FC2ブログ

「トッポンチーノ」って何?

新聞で「トッポンチーノ」というものを初めて知った。

イタリア発祥で、赤ちゃん用の小さなお布団を指すらしい。形状は様々だが、私が見たものは楕円形でクッション性があり、ふかふかの気持ち良さそうなものだった。

赤ちゃんを「トッポンチーノ」ごと抱っこすると安定して抱きやすく、誰かに手渡すときも楽ちんなのだとか。いいなあ、これ。

思い出すのは長女が赤ちゃんのとき。少しの物音にも敏感に反応して大泣きする。長時間抱っこして寝かしつけたと思ったら、お布団に置いた途端「背中スイッチ」が作動して目を覚ましオギャー!!舅に手渡すと人見知りして号泣……。どれだけ大変な思いをしたことか。

あのとき、この「トッポンチーノ」があれば随分助かったのではないか。新聞記事を読みながらそんなことを思った。

赤ちゃんが生まれたときから使う「トッポンチーノ」には、赤ちゃんと母親の匂いが染み込んで、赤ちゃんの安心アイテムに変身するらしい。ベッドに置くときもお布団(トッポンチーノ)ごとなので、温度差にびっくりして目を覚ますことも少ないだろう。

自分の時には間に合わなかったけれど、わが娘(小学生)が孫を産むときにはプレゼントしてあげようかな。

……ちょっと気が早い話(笑)。


スポンサーサイト



母乳のこと

※たまさんママ、随分体調が回復しました。心配してコメントしてくださった皆様、本当にありがとうございました。予約投稿ですが、今週からブログを再開します。時々ブログが休止状態になってしまい、その間訪問してくださった皆様には申し訳ありませんでした。これからも努力目標ですが、好きな文章を定期的にアップしていきたいと思っています。どうぞこれからもよろしくお願いします。
以下、通常のブログです。

『母乳のこと』

 以前、第一子のたまさんは母乳とミルクの混合で育てたことを書いた。ママの母乳不足でたまさんの体重が増えず、産院からミルクを追加するように勧められたからだった。当初、完全母乳を目指していたたまさんママにとっては大きな挫折で、一人目の慣れない育児の中、随分落ち込んだものだ。

 さて、二人目の出産で、今度はどうか。一人目のときと違って二人目ということもあり、あれこれ育児について神経質に悩まなくなっていたたまさんママ。母乳が足りるならできるだけ母乳で育てたいが、無理なら仕方ない。それくらいの気持ちでいた。
 そして結果は?今たまちゃんは生後2ヵ月になるが、母乳は今のところ余るほど出ている。たまちゃんは1ヶ月健診で体重4500g。十分な大きさだ。第一子の時にはいろんな乳房トラブルに悩まされたが、今回は驚くほどスムーズで問題ない。赤ちゃんが生後1ヵ月になる頃には、搾乳して母乳の量を調整しなくても大丈夫になった。

 ミルクを購入し、作ったミルクを冷まし、飲み終わったら哺乳瓶を消毒し……という労力が全くなく、外出時の準備の負担も少ない。完全母乳って、なんて楽なんだろうと実感するたまさんママ(勿論これは乳腺炎やその他のトラブルがなく、授乳が上手くいっているケースの話ですが)。

 今回母乳育児が上手くいっているのは、第一子のときトラブル続きの母乳育児を頑張った結果だと思います。きっとたまさんが、次の子のために飲みやすいおっぱいにしてくれたんだと感謝です。
 ありがとう、たまさん。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。
 

予防接種(1歳7ヵ月)

 たまさんに三種混合の予防接種をしてもらった。注射は久しぶりだったので、痛がってわんわん泣くたまさん。ママにひしと抱きついて離れない。痛かったね~と頭をなでなでしながら診察室を出たら、「痛かった~」と喋るたまさん。あれ、急に言葉を覚えたね。痛みが強烈だったせいかな。本当に痛そうな声色なので笑ってしまった。

 その小児科には子供が遊ぶキッズコーナーがあるので、ボールやおままごとセット、お絵描きセットを使って待ち時間を楽しんだたまさん。注射のとき大騒ぎしたのをけろっと忘れて元気に遊び回っていた。

 次の予防接種の予定を相談したのだが、次回は今問題となっているヒブと肺炎球菌の予定で、少し困惑している。たまさんは既に有料でそれぞれ2回ずつ予防接種を受けているので問題はないと思うが、次回は両方の予防接種を一度に受けるのはやめ、1種類ずつ時期をずらして受けようかと思う。やはり子供の髄膜炎は怖いし、対策できるものならしたい。それなら、たまさんの身体になるべく負担の少ない形で受けさせてあげたいと思う。

 毎回子供の予防接種は副作用のことで心配し、それでも大病を避けるために受けさせる決心をするのだが、結局いつも不安は消えない。子供の健康ためにと願い、祈るパパやママ、そして子供たちのために、予防接種の安全性が高まることを祈るばかりだ。
 

↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking
いつもありがとうございます。

食わず嫌い(1歳5ヵ月)

 たまさんは離乳食を始めてかなり長い間、酸味のある食べ物が苦手だった。みかんや苺、トマトも苦手で、好奇心で口にはするけれど、結局ほとんど食べなかった。キノコ類も苦手で、こちらは弾力があって噛み切りにくいのか、ガジガジ噛んだ挙句、ペッと吐き出していた。刻んであげると食べることは食べるが、あまり好きではない様子。そんなこんなで、これらの食べ物をたまさんの食卓に並べない期間があった。

 たまさんパパやたまさんママは好き嫌いがほとんどないので、たまさんが食べなくてもこれらの食べ物は食卓に並ぶ。ある時たまさんが苺を欲しいと言い出して、「どうせ食べないでしょ?」と思いながらも手渡してみたら、食べるではないか。酸っぱい顔もせずにモリモリ食べる。みかんやトマトもいつの間にか平気になっていて、むしろたまさんの好物へと変化していたからびっくりだ。味覚が変わったのだろうか?キノコの中でも椎茸はまだ無理だが、シメジは刻まなくても食べられるようになっていて、パクパク食べる。以前食べなかったからずっと食べないかと思ったら大間違いだ。たまさんママは反省した。これからは苦手だったものも積極的に食卓に並べよう。取り合えずあれこれ食べさせてみよう。

 すると、思いの外たまさんは大人の味覚を持っていることが判明。酢の物のきゅうり、キャベツのマリネ、ラッキョウ漬けに、果ては梅干まで食べるではないか。
 酸っぱいものに目覚めたんだね、たまさん。1歳児とは思えない好みだよ。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
  にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 

FC2Blog Ranking

予防接種(~7ヵ月児)

 予防接種が色々あることは知っていたが、赤ちゃんを生んでみて改めて、こんなにたくさんあるのか、と思う。定期接種のBCGやポリオは良いとして、任意接種の多さには目眩がする。健診の際ある程度説明してくれるが、詳細は自分で調べるしかない。受けさせるべきか、否か。最近ではヒブや肺炎球菌で頭を悩ませている。数万円かかる費用の面も悩ましい。副作用が問題となることもあるので、心配だ。

 たまさんの予防接種と健診に行ってきた。健診に来ている赤ちゃんがたくさんいて、たまさんは終始ニコニコしていた。自分と同年代の赤ちゃんがいると、何だか楽しくなるらしい。赤ちゃん同士で目を合わせて笑い合うのも見ていてとても可愛らしい。一歳の男の子からキリンのぬいぐるみを手渡されて、ご機嫌のたまさんなのであった。
おすすめの絵本
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
子育て情報
カテゴリ
ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示