FC2ブログ

猫アレルギー!?(たまちゃん2歳)

よくあることだが、先日、たま姉妹が2人とも風邪を引いた。
風邪は良いとして、次女の湿疹が悪化したのには頭を悩ませた。牛乳アレルギーということで乳製品は避けているはずなのに、何故こんなに湿疹が悪化するのだろう。

風邪を診てもらうついでに、アレルギーの血液検査も受けてみることにする。33種類の項目について結果が分かるという。
後日結果を聞きに行ったら意外なことが分かった。「ネコ皮屑」アレルギーがクラス4ということで、他の何よりも数値が異常に高い。他に卵白やピーナッツにも少しアレルギーがあるらしい。先日貰った風邪薬は卵白アレルギーだと使えないそうなので、もう飲ませないことにする。

それにしても猫アレルギー……。実家では猫を飼っているけれど、今まで特に何か問題があったようには思えない。その猫は子供を嫌って逃げ回るので、次女が直接触れたことはなかった。
でも、たまちゃんの安全のために、猫には触らない方が良さそうだ。

風邪を引いていると、胃腸が弱るのか普段より過敏にアレルギー症状が出るらしい。
良くなったり悪くなったり繰り返しながら、たまちゃんのアレルギーとの付き合いは続く。
スポンサーサイト



食物アレルギー(皮膚接触)に注意(1歳5ヵ月)

 牛乳アレルギーがクラス2のたまちゃん。今では乳成分入りの食パンやビスケットは食べても大丈夫になりました。ドーナツも、少量なら大丈夫な様子。
 牛乳は加熱しても発酵しても、アレルゲンの力はほとんど落ちないと言われています(子どもの食物アレルギー~牛乳を除去する上で注意すべきこと~)。そのため、これ以上試しに食べさせるとしたら、何を食べさせたものか悩ましいところです。今度小児科に行ったときにまた相談してみようと思います。
 ちなみに、牛乳入りのシチューを小さじスプーン一杯食べさせてみたら、かゆがって湿疹が出たので、まだ駄目なようです(注:症状の重い牛乳アレルギーのお子さんには絶対試さないで下さい)。同様にチーズも、少量でも駄目でした。まだまだ、ゆっくりゆっくり、進めていくべきだと思われます。

 牛乳アレルギーの子を育てるようになって最も驚いたのは、乳製品に触れることでも皮膚に炎症が起きるということです(接触による食物アレルギーから子どもを守るには?)。食べることだけ注意していてはトラブルは防げません。例えば牛乳をこぼしたら、牛乳に触れた皮膚が赤く炎症してしまいます。チーズ入りのピザを食べた手でたまちゃんを触ると、皮膚が赤くなってかきむしり始めます。牛乳を飲んだ口でほっぺにチューしたら、きっと、ほっぺがかゆくなるはず。
 こういうことが判明してから、乳製品を食べた後は手を洗うなど、対策を取るようになりました。うっかり、たまちゃんに辛い思いをさせないよう、今後も気をつけていきたいです。 


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
ありがとうございました。

おすすめの絵本
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
子育て情報
カテゴリ
ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示