FC2ブログ

たまちゃんの癇癪(1歳5ヵ月)

 「魔の2歳児」という言葉が懐かしい今日この頃。
 今、長女のたまさんは3歳7ヵ月。思えば彼女の癇癪が最も酷くて大変だったのが2歳前後。丁度次女を出産する時期に重なったので、癇癪も2倍になったように記憶している。

 さて、そんな年齢に近付きつつある次女たまちゃん。これまでなんでも素直に言うことを聞いていたものが、だんだん反抗する素振りが増えてきた。
 例えば、お風呂上りに素直に服を着ない。無理に着せようとすると嫌がって自分で脱いでしまう。どうやら、裸が好きだったり、自分で服を着たかったり、彼女なりの理由があるらしい。ママが困った顔をしていると、なんだか喜んでいるような、面白がっているような顔をしてこちらを見る。
 お姉ちゃんと同じ物を欲しがったりして泣くことも増えてきた。代用品では納得できず、機嫌を損ねたままグズグズやっていることもしばしばだ。こんなことは少し前までは見られなかった。
 ベランダから物を落とさないように注意したら、「もう!いらない!」と手に持っていたおもちゃを投げつけるたまちゃん。おお~。ついに君もそんなことを言い始めたか。
 2人目の子育てなので、心に余裕のあるたまさんママ。長女の2歳の頃に比べたらまだまだ、たまちゃんは可愛いものだ。内心、たまちゃんの心の成長をちょっと面白がってしまう自分もいるが、それを顔に出すのは我慢して、真面目な顔で注意するのでした。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
ありがとうございました。

癇癪の始まり(妹たまちゃん1歳)

 これまでおっとりした性格だと思っていた次女だが、ここに来て新たな変化が表れ始めた。
 例えば、これまでおもちゃをお姉ちゃんに奪われてもあまり文句も言わなかったたまちゃんが、この頃は明らかに苦情と思しき大声を上げる。ご飯を食べるときも箸やスプーンを自分で使いたがるのだが上手くいかない。こぼしたり危なかったりで制止するとまた癇癪だ。
 ブロック二つを組み合わせようとして、うまくいかないとギャアギャア大騒ぎするたまちゃん。最初はその声を聞いて何事かと驚いたたまさんママだが、今では気にせず放っておく。たまちゃんは自力で何とかしようと頑張っているのだから、ママは手伝わない方がいい。そのうち、ブロックがくっついて「ほお~」という嬉しそうな声が聞こえてくる。

 これまで素直に何でも言うことを聞いていたたまちゃんに自我が芽生え、何でも自分でやりたいという意欲が出てきたのだ。「魔の2歳児」が近付いてきたということだろう。姉のたまさんも同じように癇癪ばかり起こしていた時期があったので、ついに次女にもその時期がやってきたかと感慨深い。精神の成長を嬉しく思う一方、これからしばらく大変だと観念するたまさんママ。あれ?そういえば姉のたまさんは、いつの間にか癇癪を起さなくなったなあと、長女の成長にも気づくのでした。
 そして今日も、姉妹でおもちゃの奪い合い。引っ張り合いの時間がだんだん長くなってるね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

平仮名の読み(2歳6ヵ月)

 ばあばから「あいうえお」のカードやボードをいただいた。まだ2歳だし、ちょっと早いかなと当初は思っていたのだが、たまさんは面白がってどんどん覚えていく。あんぱんの「あ!」、犬の「い!」。たまさんが大声で読み上げるので、それに反応してパパやママは復唱しなければならない。反応が返ってこないとたまさんはどんどん大きな声を張り上げるから要注意。ぼ~っとしているとたまさんの絶叫にびっくりすることになる。

 今ではほとんどの平仮名を覚えてしまい、最近では簡単な絵本などは自分で読もうとするから驚いている。ただ、たまさんがよく読み間違える平仮名があって、それは「き」と「さ」、「め」と「ぬ」などだ。ああ、こんな文字が子供にとっては紛らわしいんだな、と親としては興味深い。どこに注意して教えればよいかも分かってくる。

 たまさんは平仮名の一字一字が連なってひとつの単語になることを理解し始めたらしく、指差しながら一字ずつゆっくり読み上げていた文字がひとつの意味を成すと、感嘆したような声を上げることがある。嬉しそうにその単語を連呼し、また次の文字を読み始める。たまさんは会話はゆっくりなのに、文字を覚えるのは早そうだ。遊び感覚でどんどん吸収していく。たまさんが楽しそうなので、平仮名が読みやすい絵本を図書館で借りることが増えた。

 こんなことも脳の刺激になったのか、遅れていた言葉も次々口から出始め、たまさんとのコミュニケーションがどんどん取りやすくなっている。安心して、たまさんの成長を見守りたいと思う今日この頃。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。 

着替えが上手に(2歳0ヵ月)

 お風呂上りのたまさんに服を準備して、「ほら、パンツ履いて」などと誘っても素直に着てくれることは少ない。無理に着せると嫌がるので、室内がそれほど寒くないときはしばらく様子を見るようにしている。たまさんがすぐ分かるところにパンツやズボン、シャツを並べて「ここ置いておくから着てね?」と言っておく。すると自分から進んで着始めるから不思議だ。

 ママがキッチンから戻ってくると、パンツとズボンは既に自分できちんと履いていた。だが上のシャツが気に入らなかったのか、自分でタンスのところへ行って別のシャツを引っ張り出している。猫の絵が胸に刺繍された赤い服だ。「ここ?ここ?(頭を入れる場所はココでいいのか?の意味)」と言いながら服を頭から被り、上手に腕を通してお着替え終了。と思ったら、更にズボンを引っ張り出して重ね着しようとする。いやいや、もう履いてるし、と思ったが、やめさせると癇癪を起こすので好きにさせることにする。今度はジャージを引っ張り出して「ちょっと暑くないか?」と心配になるほど着膨れていくたまさん。しかし、本人は満足げな様子。まあ、暑かったら自分で脱ぐよね?

 先日はあるテレビ番組で靴下を作る工場の様子が流れ、それを見たたまさんはタンスから靴下を持ってきて履いたり脱いだり忙しかった。また別の日のこと、児童館へ行って帰宅し、しばらくしてたまさんが靴下を履いていないことに気付いた。いつも自分で靴と靴下を脱ぐたまさん。靴下は玄関に落ちていることが多いので探したのだが見つからない。まさか児童館で脱いだ?忘れてきたのかな。困ったなあとパパと話していたが、たまさんをお風呂に入れる際にタンスを開けたら、たまさんの汚れた靴下がきちんと仕舞い込まれていて笑ってしまった。どうやらたまさんは、玄関で脱いだ靴下を元の場所に「ナイナイ」したらしい。靴下が見つかって良かったね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

何でも自分で!(1歳11ヵ月)

 最近のたまさんは何でも自分でやりたがる。自分でやるつもりだったことをママが先にしてしまうと、途端に機嫌が悪くなる。例えば着替え。Tシャツを頭から被せたら猛然と首を振って拒否された。一旦脱ぎ、それからもう一度自分で被り直すたまさん。前後が逆でも訂正を嫌がるので、在宅の予定なら敢えてそのままにして「できたね」と褒めることにしている。

 次に洗濯物干し。こちらが何も言わないのに、たまさんは洗濯物を干す手伝いをするのが自分の役目だと自負しているらしい。たまさんが遊んでいるうちにさっさと干し終わったら、それに気付いたたまさんに猛然と怒られた。なんでだ。腑に落ちないたまさんママ。折角干した洗濯物を数枚カゴに戻し、たまさんに改めて取ってもらうと漸く機嫌が直った。洗濯カゴを洗面所に戻すのもたまさんの役目。これもたまさんママが自分で戻すと怒られることが多いので用心だ。

 パズルを手渡されたのではめて欲しいのかと思ってはめたら、自分でもう一度外してやり直すたまさん。自分でやりたいのか、やりたくないのか?コップに氷を入れて手渡したら、コップに手を突っ込んで一旦氷を取り出し、再び投入するたまさん。やめてくれ。

 先日、犬のおもちゃの乾電池が何かの拍子に外れたので、拾ってはめ直したら不本意にも号泣された。自分ではめたかったの?仕方がないのでもう一度外して乾電池を手渡したが機嫌が直らない。自分ではめようにもたまさんには難しい様子。しかし、ママが手伝おうとするとたまさんは完全拒否。おもちゃと乾電池を物凄い力で握り締めて離さない。困った子だね~。納得するまで一人で頑張ってみなさい。たまさんの行動は矛盾していて、わんわん泣きながらおもちゃをママのところに持ってくるものの、ママが受け取ろうとすると奪い取るようにして渡さない。それでも自分で乾電池ははめられないので、それを繰り返すのだが、顔は涙と鼻水でぐちゃぐちゃだ。

 ついに諦めたのかママに抱きついてきたので、抱っこして歌っていたらすぐに寝入ってしまった。ひっくひっくとすすり泣く声。布団に下ろすと電池が二つ、たまさんの手から転がり落ちた。子供だねえ。自立心の芽生えには苦労させられるけれど、やっぱり子供の寝顔は可愛いね。 


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

イヤイヤ期到来?(1歳10ヵ月)

 卒乳してお姉さんになったのも束の間、今度は本格的なイヤイヤ期の到来かもしれない。

 ますます自己主張が激しくなるたまさん。お散歩は一日2回が彼女の理想らしい。昼間に一回、夕方に一回出掛けたがる。ところがたまさんママもそう頻繁にお散歩には出掛けられない。家事や用事に手を取られることもあるし、体調のこともある。玄関から靴を持ってきてワアワア言うたまさん。ふう~。大きな溜息とともに根負けして出掛けることが多いが、これまた納得するまで遊ばせるのが難しい。たまさんは体力の塊、たまさんママは身重の妊婦だ。

 外出先で遊びを中断されることもたまさんは嫌う。砂遊びをしていて、ちょっと通行人の邪魔になりそうだからと抱きかかえたら大泣きされる。スーパーでアイスクリームを手に取り、すぐに食べたいと騒ぎ出すたまさん。レジで買うまで宥めるのが大変だ。パパと出掛けるときは自転車でないと納得しない。

 ママとしては、たまさんが騒ぎ出す度に別の遊びで気を逸らしたり、誤魔化すのがだんだん上手くなるようだ。「(子供は)思い通りにいかないもの」と言っていたじいじの言葉を思い出す。どうしても納得しないたまさんに大泣きされるときは、自分が子供の頃兄弟喧嘩をしたときのことを思い出す。あれも思い通りにいかなかった記憶だからだろうか。

 たまさんはママに対して一番わがままで甘えん坊だ。じいじ・ばあばと外出するときはいい子にしているし、パパが怒ると言うことを聞くが、ママだと泣き続けるのは何故だい?ママは泣けば言うことを聞いてくれると思っているね?

 今後のことも考えて、たまさんへの接し方をあれこれ悩み始めた今日この頃。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

言葉はあんまり喋らないけれど(1歳9ヵ月)

 たまさん、1歳9ヵ月。いろんな単語を口にするようになった。曰く、「こ~んは(こんにちは)」、「ゴーゴー♪(お出掛けする際のGo! Go!)」、「ごちそーた!(ごちそうさま)」など。家族に対しては「パパ」「ママ」はもちろん、「じいじ」「ばあば」「あかちゃん」も言えるようになった。食いしん坊なので食べ物は得意で「マンマ」「ぶどう」に加えて「バナナジュース」なんて難しい言葉も覚えた。

 こうして数え上げれば切りがないほど思いつくのでこれ以上は挙げないが、ほとんどは単語で、未だ「主語+熟語」のレベルでは話せない。しかし、自分では話さないけれど、こちらが言っていることはかなり理解できているようで、「これ、チリ箱にポイして来て」と言えばゴミをチリ箱に捨ててくれるし、「そこ閉めて」と言えばドアをバタンと閉めてくれる。

 ママが洗濯物を干すときには毎回手伝ってくれるたまさん。「はいどうぞ~」と言いながらカゴから洗濯物を取って手渡してくれる。全部干し終わったとき、試しに「このカゴ、洗面所に持っていって」と洗濯カゴをたまさんに手渡してみた。すると大きなカゴを一生懸命運び、部屋を横断してキッチンを通り、ちゃんと洗面所の元の場所に戻したではないか。こちらの言っていることをしっかり理解している証拠だ。

 まあ、「散歩に行く?」と訊いたときのたまさんのテンションの上がり具合から、言葉を理解しているのはよく見て取れる。たまさんの頭脳にインプットされた言葉が文章となって流れ出すのはいつのことかな?待ち遠しい限りだ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

児童館②(1歳5ヵ月)

 前回からの続きです。ロディ(お馬さんの乗り物)から降りたたまさん、今度は滑り台へ。子供が入れるくらいの小さな入り口を潜って、ジャングルジムを上っていく。ジャングルジムといっても幅の広い階段のようになっているので、ハイハイの格好でよいしょ、よいしょと頑張るたまさん。見守るたまさんママ。ママの肩の高さくらいの頂上に辿り着いて満足げなたまさん。

 さて、次は滑り台だ。しかし、怖がってなかなか滑ろうとしない。たまさんママが補助して滑らせようとしたが、ん?全然前に進まないぞ?よく見ると、その日は靴下を履いていなかったたまさん。足の指を一生懸命突っ張って、磁石のように足の裏が離れなくなっている。思わず笑うたまさんママ。そんなに怖いなら仕方がない。抱っこで下ろすと、今度は下から滑り台の斜面を登ろうとするたまさん。滑り台は好きなんだよね。そのうち自分で滑れるようになるといいね。

 その後、小学生の女の子達が児童館に入ってきて、カウンターで色々借りて遊び始めた。新しい仲間が増えて喜ぶたまさん。君は、基本的に子供は怖がらないよね。遊び相手だと思っているんだろうな。その中にホッピングを使って遊ぶ女の子がいて、たまさんはぴょんぴょん跳ねる女の子をびっくりした顔でしばらくじっと眺めている。と思ったら、自分もその場でぴょんぴょん跳ね始めた。あの女の子の真似だね?もう一人のママさんもそれに気付いて笑い出した。ホッピングはまだ君には早いな。

 でも、そのうちたまさんも、あの女の子くらいに大きくなると思うと感慨深いね。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

おすすめの絵本
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
子育て情報
カテゴリ
ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示