FC2ブログ

サンタ疑惑

 これから寝ようというとき、お布団の中で長女がふと言った。
「ねえ、サンタクロースって本当にいるの?」
 突然の質問に驚いた。そうか、もうそんな時期か。
「でもおかしくない?うちには煙突なんかないし、夜中に勝手に入ってきたら不法侵入になっちゃうよ」
 ……むむむ。実はサンタクロースが来る約束の時間が分かっていて、その時間が来たら玄関でパパとママが受け取るんだよ。
 え~!?と声が裏返る長女。信用してないな。
「世界中の子供達に一晩で配って回るなんて不可能だよ」
 まあでも、地球は自転しているから、時差があるわけで……と、苦しい言い訳が続く。

 その翌日、次女を小児科に連れて行ったら、待合室に座った次女が一言、
「ねえ、まさかパパとママじゃないよね!?」
 ――何が?
「サンタクロースだよ。パパとママがプレゼントを準備してるわけじゃないよね」
 ドキッ! 次女までもが!
 姉妹で議論したのかと思ったら、今、クラスメイトの何人かとサンタクロース「いる派」と「いない派」で分かれて言い争っているらしい。次女は友達の話を聞いているうちに、確信が揺らぎ始めたらしいのだ。
 う~ん。言うべきか、言わざるべきか。

 後日、夫と相談して事実を娘たちにばらした。
な~んだ、そうか。やっぱり。
 娘達もうすうす気づいていたようだ。

 小3と小1の冬。

 次女とは次のような約束をした。
「もし、クラスメイトでサンタクロースを信じている子がいたら、この話は秘密にしておいてね」
「なんで?」
「だって、その子のパパとママは、その子を楽しませようと一生懸命隠れて頑張っているんだから」
 なるほど、と次女は納得してちょっと笑った。


スポンサーサイト

「わがまま」を減らしたい

我が家では、ついお姉ちゃんの優しさに甘えて、何事も妹優先になることが多い。
以前からそれが分かっていたから、あるとき、姉妹を平等に扱うと宣言した。妹も育ってきたし、そろそろ聞き分けが良くなっても良い頃だろう。そう思った。

それから1年。相変わらず妹のわがままで困ることが多く、姉が譲ることが多い。お姉ちゃんは、妹が泣いているとかわいそうになって、「いいよいいよ、私のあげるから」と自分から譲ってしまうのだ。
でもそれでは妹のわがままが直らない。わがままばかり言う子からは、人が離れていく。妹のためにも、甘やかしてはいけない。お姉ちゃんにそう言い聞かせて、妹を諭す毎日。

次女には、納得して、自分からわがままを減らしてほしい。
最近オセロにはまっている次女に、「1日1回もわがままを言わなかったら、オセロしてあげるよ」と言ったら、ニコニコ顔になった。
結局次女のペースかな?




「早く宿題しなさい」

「早く宿題しなさい」

これは、母親である私が反省していて、なるべく言いたくないと思っているセリフだ。

長女も次女も、入学当時はそもそも宿題をする習慣がなかったから、帰ってきたらすぐ宿題をするように習慣づけた。その方が楽だし、本人達も困らないからだ。

しかし、子供達は小学校生活にも慣れ、宿題をやらなければならないことは理解している。だったら今更、「宿題をしなさい」と言うまでもない。その日のうちに終わればいいのだから、ちょっとゲームをしたり、お絵かきしたり、本を読んでも、まあ、いいにはいいのだが……。

なかなか宿題に手を付けようとしない長女に、つい「宿題は?」と言いたくなるのを、がまん、がまん……。もし終わらなくて困ったとしても、本人の責任なのだからとは思うものの、親としては心配で口を出したくなる。

子供の自主性を大切にしたいし、本人も親に言われてやるより自分のペースでやった方が気持ちがいいだろう。

――やれって言われると、なんだかやりたくなくなるよね?

もっと気長に待てるようになりたい。

夏休みの宿題

うちの娘たちは小学生。これは夏休み中の出来事。
宿題の中に「夏休みの生活表」というものがあって、早寝早起きしたら絵の一部を色塗りできるようになっている。毎日塗れたら絵が綺麗に完成するようになっているので、塗るために頑張ろうと思う子も多いだろう。

ある日次女が、夜更かししてしまった日の色を塗りたいと言い出した。駄目だと言っても「いやだいやだ」の繰り返し。私としては、夏休み中に早寝で早起きできない日が数日あっても当たり前だと思う。体調が悪くて寝ている日も当然あるだろう。塗れない日があって普通なのだ。

駄々をこねる次女を前にしばらく考えて、こう言ってみた。

たとえば朝寝坊を何回かしたのに全部塗るとするよね。夏休み明けに先生に提出して、「へえ、〇〇ちゃん、、毎日早寝早起きできたの、すごいね」って褒められたら、どんな気持ちになると思う?
本当はできない日もあったのに、今更そんなこと先生に言えないなって、嫌な気持ちにならない?後悔しないかな?

次女はしばらくじっと考え込んでいたが、「やっぱりこの日は塗らない!」ときっぱり言った。心の整理ができて、納得したようだ。

宿題ひとつとっても、1年生は初めての経験。真面目に頑張れるように、親として見守っていきたい。







ピタゴラスイッチ

次女が突然、「空き箱が欲しい」と言い出した。

――なんで?

「ピタゴラスイッチ」を作りたいんだよ!

へええ。そんなこと言い出すの、久しぶりだね~。思えば、子供達が3~4歳の頃は、よく自宅であれこれ面白いものを工作して遊んだものだ。

よしよし。しばし待ちたまえ。

おもむろに押入れの奥から大きなビニール袋を取り出すママ。中には、お菓子の空き箱、ラップのしん、トイレットペーパーのしん、ペットボトル、ヤクルトの容器など、たくさん入っている。

おお~!(歓声を上げ、飛びつく次女)

その後あれこれ次女一人で頑張っていたが、なかなか本格的なものを作るのは難しいようだ。すると帰ってきたパパが次女の「ピタゴラ」を見て急にやる気を出した。夕食後もせっせと改造して、どんどん複雑なものが出来ていく。

――あれ?俺一人で作ってる?

やっと気づいたかい(笑)。

しかし、完成した「ピタゴラ」に次女も長女も大歓声。子供部屋からビー玉をたくさん持ってきて何回も転がして遊んでいた。(翌日、改良がしたいということで、ママも手伝わされました……)

ようやく納得した次女は、可愛らしくデコレーションした「ピタゴラ」を見つめて満足げでしたとさ。




結局かくれんぼ

娘の友達が遊びに来た。

4人でゲームをやったり、おままごとをやったり、ピアノを弾いたり、おもちゃの剣を持ってきて戦いごっこが始まったり……。
椅子取りゲームは、いくら休日とはいえ盛り上がりすぎて騒がしいということで、パパから禁止命令が出た。
少し間が開くこともあったけれど、4人であれこれ遊びを考えて自由に遊ぶ。うるさ過ぎたり危なくなければ、親が口出しすることはない。

何がきっかけだったのか、かくれんぼが始まって、交代で家中探し回る。小学3年の長女が異様な才能を見せ、みんなで探してもなかなか見つからない。ママは見ていて隠れ場所を知っていたから、顔に出さないように苦労した。友達が諦めて別の部屋へ移動した隙に、その子が探し終わった部屋にサッと隠れ直す長女。凄いな。

「〇〇ちゃん(長女)が消えた!」「〇〇ちゃん、かくれんぼの天才!」などと言われてご満悦の長女。

結局、この日の遊びの中で一番おもしろかったのは「かくれんぼ」?



小学生と忘れ物

長女は3年生で次女は新入生。

ほぼ同じ時間帯に帰ってきた2人が、口々に言う。
長女「あ~!宿題を連絡袋ごと学校に忘れた~!!」
次女「学校で連絡袋を探したけど、見つからないよ~!」

連絡袋とは、連絡帳や宿題、保護者へのプリントなどを入れる袋のことだ。
次女の連絡袋は、子供部屋の机の横に落ちていた。昨日うっかり入れ忘れたらしい。これは、一緒に準備物を確認していたママの責任だ。ごめん!

長女に関しては学校まで取りに戻らなければ宿題ができないので、取りに戻ることにする。

さて、宿題を持ち帰ってしばらく。今度は次女が体操服を学校へ置き忘れたことが発覚。え~~ (ToT) ! もう無理!
もう一度学校へ行くのは諦めて、明日持って帰るようにと次女に言って聞かせた。

――小学生の忘れ物って大変。


おやゆび姫と創作話

娘2人とお布団の中で。ママがおやゆび姫の話を語り出した。
素直に聴き入る2人。

おやゆび姫が王子様と出会って幸せになるラストをまさに語ろうとしたその時、それまで静かだった次女が突然、
「なんで最初に出てきたお母さんが、そのあと全然出て来ないの?」
と言い出した。

次女が言う「お母さん」とは、冒頭に登場する。赤ちゃんが欲しいと願い、魔法使いに相談して不思議な種をもらった女性のことだ。その種の花が咲いて、おやゆび姫が誕生した。しかし、おやゆび姫はカエルにさらわれて、それ以後物語のラストまで全くおやゆび姫の「お母さん」は登場しない。次女はそれが納得できないらしい。

もっと「お母さん」を登場させて!という次女の要望に従い、私は急遽物語を作り変えた。ラスト、王子様に羽を貰ったおやゆび姫が、王子様と2人で「お母さん」の家に会いに行くシーンを付け加えたのだ。

しかし、次女は首を振って言う。「王子様はいらない」と。え~~!

結局最初から話を作り変えることとなり、カエルにさらわれたおやゆび姫を「お母さん」が取り戻しに追跡するという、世にも奇妙な物語が出来上がった。おやゆび姫は王子様と出会うことはなく、「お母さん」と再開してめでたしめでたし、となった。

この一件を思い返すに、次女はまだまだ子供だということか。素敵な異性との出会いより、お母さんと一緒にいることの方がずっと大事なのだ。

おやゆび姫がお母さんと再会を果たしたことに安心し、スヤスヤと眠りにつく次女でした。

ちなみに長女は、最初の一話目が終わる頃に眠ってしまいました、とさ。








おすすめの絵本
ふゆめがっしょうだん_20110121230507 510YR0GJQ2L__SL500_AA300__convert_20101208173629.jpg
子育て情報
カテゴリ
ブログランキング
皆さんの応援が励みになります。クリックで応援よろしくお願いします↓
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示