やった!おっぱいを卒業(たまちゃん1歳7ヵ月)

断乳初日は絶叫し続けたたまちゃん。移動中の車の中では爆睡。2日目も泣いていたが、ビリビリ響いて耳が痛くなるような大音声ではなくなった。それでもまだ、絶叫がちょっと減ったかな程度で、パパもママも寝不足なのは変わらない。お盆で連休中だったパパがたまちゃんをなだめてくれたので本当にありがたかった。

断乳3日目。おっぱいを欲しがってママの服をめくろうとするたまちゃん。ダメだと言うと、一声泣いていじけたように布団の上をゴロゴロ。あまり大声で泣くこともなく、ほとんど諦めた様子。夜中何度か起きて泣くが、パパが目を覚ますほどではない。

断乳4日目。ほとんど泣くことがなくなった。ただ、夜中に1、2度起きて「イヤー! イヤー!」と大声を出す。しかしそのうち、自然とママに抱きついて眠ってくれる。

断乳5日目。初めて、パパ抱っこで眠ってくれた。

 以上、これで卒乳できたと言えるだろう。
 たまちゃんは卒乳して、もともとよく食べる子だったが、驚くほどの食欲を見せるようになった。そんなに食べて大丈夫なの?と逆に心配してしまうほどだ。
 正直、スズメバチに刺されて授乳を禁止されなかったら、まだズルズルと卒乳を先延ばししていたと思う。娘が泣いているのを見ると、可愛そうでついあげてしまっていたから。これも怪我の功名と言えるのかな?
 今回は本当にいろいろあって、大変でした。
 頑張ったたまちゃんを褒めてあげたいと思います。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
ありがとうございました。

スポンサーサイト

断乳するしかない!(たまちゃん1歳7ヵ月)

 さて、スズメバチに刺されたたまさんママ。点滴に使った薬の影響があるからと、授乳を2~3日禁止されてしまった。それを聞いたたまさんパパの、「うわあ…」と引いた顔。そうだよねえ。
 たまちゃんはこのとき1歳7ヵ月。実は1ヵ月前に一度断乳しようとして失敗していた。体力があって平均よりも大きいたまちゃん。ちょっとやそっとではおっぱいを諦めない。一晩中絶叫して泣き続けるので、家族全員眠れなくなるのだ。それでも頑張って、授乳はお昼寝と夜寝るときだけになってはいたのだが……。

 まさか、親戚のおうちに泊まる日に、断乳を決行することになるとは。
 案の定、すさまじい勢いで家中に響き渡る泣き声。ママの胸元をつかみ、「パイ! パイ~!!」と絶叫するたまちゃん。うわ~。これじゃみんな眠れないよ。親戚のおじさま、おばさま、おじい様が次々となだめて下さるが、たまちゃんは泣き止まない。ギャオー!何だかゴジラが火を噴くシーンを思い出すたまさんママ。

 本当は早朝出発予定だったのだが、あまりに睡眠妨害なたまちゃんのために、夜中の1時過ぎに親戚の家を発つことになったのでした。
 ご親戚の皆様、その節は本当にご迷惑おかけしました……。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
ありがとうございました。

たまさん、断乳に成功(1歳10ヵ月)

 1回目の断乳に失敗した10日ほど後、再び断乳に再チャレンジすることにした。たまさんママの体調が優れず、これ以上断乳を先延ばしにするとお腹の子に影響しそうな危惧を抱いたからだ。
 今回は前もって計画し、毎日しているお昼寝をやめてみた。夕食後7時半にもなると、眠気が我慢できなくなってきたたまさん。いつも通りおっぱいをねだって泣き始めた。わんわん泣いておっぱいを探すが、たまさんママ、そこはグッと我慢。抱き締めたり、頭を撫でたりしているうちに、余程眠かったのだろう、たまさんは泣き疲れて眠ってしまった。その後一度起きたが、もうおっぱいが貰えないと理解したのだろう。たまさんが途中で諦めたのが解かった。少し切ないような気持ちになったが、やがて眠りに落ちていく悲しそうなたまさんの顔を見つめながら、心の中で応援する。
 朝6時半、泣き出してママを探し始めたたまさん。襖の前で行き倒れるようにしてうつ伏せのまま寝入ってしまったのには笑ってしまった。二日目はおっぱいを意識させないように外で思いっきり走り回って遊んだ。体力を使い果たしたたまさん。その夜は初日ほど泣き喚くこともなく、ママの胸を少し触ってすぐに眠ってしまった。何度か夜中に目を覚ましたが、抱き寄せれば安心して眠ってくれる。
 そして断乳3日目。眠くて大泣きしたが、ママのお腹の上に乗せるとすうっと寝てしまう。本当はお腹の上にたまさんを乗せたくないのだが、この三日間の経験でママのお腹の上が一番早く寝付くことに気付いた。完全に寝入ったところで横に転がせばOK。夜中に起きても、ママの腕を抱き締めれば大丈夫。
 一回目の断乳ではあれほど苦労したのが嘘のようだ。今回のチャレンジは無事成功しましたので、皆さんにご報告いたします。


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

卒乳はまだ…(1歳9ヵ月)

 たまさん、1歳9ヵ月。まだ卒乳していない。以前は1歳過ぎたら卒乳するものだとか、色々言われていたらしいが、最近はそんな厳しいことを言う人は随分減ってきたようだ。1歳6ヵ月健診でまだ授乳中ですと保健師さんに言っても、特に驚かれることはなかった。要するにそれぞれのママと赤ちゃんのペースで進めればいいとたまさんママは思っている。ママの事情で早く断乳することもあるだろう。
 たまさんママの事情といえば、次の子を妊娠したということで、本当はそろそろ卒乳したいところ。しかし、まだまだおっぱい大好きなたまさんを見ていると、何だか可哀相でなかなか踏ん切りがつかないたまさんママなのだ。
 煮え切らないたまさんママを見兼ねて、先日たまさんパパが断乳を決行した。パパが休みの日の前日に、寝かし付けの際の授乳をやめようとしたのだ。覚悟ができていなかったたまさんママ。とりあえずしばらく頑張ってみようと言い聞かされ様子を見ていたが、たまさんは一向に泣き止まない。1時間も泣き続けただろうか。随分長く感じた。泣き疲れ、少し休憩してはまた泣き始め、その声に次第に追い詰められたのはたまさんママだった。
 ママ「もう無理!」→パパ「もう少し頑張ろうよ」→ママ「私が耐えられない!」→パパ「え~!?」。
 こうして一回目の断乳チャレンジは失敗に終わったのでした。正直、泣き叫ぶたまさんが可哀相で、ママの心が折れそうでした。複雑な表情で眺めるたまさんパパを尻目に、漸く手に入れたママのおっぱいに満足してあっという間に寝付くたまさん。これは本当にママが覚悟を決めないと断乳は達成できないと思い知った。
 最近は「もうすぐおっぱいバイバイなんだよ」とたまさんに言い聞かせているが、理解できているのだろうか?今度断乳にチャレンジするのはいつになるだろう?次の子が生まれたときだったりして?


↓ランキングに参加中。クリックで応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ 
いつもありがとうございます。

ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
子育て情報
カテゴリ
プロフィール

たまさんママ

Author:たまさんママ
2人の娘・夫と4人暮らしです。

おすすめの絵本です
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示