2度目の出産は…

 朝5時過ぎ、痛みで目が覚めた。気付けば既に陣痛は10分間隔。たまさんパパは深夜出勤で不在だった。パパに電話するも繋がらない。仕方ないのでとりあえずメールで連絡して、軽く食事を済ませてシャワーを浴びることにする。陣痛が来たからといってそんなすぐに生まれるものではないと分かっているので、たまさんママは落ち着いている。この辺りは経産婦の余裕だろうか。それでも合間に襲ってくる陣痛はやっぱり痛いのに変わりない。
 入院する頃には6時半になっていた。たまさんママは夫の立ち会い出産を希望していたが、まだ出産には時間がかかるからということで、パパは一旦自宅へ。その後分娩室へ案内され、2時間ほど一人で陣痛に耐えた。この時、話し相手としてたまさんパパがいてくれたら、気が紛れてどんなに楽だったかと思う。この時間は随分長く感じた。ところが途中で美木良介の「ロングブレス」ダイエットを思い出したものだから、内心笑いが止まらないたまさんママ(出産の際は陣痛の痛みを逃がすために、長く息を吐くように助産師さんから指導されます)。陣痛の最中にこんなことを考えるなんて、自分がおかしくて仕方がない。
 そうこうするうちに陣痛が2分間隔になり、「そろそろご主人を呼びましょう」と言っている内に破水して、あっという間に赤ちゃんが生まれてしまった。
 たまさんパパ、立ち会い出産に間に合わず……。
 まあ、それは残念だったが、ひとつ良かったのは、今回は眼鏡をかけたままだったたまさんママが、しっかり赤ちゃんの誕生する場面を見れたこと。本当に感動しました。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

待ち遠しいけれど悩ましい(臨月)

2011年12月25日記

 12月19日に「いつ生まれてもおかしくない状態」と産婦人科で言われたたまさんママ。そろそろかな?まだかな?と思いながら毎日を過ごしますが、意外に本格的な陣痛はやってこず、クリスマスの日を迎えました。24、25日になると逆に「誕生日とクリスマスが重なるのはちょっと可哀相かな」なんてことも考えたりして悩ましいですね。自分の経験から24日に友達を捕まえるのが難しいこともあるだろうなあとか、大人になって人恋しさが倍増する日になったりしたら寂しいかなとか、生まれてくる赤ちゃんのために色々考えてしまうわけです。
 そんなことを言っていたら、年末年始も友達とは集まりにくい日には違いないわけです。逆に家族や親戚にはいっぱい祝ってもらえるいい誕生日なのかもしれないですし、出産日を思い通りにできない限り、悩んでも仕方ないことなんですが、そこは複雑な親心。しかし色々考えても、結局は無事に元気な赤ちゃんが生まれてくれればそれでいい。そういう結論に至ります。
 お腹の赤ちゃんは姉であるたまさんが生まれた時の体重を既に超え、順調に育っています。一度目の妊娠では経験しなかったようなお腹の重みと、時々動く赤ちゃんの存在感の大きさにびっくりすることも多いです。大きな赤ちゃんは産むのが大変だと言われますから、今回はたまさんのときより大変なお産になるかもしれませんが、頑張ります。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

いつ生まれてもおかしくない(臨月37週)

2011年12月20日記

 18日に下腹部に微かな痛みを感じたたまさんママ。「陣痛の始まりかな?」と思ったものの、その不規則な痛みは落ち着いてしまいました。翌日が丁度週一回の妊婦健診の日に当たっていたので、普通に健診を受けることにします。赤ちゃんの頭がもう骨盤内に下がってきていて、状態としてはいつ生まれてもおかしくないと先生に言われました。前日の痛みはもしかしたら前駆陣痛かもしれないという話です。お腹の赤ちゃんが生まれる予行練習をしたのかな?前回あんまりのんびりしていたママだから、「そろそろだよ」と親切な赤ちゃんが知らせてくれたのかもしれないですね。
 一週間前に比べて赤ちゃんは300gも大きくなっていました。予定日までの一ヶ月で1kgも大きくなるという赤ちゃん。最後の数週間は赤ちゃんがより健康的に太って生まれるためにとっても重要な期間。もう低体重児で生まれる心配はなさそうですが、標準の3000gを目指して、もうしばらくお腹の中にいてくれたらいいなあと思います。
 先生の話によると、二人目も一人目の時と同じくらいの時期に生まれることが多いそうです。「だとしたら出産予定日である40週(1月5日)ではなく、12月22日くらいになるかもしれませんね」と言われて思わず笑ってしまいました。その日が「僕の誕生日に孫を産んでね」と言っていた父の、まさにその誕生日だったからです。
 でも、お腹の痛みも落ち着いてしまったし、どうかな?22日に産めなくても怒らないでね、お父さん(笑)。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

陣痛の始まりってどんな?(臨月)

2011年12月18日記

 予定日まで20日を切り、現在37週のたまさんママ。37~41週を正期産といい、いつお産してもいい状態になります。それより早いと早産となり、赤ちゃんが小さいので少し心配です。思えばたまさんを産んだのは37週の頃でした。いよいよいつ生まれてもおかしくない時期に入ったのだと気持ちがそわそわします。
 ところでここ数日、お腹が張りっぱなしで重苦しい感じが続いています。妊娠9ヵ月の頃までは、少し横になれば硬く張ったお腹が柔らかく戻ったのですが、最近は横になっても張りっぱなしです。料理を作ったり、掃除機をかけるのも一苦労。時々休憩しながら時間をかけてやるように気を付けています。
 そしてまた、新しい変化が起きました。昨夜遅くから、時々下腹部が痛みます。意識していないと見逃してしまうような微かな痛みですが、不規則に間隔を空けて、思い出したように痛むのです。思い返せばたまさんを出産した前日、似たような感覚を経験しました。「陣痛がこんなに軽いはずはないからまさか違うだろう」とのんきに構えていたたまさんママ。痛みに気付きながらも、昼間2kmほど散歩しました。その後もなんか時々お腹が痛むなあ?と思いながらも普段通り過ごし、夜中に激痛で眠れなくなって病院へ駆け込んだのを思い出します。
 個人差もあるでしょうが、陣痛の始まりは本当に微かな痛みからスタートするので分かりにくいです。不規則な痛みが繰り返されずに落ち着いてしまうこともあるので、現在時々来ている痛みの波が陣痛の始まりなのか、正直たまさんママには判断できません。
 あまり早く病院に行っても帰されては無駄足なので、もう少し様子を見ようと思います。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

たまさんに分かるように説明してみよう(2歳1ヵ月・臨月ママ)

2011年12月10日記

 たまさんパパの帰宅が遅い日は、ママと一緒にお風呂に入るたまさん。湯船の中でど~んと突き出たママのお腹を見て何を思っているのだろう?
 2歳1ヵ月のたまさんは単語は喋るが、まだ2語続けて喋ることは稀だ。ママやパパとの会話も簡単なものに限られる。だからたまさんが赤ちゃんについてどの程度分かっているのか判断するのは難しい。本当は赤ちゃんが生まれたとき、たまさんに感想を聞いてみたいと思っていたのだけれど、果たして聞けるだろうか?
 よし。たまさんに分かるように頑張って説明してみよう。そう思ったたまさんママ。お風呂の中で身振り手振り、話しかけてみる。まず、お腹を叩いて「あーちゃん(赤ちゃん)」。するとたまさんもママのお腹を触って「あーちゃん」。「もうすぐあーちゃんがいないいないばあ、するんだよ」「?」「そしたらたまさんは、あーちゃんみーつけた、ってやるんだよ」。首を傾げるたまさん。う~ん。このくらいの説明が精一杯だなあ。
 家でママがたまさんを抱っこして座っているときも、夜一緒にくっついて眠るときも、お腹の赤ちゃんはポコポコお腹を蹴っている。くっついているたまさんにはその振動が伝わるはずだが、一向に動じる様子もないたまさん。たまさん、君はお腹の赤ちゃんに蹴られているんだよ。気にならない?
 しかし、頻繁にお腹を蹴っていたその赤ちゃんも、臨月に入って少し大人しくなったようだ。いよいよ赤ちゃんの頭が骨盤の中に下りてきたのかな?ここ2、3日お腹が張りっぱなして、横になってもなかなか治らない。体調の変化が目立ち、いよいよ出産が近いのだと実感する。
 でもまだ予定日には三週間以上あるから、もうちょっと待って欲しいな。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

臨月になりました

2011年12月8日記

 たまさんママ、今日からついに臨月(36週)に入ります。たまさんママ本人は二人目の出産ということもあっておっとりマイペースに過ごしていたのですが、実家の父母や義母がそわそわした様子を見せ始め、何だかこちらまで浮き足立つようです。入院中は義母にたまさんを預け、退院後は実家に1ヶ月ほど里帰りする予定なので、双方の家に非日常を持ち込むことになります。どちらの家でも孫と過ごす時間を楽しみにしてくれているので、遠慮なく甘えることにしています。
 のんびり構えすぎていたかなと反省して、今日は里帰りの荷物などを少し確認しました。入院と同時にたまさんを夫の実家に1週間ほど預けることになるので、その準備も必要です。普段使っているものをひとつにまとめるだけなので、すぐに準備できるだろうと放っておいたのですが、義母の言うように陣痛が始まってから準備すると大変かもしれないので、今のうちに可能な限りまとめておこうと思い直しました。
 いつ始まるか分からない陣痛。夫も義母もたまさんママが産気づき次第仕事を休むと言ってくれていて、とても有り難いことだと思います。
 たまさんは夫の実家で1週間、どんな風に過ごすのかな?里帰りの1ヶ月は赤ちゃんも迎えて賑やかになるけれど、たまさんは元気に遊んでくれるかな?たまさんの祖父母の皆さんには大変お世話になりますが、どうぞ孫達をよろしくお願いします。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

出産入院準備(妊娠9ヵ月)

2011年12月5日記

 妊娠35週を迎え、産院から入院準備の案内があった。たまさんママは二度目の出産なので大体のことは分かっている。そのつもりで案内を聴いていたら、たまさんを産んだ前回の病院とは随分違いがあるようなので驚いた。
 今回の病院では基本的に完全母乳で、赤ちゃんに異常がない限りミルクは一切与えない方針だという。また、完全に母子同室で、赤ちゃんに異常がない限り病院側で預かることはない。そして入院中は布オムツを使用する。これも最近の病院では珍しいのではあるまいか。
 前回の病院では希望すれば受付で簡単にミルクを渡してくれたし、むしろ母乳の出が悪ければ積極的にミルクを飲ませるように勧められたと記憶している。母親が体調不良の場合や赤ちゃんの体調が心配というときには、夜、病院側に預けることもできたし、昼間でもちょっとした用事のときに預ける人は多かった。
 比較すると前回の病院の方が母親に優しく、今回の病院の方が母親に厳しい方針とも言えるかもしれない。しかし良し悪しの判断は個人によって分かれるだろう。気になる方は病院選びの際に病院の方針を早めに訊いておくといいと思う。
 たまさんママはもともと完全母乳・母子同室が希望だったので望むところだ。出産は二人目なので、入院中の赤ちゃんの世話に関してはそれほど不安はない。しかし思い返せば、一人目をサポート体制のしっかりしている病院で産めたのは良かったかもしれない。赤ちゃんの世話の仕方が全く分からない新米ママだったら、今回の病院では気合を入れなければ辛いかもしれない。
 赤ちゃんが生まれたら少なくとも数ヶ月は忙殺され、寝不足の日々が続く。たまさんママも頑張らなくては。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

出産準備(臨月)

 この記事を書いているのは11月末です。出産予定日は1月5日なので、12月22日現在、まだ赤ちゃんは生まれていない予定ですが、どうでしょうね?思い返せばたまさんの出産は予定より半月早かったので、今回も半月早ければ今日生まれることになるわけです。
 実は今日はじいじの誕生日。じいじは「孫を今日産んでね」なんて前々から言っていました(冗談だよね?)。臨月のたまさんママが前日に無理して動き回れば、じいじの誕生日に孫の誕生日を一致させる確率もぐんと上がることと思います。しかし破水すると凄く痛いと聞くので、ここは自然に任せることにしましょう。

 さて、出産予定日が近づいてきましたので、しばらくの間ブログ『たまさんの新米ママ』の更新を休ませていただきます。入院や里帰りで更新が難しくなりますが、出産報告だけは折を見てできたらいいなと思っています。
 出産が年末年始と重なることも十分に考えられますので、今年は特別なお正月になりそうです。場合によっては産院で年越しもあるかもしれませんね。
 少し早いですが、メリークリスマス!
 皆さん、良いお年をお迎えください。


FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示