さて、動き回るたまさん。これをどうして切るべきか。ベランダに子供椅子を持って行き、たまさんを座らせたが、じっとしているわけがない。花瓶の花を一本抜き取り、持たせてみる。たまさん、黄色いスイセンの花に夢中になり、花びらをプチプチッと千切り始める。とりあえず散髪のチャンスはたまさんが花に熱中している間だけだ。たまさんママ、髪を一筋ずつ摘んで持ち上げ、サクサク切っていく。まさに適当。散髪に関しては素人、仕方があるまい。君にはまだ美容室は早い。
 その後、立ち上がって徘徊し始めたたまさんを追いかけつつ中腰で順調に散髪。何とか納得するまで切りそろえた。たまさんママ、仕上がりに責任は持ちません。
 パパはたまさんの変化に気付くかな?


↓ランキングに参加中。ワンクリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ育児ブログ・ランキング


 

お花見(1歳5ヵ月)

 桜の季節になったので、家族3人でお出掛けした。家から徒歩で遠くないところに大学があって、休日は人も少ない。3人で悠々とキャンパスを歩く。家の近くで一番桜が綺麗なのがここなので、遠慮なく入らせてもらうことにする。せっかく桜が咲いているのに、見ないなんて勿体ないではないか。
 散り始めの満開の桜が通りに並んでいて美しい。枝垂桜はまだ咲き初めだ。大きな桜の木の枝にたまさんを乗っけて写真撮影。勿論、後ろからパパがたまさんを支えている。たまさん、高いところに登ったのに怖がることなくご機嫌だ。通りに桜の花びらがたくさん降り積もっていて、春風に巻き上げられていく。風に乗る花びらにたまさんの歓声が重なる。面白がって集めた花びらをたまさんに浴びせ掛けたら大喜び。自分で花びらを集めて宙に飛ばし、遊び始めた。
 さて、風が冷たくなってきたのでそろそろ帰ろう。車も通らないので、たまさんを自由に歩かせることにする。時々振り返り、声をかける。たまさん、道端の花が気になったり、何かに気を取られてなかなか進まない。サークル棟を通りかかったとき、たまさんが脱線して横道にそれた。あれ、たまさんがこっちに来ないよ。パパとママが見えなくなったら追いかけてくるよ、きっと。いたずら心を起こしたパパとママ、そっと茂みに隠れてたまさんの様子を窺う。あれ?パパとママがいない。キョロキョロし出したたまさん。泣き出すかな?見守っていると、なんとたまさん、上下に身体を揺らして踊り出した。ええ~?そういえば、どこからかバンド演奏が聞こえてくる。君は危機感がない子だね。仕方がないのでパパが迎えに行き、連れ戻した。
 その後もバンド演奏に合わせてクルクル回るたまさん。このオリジナルソング、ちょっと欲しいなあ。

首都圏で配布されている子育てフリーマガジン『humhug』4月1日春号の読者プレゼントで書籍『たまさんの新米ママ』(葉月かほ著)が5名様にプレゼントされます。応募受付が5月1日から5月31日までになっていますので、また改めて後日お知らせしたいと思います。首都圏にお住まいの方で興味のある方は是非ご覧下さい。


↓ランキングに参加中。ワンクリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ育児ブログ・ランキング

公園にて④(1歳5ヵ月)

 じいじ、ばあばが遊びに来たので、車に乗って少し遠くの大きな公園まで遊びに行くことにした。普段出掛ける近所の公園と違って規模が大きく、グラウンドやプール、草スキーができる場所まである。ジョギングをしている大人に混じって、サイクリングをしている子供たちの姿も見える。
 たまさんはお散歩コースをほとんど駆けるようにして歩いていく。じいじ、ばあばやたまさんママが歩調を合わせなくても全く大丈夫だ。両手を前に出して、楽しそうに駆けていくたまさん。途中でキュッと方向転換し、クルクル回ったり芝生の生えた崖を登ろうとしたりする。歩かせてみると結構な距離を平気で歩くので驚いた。いつの間にか足腰が強くなって、体力もついたんだなあと感心する。本当はこのくらい広い場所で、毎日思いっきり駆け回って過ごせたら健康的だよね。近所にそんなスペースがないのが残念だ。
 その後ベンチによじ登ったり、サッカーの試合に乱入しようとしたり、芝生の上に転がって草だらけになったりして思う存分遊んだたまさん。手にはどんぐりを握っている。最後に駐車場に戻ろうとして、階段に差し掛かった。たまさんが膝をついて頑張って登ろうとするので、ばあばと二人で見守る。何か小さな声で言っていると思って耳を澄ましたら、一段登る度に「よいしょ。よいしょ」とたまさん。よし、あと一段だ!もう少し。と思ったら、何故かたまさん、今度は後ろ向きに階段を下り始めた。なんで~?まあ急ぐわけでもないし、いいか。そして、最後まで階段を下りたたまさん、今度はまた登り始めた。筋トレか!?イヤイヤ期突入間近のたまさん、途中でやめさせると号泣するので気が済むまでやらせることにする。
 結局たまさん、階段を3往復。納得するまで繰り返せて良かったね。


↓ランキングに参加中。ワンクリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ育児ブログ・ランキング
 

ベランダにて(1歳5ヵ月)

 たまさんはベランダが大好きだ。たまさんママが洗濯物を干しにベランダに出ると、必ず一緒についてくる。最近では自分で窓を閉めたり開けたりするので、そのうち鍵を掛けられることになるのではないかと冷や冷やしている。幸い今は鍵の開閉はできないが、安心はできない。
 その日は日差しが暖かく、気持ちの良いお天気だった。裸足でベランダに出たたまさん、何を思ったか下に寝そべり、大の字になって空を見上げる。驚くたまさんママを尻目に気持ち良さそうなたまさん。背中をセメントにこすり付けるようにしてニコニコ笑っている。犬とか猫が、時々こんな仕草をするよね。きっと下が温かいんだ。でも下はセメントだよ。あんまり綺麗じゃないし、痛くないか?やめさせようと思ったがあまりにも気持ち良さそうなので、お布団のクッションを持ってきて下に敷き、勧めてみた。
 たまさん、嬉しそうにクッションの上にダイブ!ふわふわのクッションの上をゴロゴロ転がり、上を向いて日差しを浴びる。本当に気持ち良さそうだね。たまさんママも真似して一緒に転がってみた。ああ、太陽が眩しい。横でたまさんがキャアキャア言って喜んでいる。
 春だなあ。


↓ランキングに参加中。ワンクリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ育児ブログ・ランキング

ベランダにて②(1歳5ヵ月)

 たまさんはベランダが大好きだ。柵を通して外が見渡せるのが楽しいらしい。柵を手でつかみ、下の駐車場を人が通ったり、車が通ったりするのをじっと見つめるのが日課だ。たまさんが自力でベランダに出て遊ぶようになった頃、たまさんママは柵から落ちるのではないかと心配して、あれこれチェックした。ベランダに危ないものはないか、柵の幅はたまさんの頭より小さいかなど。柵も十分な高さなのでまず落ちることは考えられないが、たまさんがベランダに出るときは注意して見ている。
 たまさんは階下に人が通りかかると、老若男女構わず「バイバーイ」と手を振る。たまに「え?」と反応して振り返る人がいて、そういう時はたまさんママも挨拶をする。その日の夕方は小学生の男の子達がボール遊びをしていて、たまさんは楽しそうに上から見学していた。時々手を振り、声を上げるたまさん。男の子達も上から見下ろす1歳児に慣れた様子だ。遊んでいる子のお母さんが遠くから子供の名前を呼ぶ声がする。それに反応して「はい!」と返事をするたまさん。君じゃないでしょ。紛らわしいな。
 朝、たまさんがベランダの隅で何かやっていると思ったら、隣のベランダから「おはようー」との優しい声。え?と思って振り返ったら、たまさんがベランダの仕切りの隙間から隣人のベランダを覗いている。その隙間からお隣のママさんとお友達のヤー君の姿が僅かに見える。不審そうに眉根を寄せてこちらを窺い見るヤー君。そりゃ、びっくりするよねえ。お隣のママさんの笑い声が軽やかに響く。たまさんママも笑いながら隣人に挨拶した。
 お隣が優しいママとお友達で良かったね。


↓ランキングに参加中。ワンクリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ育児ブログ・ランキング
 

空とぶライオン

第28回目は『空とぶライオン (佐野洋子の絵本)

131898-1.gif

 立派なたてがみを持つ金色のライオンが主役です。そのライオンを慕って猫達が集まってきます。獲物を仕留め、猫達にご馳走するライオンは憧れの的です。
 何度も読んでいるうちに、いろんな疑問が浮かんできます。この絵本は、読む人によって全く違う感想が聞けそうです。他人との関係性についても考えさせられます。子供の頃読んで、大人になって読んだら、全然違う感想を抱くことになりそう。繰り返し読みたい一冊です。


↓ランキングに参加中。ワンクリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ育児ブログ・ランキング

English!(1歳5ヵ月)

 たまさんパパに頼んで図書館から絵本を借りてきてもらった。その中に『それゆけ!さかなくん!』(ルーシー・ガズンズ)という絵本があった。カラフルな魚がたくさん出てくる絵本で、英語と日本語が併記してある。たまさんママはあまり借りないタイプの絵本だ。
 いろんな形の魚が出てくるので、たまさんママはたまさんと一緒にページをめくりながら「ほら、これは何の魚かな?面白いね~」などとやっていた。じっと見つめるたまさん。そこにたまさんパパがやってきて絵本を手に取り、英語を読み始めた。するとたまさん、いきなり爆笑。ええ~?さっき、ママが読んだときは反応なかったのに。たまさんパパ、英語に思いっきり抑揚をつけて実に楽しそう。たまさん、パパが見開き分を読み終わる度に「うふふふふ!」「キャハハハハ!」と大笑い。それで気付いたのだが、パパの発音は毎日たまさんが見る子供番組「えいごであそぼ」の、あのおじさんに似ているのかもしれない。そういえばあれを見たたまさんが「good job!」「バイバーイ!」と喋っていたので驚いたことがある。そうか、英語楽しいかあ。
 そこでパパとママ、いきなり英語に切り替えてたまさんに「Hello!」「How are you?」とやってみた。その場で思いつく限りの英語を一気に喋りかけてみるとびっくり顔のたまさん。何が起きたのかという顔をした後、やっぱりおかしそうに笑い出した。
 たまには自分以外の人が選んだ絵本を読むのもいいもんだ。


↓ランキングに参加中。ワンクリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ育児ブログ・ランキング

たんぽぽ

第29回目は『たんぽぽ (フレーベル館だいすきしぜん―しょくぶつ)

たんぽぽ

 今、たまさんママの住んでいる地方ではタンポポがたくさん咲いています。早いものは種になって、あの白い綿毛を広げています。たまさんママはたまさんとお散歩しながら、あの綿毛の茎を折り、たまさんに持たせて遊ばせます。フーッと吹くと綿毛が舞い上がり、風に乗って遠くまで飛んでいきます。子供の頃、誰もがやって遊んだことがあるのではないでしょうか。
 今日紹介した絵本は科学の絵本です。タンポポがどんな風にして冬を過ごし、花を咲かせて種になるのか、その生態を大きな写真や絵で詳しく紹介しています。身近で見るたんぽぽの意外な面を発見することができるかもしれません。


↓ランキングに参加中。ワンクリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

謎の言葉(1歳5ヵ月)

 意味不明の言葉だが、たまさんが頻繁に使う言葉がある。ひとつは「バーチャン」。どう聞いても「ばあちゃん(祖母のこと?)」と聞こえるのだが、毎日祖母のいないところで頻繁に使っている。特に同じパターンで使われるのが、食事中おかわりをしたいときだ。器を持ってママに差し出し、「バーチャン」という。また、やって欲しいことがあって、それでも聞き入れてもらえないとき、「バーチャン!」と言いながら物を投げつけることがある。そんなときの「バーチャン」は可愛くない。
 もうひとつの言葉が「アートゥン」だ。この言葉はたまさんがご機嫌なときによく使う。もう少し幼い時は「ウックン」を連発していたものだが、最近はこの「アートゥン」が主流だ。たまさんはママやパパとコミュニケーションを取りたいとき、この言葉を口にする。「アートゥン」と呼びかけられたら同じように「アートゥン」と応じなければならない。他の言葉では駄目だ。たまさんはこの言葉を連呼し、たまさんママも鸚鵡返しに連呼する。すると嬉しそうなたまさん。ママとお喋りしているつもりらしい。
 この「アートゥン」の呼びかけに応えないと、たまさんの声は次第に大きくなる。パパが本を読んでいて気付かないと、後ろから近づき、「アートゥン!アートゥン!アートゥン!」と必死だ。ほら、パパ。たまさんが呼びかけているよ。振り向き、たまさんに応えるパパ。納得して笑顔になるたまさん。
 謎の言葉だ。


↓ランキングに参加中。ワンクリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

にゃんにゃん!(1歳5ヵ月)

 たまさんは動物が大好きだ。犬、猫、ハトなどを見かけるとすぐに後を追いかける。
 今日は中でも猫の話。たまさんをベビーカーに乗せてお散歩していたら、あるアパートの近くで茶色い猫を見つけた。ほら、にゃんにゃんだよ。たまさんが喜ぶかなと思ってその猫に近付いてみる。思いの外人馴れしているらしく、逃げる様子がない。ちょっと退屈そうだったたまさん、猫を見て急に嬉しそうに微笑んだ。手を伸ばし、触ろうとするが、そこは猫さん、触らせてくれない。触れそうで触れない微妙な距離をキープ。そのうちエサをくれないと悟ったのか、するっと狭い路地に去ってしまった。あれれ。残念。
 さて、諦めて帰ろうとすると、ママと違って諦め切れないたまさん、「ギャー!」と号泣。おおお。これはヤバイ。ベビーカーの上で身を反らして泣き続けるたまさん。中途半端に猫に近付けるのではなかったと後悔し始めた頃、またしても猫に遭遇。ほら!にゃんにゃんだよ、たまさん。呼びかけるママの声も必死だ。このチャンスを逃してはなるまい。
 さて、今度は黒と白のぶち猫を見たたまさん。ピタリと泣き止んだ。たまさんママ、ほっと一息。と思ったのもつかの間、その猫は人馴れしていなかったらしく、こちらをちらりと見てすぐに逃げてしまった。たまさん、再び号泣。あああ。
 実家に白猫ちゃんがいるから、今度会いに行こうね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

食いしん坊(1歳5ヵ月)

 たまさんは食いしん坊だ。好きなものはいっぱい食べる。
 以前はイチゴやミカンなどには見向きもしなかったのだが、最近は果物の美味しさに目覚めた様子。酸味のあるトマトも好きになった。
 夕食のちょっとしたデザートにと思ってイチゴをテーブルに並べていたら、それに気付いたたまさん、「ん!ん!マンマ!」と子供椅子から懸命に訴えかける。食べやすいように切り分けて渡していたら、6つも食べてしまった。ストップ。君はおかずを食べなさい。
 また別の日、たまさんママが座ってハッサクの皮を剥いていたら、目敏くそれに気付いたたまさんが横に来て、剥いた側からひょいひょい食べていく。剥くのが遅いと不満げな声を漏らすたまさん。パパの分は?ママの分は?半分以上あっさり食べてしまった。そんなに食べて大丈夫かい?
 たまさんは自分の咀嚼能力を超えて口の中に詰め込む癖がある。ソーセージを口に入れ過ぎて困った挙句、ママのもとに来てウエーと吐き出す。パンを詰め込み過ぎて口から吐き出すこともある。べとべとだ。以前と違って咽につまらせることはほとんどなくなったが、それにしても一遍に入れ過ぎだよ。
 先日はバイキングで豆のサラダが余程気に入ったのか、次々と口に入れるので心配した。たまさん、その勢いは噛んでないでしょう?ほら出して!たまさんの口の前に手を差し出すと、案の定枝豆が5、6個口の中から出てきた。そんなに口に入れて君はリスか?巣穴にでも持って帰る気か?
 まだまだ、食べる練習が必要だね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

エア・ギター(1歳5ヵ月)

 1歳児って、こんなに踊るものなの?とは、たまさんママの素朴な疑問だ。
 たまさんはお座りできるようになった頃から、子供椅子の上でAKB48の曲を聴いてリズムを取っていた。つかまり立ちできるようになると、コンポの前に立ってCDの曲を流し、上下に身体を揺らして楽しそうに踊り始めた。コンポのスイッチは見よう見まねで覚えてしまい、今ではどれが電源でどれがCDの再生スイッチか完全に把握している。
 そして現在、子供番組のワンワンと一緒に毎日踊るのが日課だ。最近番組内容が一新されて、これまで馴染んでいた歌や踊りがガラッと変わってしまった。最初たまさんは変な顔をしてじっと立ったままテレビを見つめていたが、今では歌と踊りを覚え、軽快に部屋の中を駆け回ったり転がったりしている。子供の順応性の高さには驚く。
 先日DVDを借りて観ていたら、その中で主役がエア・ギターをするシーンがあった。皆さんご存知のように、エア・ギターとはギターの弾き真似だ。それを見たたまさん、やおら立ち上がって上下に身体を揺らし始めた。よく見ると、両手を体の前でシャカシャカやっている。まさか、それはエア・ギター?しかし、手の位置が如何せん、両胸をコチョコチョくすぐっている様にしか見えない。しかも、よく聴くと「コチョコチョ」と呟いているではないか。やはりそうか。ドラマの主役が全力で自分をコチョコチョしていると思っているのか?そんなアホな。その後も「パ!パ!パ!ア~♪」と音楽に合わせてエア・ギターをしながら身体を揺らし、時々くるりと回るたまさん。
 たまさんのダンスはどこまで進歩するのか、これからが見ものだね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

たまさん初めての動物園(1歳5ヵ月)

 日曜日、たまさんとパパとママの3人で初めて動物園に行った。さて、たまさんはキリンやゾウを見て喜んでくれるかな?歩いていると日向は暖かく、木陰は涼しい絶好の行楽日和だ。
 パパに抱っこされて白熊やペンギンを上から眺めるたまさん。ちょっと嬉しそうに微笑むが、歓声を上げて喜ぶことはない。あれ、意外と大人しいね。むしろ横でワーワー言っている子供たちの声に反応して、そちらをしきりに振り返っている。
 孔雀やインコの鳥コーナーに差し掛かったとき、たまさんパパが鳥の気を引こうと鳥の鳴き声を真似てみせた。一斉にカア!カア!と大きな鳴き声を返す鳥達。怖がるたまさんがママに抱きついてくる。いや~、うるさくて話し声も聞こえない。鳥と会話して喜ぶたまさんパパ。あなたの前世は鳥ですか?
 しかしその後、動物を見かける度にたまさんが「フーッ」と息を吹きかけることに気付いた。どうもたまさんパパの真似らしい。パパ、たまさんが動物を見たら口笛を吹くものだと勘違いしてるよ。
 たまさんは徐々に動物に慣れて行き、ふれあいコーナーでは大胆に羊に近づいて羊の顔を下から撫で上げて喜んでいた。見守るたまさんママは噛まれないかと戦々恐々。パパはのんびり眺めている。あり難いことに、たまさんに触られても全然嫌がらない羊さんだった。
 楽しめたみたいで良かったね、たまさん。パパとママも楽しかったよ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

どうぶつのおかさん

第30回目は『どうぶつのおかあさん (福音館の幼児絵本)』(小森厚ぶん 薮内正幸え)

どうぶつのおかあさん

 動物園に行ったので、この絵本を紹介しようと思います。
 猫やサル、コアラやシマウマなど、いろんな動物の親子が登場します。お母さん猫はどうやって子猫を運ぶのかな?カンガルーのお母さんは?ぞうのお母さんはどうするの?子供の疑問に答えてくれる絵本です。
 いろんな動物のお母さんとその子供の様子を見て、動物園のおさるさん親子を思い出しました。やっぱり赤ちゃんはどんな動物でも可愛いですね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

服選び(1歳5ヵ月)

 洋服を買いに出かけた。たまさんと二人きりのときは、たいてい子供用カートに乗せて移動する。その方が楽だからだ。しかし、今日は急ぐ買い物でもない。買えないなら買えないで構わない。たまさんに下を歩かせて無事買い物ができるか試してみよう。
 入り口から中に入り、手を繋いで歩こうとしたが嫌がって振り切られた。仕方がないので隣を歩きながら様子を見る。途中で立ち止まったたまさんが、足元でしきりに何かを物色し始める。袋入りのカラフルな物を引き出しては元に戻し、引き出しては元に戻し。……それは男物のトランクスだよ。余程気になるのか、しゃがみ込んで真面目な顔で動こうとしない。無理に引き剥がすと絶対に泣くと判断し、買う予定の靴下をひとつたまさんに持たせた。気が逸れたところで抱きかかえてサッと移動。
 たまさん、女の子の洋服売り場に来て目の色が変わる。ハンガーとハンガーの間に手を突っ込んで、次々とミニスカートを選っていく。どう見ても女の子が普通に服選びをしているようにしか見えないから不思議だ。商品を汚すことはないし、ハンガーが外れて落ちることもないので特に問題なし。問題なのは感極まったたまさんがよだれを垂らすこと。やっぱりトランクスのときとは興奮の度合いが違うね。
 その後、お客さんようの鏡を見つけては歓声を上げて飛びつき、両手と頬っぺたを鏡にピッタリつけてニッコリ笑ったり、店内に流れる音楽に合わせて踊ったり、随分楽しそうだった。帰宅時にはたまさんママの買ったスカーフを巻いてとっても嬉しそう。意外に買い物できるものだね。
 オシャレ大好き。可愛い服大好き。たまさんが女の子だと実感した一日でした。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

お腹をポンポン(1歳5ヵ月)

 たまさんはピアニカが大好きだ。よく鍵盤を両手で叩きながら何か歌うような声を出している。自分で音が出せるように教えてみたら、この間初めて音が出せて大喜びしていた。パチパチと拍手して自画自賛。そんなにピアノが好きなら、習い事でもさせたほうがいいのかなあ。たまさんを眺めながらそんなことを思う。テレビでピアノを弾くシーンがあると、机を両手で叩く真似をするたまさん。そんなにピアノが好きかい?
 ところが、先日テレビで太鼓の演奏があったときのこと。太鼓を真似て机を叩くたまさんの姿が、ピアノを叩く真似をするたまさんの姿とそっくりだった。はたと考え込むたまさんママ。でも考えてみれば、たまさんはオーケストラにも反応するし、アイドルの歌にも反応して踊り出したり歌い出したりする。エア・ギターを真似てリズムを取ることもある。演奏も歌も踊りも、音楽全般ということだね。
 昨夜、なかなか寝ないたまさんが仰向けに寝ているパパのお腹の上に乗った。何を思ったのか、パパのお腹をポンポン叩いて喜んでいる。「ポンポン!」とパパが言うとたまさんも「ポンポン!」。「バンバン!」とパパが言うとたまさんも「バンバン!」。次第に叩く強さが強くなり、しまいにはバシバシ叩いて歓声を上げるたまさん。打楽器も好きなんだね。
 音楽大好きたまさん。歌でも踊りでも、楽器でもいいから、何かひとつ才能を伸ばせたら良いね。たまさんが本当に好きで、続けたいこと、見つかるかな?


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

たまさん、おやすみ(1歳5ヵ月)

 最近のたまさんはずっとお喋りをしている。お喋りといっても解読不可能な謎の言葉だから、パパもママも頭の中は?でいっぱいだ。
 積木を積みながら巻き舌で○×※△。結構な早口で、難解な発音なのでとても活字にできない。同様にクレヨンでお絵描きしながらゴニョゴニョ、本棚の本を引っ張り出しながらゴニョゴニョ喋り続けるたまさん。
 最近困っているのは、たまさんが夜になっても喋り続けることだ。部屋を真っ暗にして3人で寝ようとしているのに、たまさんが明るい元気な声で喋り続けるものだから、パパもママもなかなか寝付けない。夜泣きはなくなったが、これは予想外だった。
 自分からシーツをめくり、頭から潜ってキャアキャア楽しそうなたまさん。お布団とお布団の間に入るのも大好きだ。洞窟の中を探検しているような気分なのかな?
 お喋りが気になってパパもママも眠れないので、仕方なくたまさんの言葉に耳を澄ます。すると聞いているたまさんママが眠いせいか、だんだんたまさんの声がこんな風に聞こえてくる。「はい!ノリノリでーす♪ あ!あ!パァ~ン。で、で、で~ん。」これに対して寝ぼけた声で「ノリノリで~す」と返すパパとママ。
 変な家族だ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

たまさんの一日(1歳5ヵ月)

 たまさんママが部屋の片づけをしていたときのこと。紙ゴミをまとめていると、潰すつもりのダンボール箱を見つけ、嬉々として中に入り込むたまさんの姿があった。まず後ろ向きになり、片足ずつ足を入れてしゃがみ込み、ご満悦の様子。少し前に猫鍋というのが流行ったが、あれを思い出した。しかし猫鍋の猫と違って、たまさんは丸まることはなく、逆にふんぞり返って寛いでいる様子。そんなに気に入ったのならそのダンボールは取っておくよ。こうして一見不必要に思える物が、たまさんのためにどんどん増えていく。片付かないねえ。
 もうたまさんが眠るためには全然使用していないベビーベッド。最近は物置と化していたが、ある時柵を下ろしていたらたまさんが一生懸命登ろうとしているのに気付いた。。ベッドの上のぬいぐるみが欲しいらしいが、たまさんが自力で登るには高すぎる。たまさんママがぬいぐるみを取ってあげてもいいが、それでは達成感がないだろう。下に畳んだ敷布団を置いたら、たまさん、勢い込んで柵を握り、どうにかこうにか登りきった。その得意満面の笑顔。見ているこちらまで嬉しくなってしまう。その後、納得するまでベッドの上で遊び、自分でベッドから下りたり登ったりして楽しそうだった。
 よちよち歩きの頃までは頻繁に乗っていたキリンの三輪車。最近はほとんど乗ることがなくなった。キリンに乗って移動するより、自分で歩く方がずっと速くなったのだ。時々思い出したようにキリンの三輪車に近付き、歩行器のように押して遊ぶことはある。でもすぐに飽きて次の遊びに行ってしまう。
 赤ちゃんを卒業して、子供の遊びが増えてきたのだと実感する日々。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

食わず嫌い(1歳5ヵ月)

 たまさんは離乳食を始めてかなり長い間、酸味のある食べ物が苦手だった。みかんや苺、トマトも苦手で、好奇心で口にはするけれど、結局ほとんど食べなかった。キノコ類も苦手で、こちらは弾力があって噛み切りにくいのか、ガジガジ噛んだ挙句、ペッと吐き出していた。刻んであげると食べることは食べるが、あまり好きではない様子。そんなこんなで、これらの食べ物をたまさんの食卓に並べない期間があった。
 たまさんパパやたまさんママは好き嫌いがほとんどないので、たまさんが食べなくてもこれらの食べ物は食卓に並ぶ。ある時たまさんが苺を欲しいと言い出して、「どうせ食べないでしょ?」と思いながらも手渡してみたら、食べるではないか。酸っぱい顔もせずにモリモリ食べる。みかんやトマトもいつの間にか平気になっていて、むしろたまさんの好物へと変化していたからびっくりだ。味覚が変わったのだろうか?キノコの中でも椎茸はまだ無理だが、シメジは刻まなくても食べられるようになっていて、パクパク食べる。以前食べなかったからずっと食べないかと思ったら大間違いだ。たまさんママは反省した。これからは苦手だったものも積極的に食卓に並べよう。取り合えずあれこれ食べさせてみよう。
 すると、思いの外たまさんは大人の味覚を持っていることが判明。酢の物のきゅうり、キャベツのマリネ、ラッキョウ漬けに、果ては梅干まで食べるではないか。
 酸っぱいものに目覚めたんだね、たまさん。1歳児とは思えない好みだよ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

やさいの おなか

第31回目は『やさいのおなか (幼児絵本シリーズ)』(きうち かつ さく・え)

やさいのおなか

 アイデアが面白い絵本です。
 いろんな野菜の切り口をモノトーンの絵で示し、「これ なあに」と問いかけます。次のページを開くと正解の野菜の絵が色彩つきで出てきます。レンコンやキャベツなど、すぐに分かるものもあれば、「え、これ何?」と考え込んでしまうものもあります。子供と一緒に当てっこするのも楽しい絵本です。お料理するとき、野菜の切り口を確かめたくなりますよ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

児童館①(1歳5ヵ月)

 たまさんと初めて児童館に行った。丁度利用者が少ない時間帯だったらしく、他には一組の親子がいるだけだった。たまさんは外からの明るい光が差し込む広い空間に一気にハイテンション。たまさんママが受付を済ませるのも待てないくらいの様子。遊具や滑り台をチラチラ見ながら、それでもママの傍を離れようとしないところが可愛い。
 受付を終えて振り向くと、安心したたまさんは室内を走り出した。中央に子どもが入れるくらいの赤い屋根のおうちがある。その小さなおうちに入って、中から赤い窓を押し開け、ママを発見して大喜びのたまさん。しばらくその中で遊んでいた。満足したたまさん、今度は部屋の隅へ。絵本やおままごとセット、ブロックや積木がたくさん置いてあるコーナーで、いろんな物を次々と引き出して遊ぶ。
 そこにロディというお馬さんの乗り物があったので、試しに持ってきてたまさんの傍に置いてみると、何だこれ?という顔で慎重になって乗ろうとしない。もう一組の親子が楽しそうに乗っているのを確認して、漸くロディに跨った。ロディの尻尾が邪魔になってなかなか自力では跨がれなかったが、たまさんママが尻尾を押さえてあげると何とか自分で座れた。よしよし、できたね~。褒めるたまさんママ。嬉しそうなたまさん。たまさんはロディの揺れる感覚をあれこれ試して面白がっていた。これだったらたまさんが自分で乗り降りできる高さだし、たまさんママも安心して眺めていられる。
 児童館。まだまだ楽しいことがたくさんあったので続きは次回へ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

児童館②(1歳5ヵ月)

 前回からの続きです。ロディ(お馬さんの乗り物)から降りたたまさん、今度は滑り台へ。子供が入れるくらいの小さな入り口を潜って、ジャングルジムを上っていく。ジャングルジムといっても幅の広い階段のようになっているので、ハイハイの格好でよいしょ、よいしょと頑張るたまさん。見守るたまさんママ。ママの肩の高さくらいの頂上に辿り着いて満足げなたまさん。
 さて、次は滑り台だ。しかし、怖がってなかなか滑ろうとしない。たまさんママが補助して滑らせようとしたが、ん?全然前に進まないぞ?よく見ると、その日は靴下を履いていなかったたまさん。足の指を一生懸命突っ張って、磁石のように足の裏が離れなくなっている。思わず笑うたまさんママ。そんなに怖いなら仕方がない。抱っこで下ろすと、今度は下から滑り台の斜面を登ろうとするたまさん。滑り台は好きなんだよね。そのうち自分で滑れるようになるといいね。
 その後、小学生の女の子達が児童館に入ってきて、カウンターで色々借りて遊び始めた。新しい仲間が増えて喜ぶたまさん。君は、基本的に子供は怖がらないよね。遊び相手だと思っているんだろうな。その中にホッピングを使って遊ぶ女の子がいて、たまさんはぴょんぴょん跳ねる女の子をびっくりした顔でしばらくじっと眺めている。と思ったら、自分もその場でぴょんぴょん跳ね始めた。あの女の子の真似だね?もう一人のママさんもそれに気付いて笑い出した。ホッピングはまだ君には早いな。
 でも、そのうちたまさんも、あの女の子くらいに大きくなると思うと感慨深いね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

カレーを作る(1歳5ヵ月)

 その日の夕方、たまさんママはカレーを作っていた。牛すじを圧力鍋にかけて、ローリエで臭みを取る。その間に野菜を刻む準備をしていると、後ろでガタン、ゴトンと物を落とす音が。振り返るとたまさんがラックの箱に入ったパックのお茶などを次々取り出して床に落としている。たまさん、何をする~!取り込み中だったので一旦諦めて料理を続けていると、箱を空っぽにしたたまさん、おもむろに箱の中に座り込み、胡坐をかくような形に落ち着いて満足している様子。これでキッチンの箱の中身をぶちまけられたのは何回目だろう?何でよりによってキッチン箱が一番のお気に入りなのか。何か代用品を考えねば。
 今元に戻してもどうせぶちまけられるのが落ちなので、そのままにして玉葱の皮を剥き始めた。ペリペリッと剥いてゴミ入れに直接皮を入れていると、横から近付くたまさん。そういえばたまさんは玉葱を剥き始めるといつも近付いてくるなあ。ママの作業をじっと見つめるたまさん。剥きかけの玉葱を欲しがったので、しばらく大人しくしてくれるならいいかと思って渡してみた。
 他の野菜を切りながらたまさんの様子を見ていると、なんとたまさん、真剣な表情で玉葱に爪を立て、皮を剥いている。しかも剥いた皮はきちんとゴミ入れの中に入れているではないか。さっきママがやっていた通りだ。思わず嬉しくなって「上手だね~」とたまさんの頭を撫でたが、たまさんは眉間にシワを寄せて皮むきに熱中している。時間がかかりそうなので料理を続行していると、後ろからママを突っつき、「ん!ん!」と言うたまさん。振り返ると綺麗に剥かれた玉葱が差し出されていた。たまさんママ感動。たまさん、お手伝いできるんだね。
 今度から玉葱剥きはたまさんに任せよう。ラックは引っ掻き回さないし、待っていれば玉葱が剥きあがる。まさに一石二鳥だね。ありがとう、たまさん。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示